動物

重度の火傷により前脚を失った犬。太平洋を越え、治療に専念した結果……

子犬の頃、痛ましい事件に巻き込まれた『ジャーニー』

ジャーニーが生まれたのは、2014年10月。韓国にて、柴犬とチンド犬の両親から誕生しました。

しかし生後二か月の時、何者かに火をつけられ重度の火傷を負いました。ほかの兄弟たちも同様の被害に遭い、ジャーニーを残し全員が命を落としました。

なんとか一命を取り留めたジャーニーですが、前脚の火傷……特に左脚の程度は酷く、その殆どを失ってしまいました。

前脚を失ってしまったジャーニーはどうなってしまうのでしょうか。

続きは次のページでご紹介します!!!



あなたにオススメの記事

関連記事

  1. ランドセル占拠に成功した“ドヤ顔猫ちゃん”!スッポリ収まる猫ちゃ…
  2. それってアリ!?絶対マネしたくない寿司の食べ方がダイエット女子の…
  3. あなたはどのくらいのせる?都道府県によって牛丼にのせる紅しょうが…
  4. 【不気味な体験談!!】「ねえ お兄ちゃん『さかな』と『みぎ』って…
  5. トイレに行きたがる子供を「我慢しろ」と叱責する父親。しかし救世主…
  6. 階段を上る子猫ちゃん。優しすぎる大型犬の行動に胸キュン♡
  7. 子猫を逃げられないようにして解体予定の建物に放置!誰が何のために…
  8. 「どーしても家に入りたい」動物たちの面白画像15選!

新着記事

  1. 【!STOP!】休日の寝溜めは太るだけ?寝溜めはむしろ逆効果だったと話題に…
  2. 【悲報】めちゃイケ元メンバーの三中元克の現在…クビ後のヤバい裏話が話題に
  3. 【衝撃映像】この野良犬が咥えているものは、まさかの…。 更にその後の行動が話題に!!!
  4. 【衝撃】ガリを毎日食べ続けた結果…身体にとんでもない変化がwww
  5. KEIKOと星野源のクモ膜下出血で倒れた現在の違い…なぜここまで違うのか?

アクセスランキング