動物

愛犬が飼い主に癌の警告?!犬には癌の臭いを察知する能力があるのでしょうか?

keikoku


ガンは悪性腫瘍とも呼ばれ、血液やリンパ管を通じて全身に転移し、転移先の臓器を不全に陥れるという病気です。かつては不治の病とされていましたが、転移前の初期段階で発見・治療ができれば、その後の生存率は劇的に高まります。

そしてこのガンが発する臭いを嗅ぎ分けるのが“ガン探知犬”なのです。患者の生存率を大きく左右するガンの早期発見には“ガン探知犬”が役立つのでは?という研究結果が世界中から集まり始めています。

肺ガン、乳ガン、卵巣ガン、膀胱ガンなど様々なガンに関する実験で、全てに共通しているのは、ガン患者の体内で生成される『何らかの化学物質』を犬が嗅ぎ分けているという点。ただし、現段階では『何らかの化学物質』を特定するまでには至ってはいません。

もしかしたら近い将来、犬の嗅覚を機械的に再現した『人工嗅覚』を実現することが可能になるかもしれません。そしてこの『人工嗅覚』で、ガンの早期発見が一般的になれば、犬が人類全体の平均寿命を延ばしたことになるのです。

なぜなら“ガン患者を臭いで識別することが可能”ということを立証し、人工嗅覚の研究開発にヒントを与えてくれたのは、他でもない“犬”だからです。

可愛がっている愛犬の様子がいつもと違う…それは、飼い主からただよう危険な“臭い”のせいだったのです。その臭いの正体とは?次のページで、犬が持つ嗅覚のおかげで飼い主が命拾いしたエピソードを画像と共に紹介します。

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. iede1 家出していた愛犬が口に何かをくわえて1ヶ月ぶりに戻ってきた。犬が…
  2. kazari まぁ、奥様!その素敵な『飾り付きの帽子』は、どこで買われたのかし…
  3. baka 親馬鹿ではなく“馬鹿”親。犬にタトゥーを入れた男の話
  4. yamai 原因不明の病に苦しみ衰弱していく愛犬に安楽死を決断した飼い主・・…
  5. tasuke 助けを求めて警察署にやってきた野良猫。それには驚きの理由があった…
  6. akumu 悪夢にうなされるゴールデンレトリバーを心配し、寄り添う天使のよう…
  7. turi 釣りに出掛けたら魚じゃないものが釣れちゃった!!!
  8. iruka 「助けてくれてありがとう!!」イルカを助けたら、感謝してくれた!…

スポンサードリンク

新着記事

  1. 【※配達のためならどこまでも!】本気の配達がスゴすぎる!たとえ火の中、水の中!ヤマトの衝撃の神対応10選 3
  2. 【※驚きの年収】漁師さんの給料が凄い!『カツオ漁船に乗っている漁師さんの年収は・・・』実は高給取りだった!? 2
  3. 【※驚きの理由が!】小学生の時にあった『ぎょう虫検査』その廃止された本当の理由とは・・・ 9
  4. 【※残っていた映像に鳥肌が止まらない!】2年前に宇宙に打ち上げた小型カメラを発見!!その残っていた映像には・・・ 8
  5. 【※スカッとする話】現場監督から「下請けの分際で!お前らは出禁だ!」と言われて、爺「分かった。ウチは手を引く。」⇒その結果・・・ 名称未1設定

アクセスランキング