動物

愛犬が飼い主に癌の警告?!犬には癌の臭いを察知する能力があるのでしょうか?

keikoku


ガンは悪性腫瘍とも呼ばれ、血液やリンパ管を通じて全身に転移し、転移先の臓器を不全に陥れるという病気です。かつては不治の病とされていましたが、転移前の初期段階で発見・治療ができれば、その後の生存率は劇的に高まります。

そしてこのガンが発する臭いを嗅ぎ分けるのが“ガン探知犬”なのです。患者の生存率を大きく左右するガンの早期発見には“ガン探知犬”が役立つのでは?という研究結果が世界中から集まり始めています。

肺ガン、乳ガン、卵巣ガン、膀胱ガンなど様々なガンに関する実験で、全てに共通しているのは、ガン患者の体内で生成される『何らかの化学物質』を犬が嗅ぎ分けているという点。ただし、現段階では『何らかの化学物質』を特定するまでには至ってはいません。

もしかしたら近い将来、犬の嗅覚を機械的に再現した『人工嗅覚』を実現することが可能になるかもしれません。そしてこの『人工嗅覚』で、ガンの早期発見が一般的になれば、犬が人類全体の平均寿命を延ばしたことになるのです。

なぜなら“ガン患者を臭いで識別することが可能”ということを立証し、人工嗅覚の研究開発にヒントを与えてくれたのは、他でもない“犬”だからです。

可愛がっている愛犬の様子がいつもと違う…それは、飼い主からただよう危険な“臭い”のせいだったのです。その臭いの正体とは?次のページで、犬が持つ嗅覚のおかげで飼い主が命拾いしたエピソードを画像と共に紹介します。

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. umigame 現代の浦島太郎。食用のウミガメを買い取り海へ返す行動が海外で称賛…
  2. zizi1 交通事故で大怪我を負い保護されたフクロウの『ジジ』。彼女を救った…
  3. nodono 喉の乾いた犬に手で水を汲み飲ませてくれた女性!!感謝した野良犬は…
  4. piza パソコンの陰からピザを盗む猫。その姿が巧妙すぎる…
  5. kurirona C.ロナウドが神対応。一生懸命ポルトガル語で質問をする少年が失笑…
  6. ohaka いつまでも地面に身を横たえる犬、その感動の理由…そこにはおじいさ…
  7. sikou あなたの考え方「思考パターン」パッとみただけでわかる!そんな画像…
  8. yoppara 酔っぱらった男が動物園のライオン舎に!本当は、人間の“自己責任”…

スポンサードリンク

新着記事

  1. 【涙が止まらない…】「いじめられたらすぐ俺に言え」小学5年生の障がい者を救った名もなきヤンキーの実話 名称未設定
  2. 【私だったら耐えられない…】デート中に男が逃亡?!高級寿司屋に一人残された女性の取った行動に大爆笑w 名称未設定
  3. 【年下の旦那をもつと大変なのかな…】2度目の離婚の危機?!磯野貴理子の旦那がヤバイ(画像あり) 名称未設定
  4. 【涙が止まらない…】釈由美子の父娘エピソード。行き違いだらけだった亡き父との仲直り…【感動秘話】 名称未設定
  5. 【これ、大発見じゃないか?!】坂本龍馬直筆の手紙発見!今になって見つかった手紙の内容とは?!(画像あり) 名称未設定

アクセスランキング