動物

密猟の手にかかってしまったオランウータンが救出される。金のために束縛された、その過酷な環境とは…

密猟は後を絶たちません。
一番有名なのは、その牙を商品にするために殺されてしまう象ではないでしょうか。
できるだけ多くの部分を取るという目的で殺されてしまうのです。

他にもワシントン条約で売買することが禁止されている絶滅危惧種は数多くいます。
オランウータンもその一種です。
世界的に数が少なくなっています。
環境破壊の影響で森が少なくなっていることもありますが、珍しい動物をペットにしたいという欲望のために毎年何百というオランウータンが密猟されています。

インドネシアのボルネオ島で野生のオランウータンが密猟者の手にかかり、木に縛りつけられているところが発見されました。
発見されたこと、それで命が救われたことはよかったことと言えるでしょう。
しかし、木に縛られている環境が劣悪です。

いったいどういう状況で発見されたのでしょうか。
またみつかったオランウータンはどうなるのでしょうか。



あなたにオススメの記事

関連記事

  1. お風呂大っ嫌いワンコ。必死に抵抗するも最後はバスタブに向かう姿が…
  2. 歩き方であなたの性格が分かっちゃう!?歩き方診断の画像が面白いと…
  3. 犬が轢かれ、側で仲間の犬が吠えている…その写真を撮影する気になり…
  4. 鎖に繋がれ自由を奪われていた牛が鎖から解放された時の反応に胸が張…
  5. 「一緒に連れて行って!」大切な子猫のため、自ら捕獲器に入り保護施…
  6. 【衝撃】元SMAPマネージャー飯島三智が大変なことになっていた……
  7. 大好きな飼い主さんと“散歩”に出発・・・あれ!何だかいつもと違う…
  8. 10年間を一緒に過ごした家族が亡くなり深く悲しむ猫に生前のビデオ…

新着記事

  1. 【!STOP!】休日の寝溜めは太るだけ?寝溜めはむしろ逆効果だったと話題に…
  2. 【悲報】めちゃイケ元メンバーの三中元克の現在…クビ後のヤバい裏話が話題に
  3. 【衝撃映像】この野良犬が咥えているものは、まさかの…。 更にその後の行動が話題に!!!
  4. 【衝撃】ガリを毎日食べ続けた結果…身体にとんでもない変化がwww
  5. KEIKOと星野源のクモ膜下出血で倒れた現在の違い…なぜここまで違うのか?

アクセスランキング