感動

奇跡のサル!25年間、狭い檻の中に閉じ込められていた…救出されてわかったことは、生きていることが奇跡ということだった

semaiori


匿名のEmail

タイの動物保護団体【ワイルドライフ・フレンズ・ファウンデーション・タイランド】にある日、匿名のEメールが届きました。

それは、この団体のオーナー、エドウィンさんに宛てられたものでした。

バンコクに住む外国人

そんなEメールの差出人は、バンコクに住む外国人の男性でした。

『バンコクのスラム街で、暗くて汚い小さな穴の中にいるサルがいる!』

そんな内容のEメール。

エドウィンさんはとてつもなく気になったのです。

最悪で劣悪な環境にいたサル

エドウィンさんは早速、メールに書かれた場所へと向かうのでした。

そこで見たものは、この世の物とは思えないほどに劣悪な環境に生きる1匹のサルの姿でした。

身動きも取れないほど小さな空間…閉じ込められていると言っても間違いではない状態だったのです。

生きていることが奇跡

semaiori1

その猿の名前はジョー。

自分自身と人間の汚物にまみれた小さな穴で、逃げることも何もできずにそこにいたのです。

一人ぼっちでポツリと…。

さて、なぜそんなところにいたのか、次のページでご覧ください。

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. piza ホームレス男性にピザを譲った女性。二日後、相手の正体に気付き吃驚…
  2. gyakutai ひどい虐待を受けて病院に運ばれてきた子犬に駆け寄り励ます1匹の犬…
  3. urouro1 この男性が、もしも通りかからなかったら…車の通りが多い道路でウロ…
  4. kouhuku 保健所生活から一転。幸福を掴んだママ猫と四匹の子猫たち
  5. nidomo 2度も見捨てられたブルドッグ・・・1本の電話で救われた命
  6. zizi1 交通事故で大怪我を負い保護されたフクロウの『ジジ』。彼女を救った…
  7. ru-bi まさに神業!ルービックキューブで作った『マリオ』の動画に、ただた…
  8. kousoku 高速道路で子猫を救った男性が話題に!自分の命を顧みず車を停めたそ…

スポンサードリンク

新着記事

  1. ワンコ用に塀に3つの穴を開けた結果、鼻がすっぽりハマり面白い姿に スクリーンショット 2017-04-21 17.35.26
  2. 「どうして眠ったままなの?」そのインコの友達は、天国へ旅立ってしまったのでした inko
  3. 2年間も港で逃げ続けた犬。3日間に渡る捕獲作戦の後、捕まった犬の運命は…? minato
  4. 雪の降る寒い日。寒さを我慢している野良犬をみた男性は…? samusa
  5. 寒くても「制服ミニに生足」を女子高生が続ける理由が…斜め上すぎる!? mini

アクセスランキング