感動

奇跡のサル!25年間、狭い檻の中に閉じ込められていた…救出されてわかったことは、生きていることが奇跡ということだった

semaiori


匿名のEmail

タイの動物保護団体【ワイルドライフ・フレンズ・ファウンデーション・タイランド】にある日、匿名のEメールが届きました。

それは、この団体のオーナー、エドウィンさんに宛てられたものでした。

バンコクに住む外国人

そんなEメールの差出人は、バンコクに住む外国人の男性でした。

『バンコクのスラム街で、暗くて汚い小さな穴の中にいるサルがいる!』

そんな内容のEメール。

エドウィンさんはとてつもなく気になったのです。

最悪で劣悪な環境にいたサル

エドウィンさんは早速、メールに書かれた場所へと向かうのでした。

そこで見たものは、この世の物とは思えないほどに劣悪な環境に生きる1匹のサルの姿でした。

身動きも取れないほど小さな空間…閉じ込められていると言っても間違いではない状態だったのです。

生きていることが奇跡

semaiori1

その猿の名前はジョー。

自分自身と人間の汚物にまみれた小さな穴で、逃げることも何もできずにそこにいたのです。

一人ぼっちでポツリと…。

さて、なぜそんなところにいたのか、次のページでご覧ください。

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. kurumani 車に轢かれて歩けなくなった猫。回復に向けてがんばる姿に感動!
  2. kouhuku 幸福な11日間を得たシェルター犬。保護した夫婦は悲しみと怒りが抑…
  3. purezento 誕生日プレゼントは何が欲しい?赤ちゃんが欲しかったゴリラはその質…
  4. kasikoi なんて賢い猫ちゃんなんでしょう!餌を貰うためにはボールを探す!?…
  5. megane 先天性の病気のため視力の弱い赤ちゃん。メガネを作ってもらい初めて…
  6. ihai 大好きだった愛犬とよく一緒に遊んだ公園に愛犬の遺灰を撒いてあげる…
  7. syokuniku 食肉加工場を買い取った中国人男性。全財産を投げうって動物の命を救…
  8. arumono 『ありがとう、お父さん』ズボンのポケットに入れっぱなしだった“あ…

スポンサードリンク

新着記事

  1. 「どうして眠ったままなの?」そのインコの友達は、天国へ旅立ってしまったのでした inko
  2. 2年間も港で逃げ続けた犬。3日間に渡る捕獲作戦の後、捕まった犬の運命は…? minato
  3. 雪の降る寒い日。寒さを我慢している野良犬をみた男性は…? samusa
  4. 寒くても「制服ミニに生足」を女子高生が続ける理由が…斜め上すぎる!? mini
  5. 「耳が垂れていないといけない」という理由で犬を整形手術。そんな飼い主への反応は? tarete

アクセスランキング