感動

奇跡のサル!25年間、狭い檻の中に閉じ込められていた…救出されてわかったことは、生きていることが奇跡ということだった

semaiori


匿名のEmail

タイの動物保護団体【ワイルドライフ・フレンズ・ファウンデーション・タイランド】にある日、匿名のEメールが届きました。

それは、この団体のオーナー、エドウィンさんに宛てられたものでした。

バンコクに住む外国人

そんなEメールの差出人は、バンコクに住む外国人の男性でした。

『バンコクのスラム街で、暗くて汚い小さな穴の中にいるサルがいる!』

そんな内容のEメール。

エドウィンさんはとてつもなく気になったのです。

最悪で劣悪な環境にいたサル

エドウィンさんは早速、メールに書かれた場所へと向かうのでした。

そこで見たものは、この世の物とは思えないほどに劣悪な環境に生きる1匹のサルの姿でした。

身動きも取れないほど小さな空間…閉じ込められていると言っても間違いではない状態だったのです。

生きていることが奇跡

semaiori1

その猿の名前はジョー。

自分自身と人間の汚物にまみれた小さな穴で、逃げることも何もできずにそこにいたのです。

一人ぼっちでポツリと…。

さて、なぜそんなところにいたのか、次のページでご覧ください。

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. koukai プロポーズに後悔する男性「……ならばサプライズで挽回だ!!」
  2. kingu お笑いコンビ「キングコング」って仲良いの?様々な試練を乗り越えて…
  3. benkyou1 勉強する理由がわからない子供に納得させる母親の返事とは!!
  4. kouzui 100年に1度と言われる雨によって大洪水・・・犬の親子がその影響…
  5. sikou あなたの考え方「思考パターン」パッとみただけでわかる!そんな画像…
  6. tyosui1 飼い主に激しく吠え、懸命に貯水池へと誘導する愛犬の行動が家族を救…
  7. magatta 生まれつき前足の曲がった猫。二足歩行で元気いっぱいに生きる姿が勇…
  8. mikake どうか見かけだけで判断しないでください。一人の写真家が虐待された…

スポンサードリンク

新着記事

  1. ハリウッドからのスカウト間違いなし!?名演技の野良犬を捉えた仰天動画 engi
  2. 「電車が遅れたら運転士の給料を下げろ」とか文句を言う人は、2005年に起きたあの事故を知らないんだろうな・・・ tien
  3. 誤発注の悲劇……迫る消費期限!苦悩する店員!しかし、まさかの結末に! hattyuu
  4. 階段を上る子猫ちゃん。優しすぎる大型犬の行動に胸キュン♡ kaidan
  5. 火災現場から救助された二匹の犬。呼吸が浅い犬のため消防士が取った行動に感動の涙。。。 kasai

アクセスランキング