動物

こんなになるまで…どうして?この瀕死のオランウータンの赤ちゃんの瞳が再び輝く日は来るのでしょうか?

oran


オランウータンの生息地はボルネオ島とスマトラ島だけ。そしてマレー語で『森の住人』と呼ばれているオランウータンは今、絶滅の危機に瀕しています。

驚いた事にWWF(World Wide Fund for Nature)の報告ではオランウータンの個体数は100年前に比べると92%も減ったとのこと!92%ですよ!あり得ません。スマトラ島では、この75年間で80%減。ボルネオ島では、この60年間で50%減。

減少の最大の原因は森林伐採です。そして忘れてはならないのが“密猟”!ワシントン条約によってオランウータンの輸出入は禁止されているにも関わらず、毎年世界中にオランウータンが売られていくそうです。密猟者が欲しいのは可愛い子ども。親を殺して子どもだけ連れて行ってしまうのです。

日本でも1999年に大阪梅田のペットショップで4頭のオランウータンが売られていたことが発覚。その後、無事に保護されボルネオ島に帰されました。台湾では1995~1999年にかけて約1,000頭ものオランウータンが違法に輸入されていたそうです。

次のページで、動物保護団体のスタッフですらショックを受けるほどの状態で見つかったオランウータンの赤ちゃんの衝撃的な画像とボルネオ島のオランウータン保護地区の動画を紹介します。

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. gorirani ゴリラもスマホが大好き!スマホを見せたらすっかり仲良しに!!
  2. daruma 『だるまさんがころんだ』をしているのは、お顔もお目々も体も“ま~…
  3. syuzoku 子犬を我が子のように守る猿。種族を超えた愛が話題に!
  4. onaka 妊娠中のお腹を必死に守る猫!でも、それは自分のお腹ではなく飼い主…
  5. itigo 「え、どうして!?」美味しそうなイチゴを猫に見せた結果……
  6. nanimowakaranai この画像を見ても、まだ犬には何も分からないなんて思いますか?
  7. okodukai1 殉職した警察犬に届いた1通のお小遣い入りの手紙。11歳の少女が送…
  8. sati 動物たちに幸あれ!ある保護シェルターが迎えた『最も幸福な日』

スポンサードリンク

新着記事

  1. 「どうして眠ったままなの?」そのインコの友達は、天国へ旅立ってしまったのでした inko
  2. 2年間も港で逃げ続けた犬。3日間に渡る捕獲作戦の後、捕まった犬の運命は…? minato
  3. 雪の降る寒い日。寒さを我慢している野良犬をみた男性は…? samusa
  4. 寒くても「制服ミニに生足」を女子高生が続ける理由が…斜め上すぎる!? mini
  5. 「耳が垂れていないといけない」という理由で犬を整形手術。そんな飼い主への反応は? tarete

アクセスランキング