動物

自分の信仰よりも目の前の命を救う。おぼれていた犬を助けた男性の行動に称賛の声。

sinkou


インド人のイメージというと、ターバンを巻いてひげを伸ばした男性が浮かぶと思います。
この人たちはシーク教の教徒であり、信仰のためにターバンを巻いています。
ターバンは信仰において非常に重要な象徴で、それを外すのを許されるのは、風呂に入るときと自宅にいるときだけです。

これを公衆の場で外すということは考えられないほどのタブーです。
どれくらいのタブーかと例えると、公衆の場でターバンを外すということは、公衆の面前で全裸になるくらい恥ずかしいこと。
信仰の世界ではこれほどのタブーが存在します。

そんなターバンを外した男性がいました。
それは目の前の命を救うため。

大切なターバンをどうする必要があったのか、詳細をお伝えいたします。

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. sougiba 愛犬のことを気にかけながら亡くなった飼い主。その後、急に姿を消し…
  2. okane3 本当の豊かさとは?「お金どうぞ」と体にお金を貼り付けた男性に、ホ…
  3. kanda この犬が子供を噛んだに違いない!→殺処分決定→しかし処分は取消し…
  4. genpatu 原発事故で取り残された動物は、今どうしているのか…ひとりの男性に…
  5. togetoge これなら猫も入ってこれまい!『トゲトゲマット』でもう安心…って思…
  6. oreore さすが母親!!息子のことならしっかりわかっている母親の「オレオレ…
  7. zyanguru 猿、ゴリラ、チーター…いろいろな動物がいるジャングルに鏡を置いて…
  8. semaiori 奇跡のサル!25年間、狭い檻の中に閉じ込められていた…救出されて…

スポンサードリンク

新着記事

  1. 芸能界のタブー。マギーの不倫で松本人志のタブー発言が話題に… 1
  2. 【衝撃のラスト】千と千尋の神隠しの本当のラストに涙腺崩壊【画像あり】 3
  3. 【速報】ロンドンハーツの熊田曜子の顔がまた変わってる件wwwwwwwww 2
  4. 【年収と整形を告白】Louis Vuitton×Supremeの約770万円のトランクを購入した明日花キララさんの現在【画像あり】 1
  5. 【驚愕の事実】親指と小指くっつけて手首に腱が浮かぶとヤバイ?【今すぐ試して】 6

アクセスランキング