動物

自分の信仰よりも目の前の命を救う。おぼれていた犬を助けた男性の行動に称賛の声。

sinkou


インド人のイメージというと、ターバンを巻いてひげを伸ばした男性が浮かぶと思います。
この人たちはシーク教の教徒であり、信仰のためにターバンを巻いています。
ターバンは信仰において非常に重要な象徴で、それを外すのを許されるのは、風呂に入るときと自宅にいるときだけです。

これを公衆の場で外すということは考えられないほどのタブーです。
どれくらいのタブーかと例えると、公衆の場でターバンを外すということは、公衆の面前で全裸になるくらい恥ずかしいこと。
信仰の世界ではこれほどのタブーが存在します。

そんなターバンを外した男性がいました。
それは目の前の命を救うため。

大切なターバンをどうする必要があったのか、詳細をお伝えいたします。

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. kumo すごい!まるで“クマのプーさん”みたい!ハチミツを食べ過ぎてリラ…
  2. erebe エレベーターに鏡が付いているのは何故?その理由とは・・・身だしな…
  3. pitto 虐待を受けていたピットブル。11匹の子犬を出産後、保護してくれた…
  4. nioi 2年越しの再会はまさに奇跡!久しぶりに飼い主の匂いを嗅いでみると…
  5. onzin 凄まじい記憶力・・・18年ぶりに恩人と再会したチンパンジー、その…
  6. kuma 20年間外の世界を知らずにいた大きなクマ。大自然の中に解き放たれ…
  7. ikiume1 驚愕の真実…生き埋めにされていた犬を助け出したのは、男性と飼い犬…
  8. turi 何かが近づいてくる!釣りをしていた男性たちが、魚の代わりにすくい…

スポンサードリンク

新着記事

  1. 「どうして眠ったままなの?」そのインコの友達は、天国へ旅立ってしまったのでした inko
  2. 2年間も港で逃げ続けた犬。3日間に渡る捕獲作戦の後、捕まった犬の運命は…? minato
  3. 雪の降る寒い日。寒さを我慢している野良犬をみた男性は…? samusa
  4. 寒くても「制服ミニに生足」を女子高生が続ける理由が…斜め上すぎる!? mini
  5. 「耳が垂れていないといけない」という理由で犬を整形手術。そんな飼い主への反応は? tarete

アクセスランキング