動物

「治療する価値はない」獣医に宣告された猫を引き取った女性。その猫の運命は…

名前はジョン・スノー

これがシェルターでレイチェルさんと出会った猫です。
名前は「ジョン・スノー」
かなりひどい病気にかかっていることは見た目から明らかでした。

しかしレイチェルさんはスノーに運命を感じました。
シェルターの職員に早速、彼を引き取りたいと申し出ました。

しかし職員からはこう言われたそうです。

こんな猫をもらうのはやめたほうがいい。
これ以上持ちこたえられるかわからないし、治療にもお金がかかる。
そこまでする価値がこの猫にはない。

でもレイチェルさんはこう誓いました。

「絶対にスノーを助ける!」

確かに言われるとおりかもしれないし、お金もかかるだろう。
それを考えてもレイチェルさんの思いはゆるぎないものでした。

 

スノーの治療開始

スノーを家族に迎え入れたレイチェルさん。
すぐに獣医のところへ向かいました。

診断の結果、スノーは重度の気道感染症にかかってる上に、猫伝染性腹膜炎(FIP)にもかかっている状態です。
獣医師からは「治る見込みはほとんどない」「安楽死を勧める」と言われました。

しかしレイチェルさんは獣医師に治療をしてもらえるよう懇願しました。
病気と闘うことを選択したのです。

 

助かる見込みのない命に奇跡が…

スノーは入院することになりました。
そして治療を始めてわずか3日目。
今までごはんを食べることすらできなかったスノーが、自ら立ち上がりごはんを食べたのです。

レイチェルさんの助けたいという思い、スノーの生きたいという思い。

この日からスノーは驚異的に回復し始めます。

5日目の検査で全ての数値が正常値を示しました。
そして6日目には退院が許可されたのです。
これは獣医師にとっても前代未聞のことで、まさに奇跡と呼ぶしかない出来事でした。

その後、スノーは順調に回復し、白いきれいな毛並みの姿になりました。
シェルターにいた頃とは比べられないくらいの姿です。

レイチェルさんはこのように振り返ります。

「初めてスノーのあったとき、彼が生きようとしていることがわかった。
私はその気持ちに応えてあげただけ。」

誰もが諦めていた命が、今、このように幸せな姿で寝ています。
レイチェルさんとスノーの出会いから始まった奇跡。
これからずっと幸せが続く、そんな運命が決まっていたのかもしれません。

 

【関連記事】

危機一髪!エレベーターに犬を乗せる前に扉が閉じてしまった!犬の命を救ったのは偶然居合わせた男性だった!

 

激しい雷雨の中置き去りにされた犬。助けに来てくれたのは隣人の女性だった!優しさ溢れる行動に称賛の嵐!

 

男に襲われている女性を助けたのは…1匹の野良犬だった!?5回もナイフで刺され命の窮地に立たされながら懸命に立ち向かった「ヒーロー」

 

危機一髪!飼い主に見捨てられ、殺処分寸前の猫。ある夫婦との出会いが猫の運命を変えた!

出典:Facebook



あなたにオススメの記事

関連記事

  1. ガン性腫瘍に侵されていた犬。その回復は住民すべてに知れ渡るほどの…
  2. 「もうしないから~っ反省してるから~っ!」必死に謝る犬の姿が可愛…
  3. あわや大惨事!棚から転落した赤子を救った9歳兄の機転
  4. 右側の犬は生きることを許される。左側の犬はもうすぐ命を奪われる。…
  5. エアガンで撃たれた子犬の体内には18発ものBB弾が残っていた。そ…
  6. 「助けてくれてありがとう!!」イルカを助けたら、感謝してくれた!…
  7. 頻発していた車上荒らしが激減。犯行の抑止力になったのは、たった一…
  8. 詐欺グループからお婆ちゃんに手紙が届く!!それに対してお婆ちゃん…

新着記事

  1. 【これは許せない】批判殺到!スタバ店員が男性客にした最低な行為とは?
  2. 【衝撃】母親「これを飲みなさい元気が出る薬だから」と謎の白い液体を飲まされた結果…!
  3. 【これマジ!?】10歳位のかわいいカップルが結婚!!10歳で結婚ってできるの?
  4. 【恐怖】道端に「赤い封筒」が落ちていても絶対に拾ってはいけない!警察でも手を出せない衝撃の理由とは
  5. 【※適性検査※】この漫画を読んでイラッとした人は結婚に向いていません。あなたはどうですか?

アクセスランキング