動物

「治療する価値はない」獣医に宣告された猫を引き取った女性。その猫の運命は…



名前はジョン・スノー

これがシェルターでレイチェルさんと出会った猫です。
名前は「ジョン・スノー」
かなりひどい病気にかかっていることは見た目から明らかでした。

しかしレイチェルさんはスノーに運命を感じました。
シェルターの職員に早速、彼を引き取りたいと申し出ました。

しかし職員からはこう言われたそうです。

こんな猫をもらうのはやめたほうがいい。
これ以上持ちこたえられるかわからないし、治療にもお金がかかる。
そこまでする価値がこの猫にはない。

でもレイチェルさんはこう誓いました。

「絶対にスノーを助ける!」

確かに言われるとおりかもしれないし、お金もかかるだろう。
それを考えてもレイチェルさんの思いはゆるぎないものでした。

 

スノーの治療開始

スノーを家族に迎え入れたレイチェルさん。
すぐに獣医のところへ向かいました。

診断の結果、スノーは重度の気道感染症にかかってる上に、猫伝染性腹膜炎(FIP)にもかかっている状態です。
獣医師からは「治る見込みはほとんどない」「安楽死を勧める」と言われました。

しかしレイチェルさんは獣医師に治療をしてもらえるよう懇願しました。
病気と闘うことを選択したのです。

 

助かる見込みのない命に奇跡が…

スノーは入院することになりました。
そして治療を始めてわずか3日目。
今までごはんを食べることすらできなかったスノーが、自ら立ち上がりごはんを食べたのです。

レイチェルさんの助けたいという思い、スノーの生きたいという思い。

この日からスノーは驚異的に回復し始めます。

5日目の検査で全ての数値が正常値を示しました。
そして6日目には退院が許可されたのです。
これは獣医師にとっても前代未聞のことで、まさに奇跡と呼ぶしかない出来事でした。

その後、スノーは順調に回復し、白いきれいな毛並みの姿になりました。
シェルターにいた頃とは比べられないくらいの姿です。

レイチェルさんはこのように振り返ります。

「初めてスノーのあったとき、彼が生きようとしていることがわかった。
私はその気持ちに応えてあげただけ。」

誰もが諦めていた命が、今、このように幸せな姿で寝ています。
レイチェルさんとスノーの出会いから始まった奇跡。
これからずっと幸せが続く、そんな運命が決まっていたのかもしれません。

 

【関連記事】

危機一髪!エレベーターに犬を乗せる前に扉が閉じてしまった!犬の命を救ったのは偶然居合わせた男性だった!

 

激しい雷雨の中置き去りにされた犬。助けに来てくれたのは隣人の女性だった!優しさ溢れる行動に称賛の嵐!

 

男に襲われている女性を助けたのは…1匹の野良犬だった!?5回もナイフで刺され命の窮地に立たされながら懸命に立ち向かった「ヒーロー」

 

危機一髪!飼い主に見捨てられ、殺処分寸前の猫。ある夫婦との出会いが猫の運命を変えた!

出典:Facebook

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. hairitai 「どーしても家に入りたい」動物たちの面白画像15選!
  2. tenraku 転落事故で大ケガをした子猫を救った愛と奇跡のお話
  3. ohaka いつまでも地面に身を横たえる犬、その感動の理由…そこにはおじいさ…
  4. katame 売れ残っていた片目の子犬。子供たちがその犬を選んだ素敵な理由に心…
  5. sagi 詐欺グループからお婆ちゃんに手紙が届く!!それに対してお婆ちゃん…
  6. onaka 妊娠中のお腹を必死に守る猫!でも、それは自分のお腹ではなく飼い主…
  7. inusute 「犬捨て公園」という異名を持つ公園で捨てられた犬たちを保護し続け…
  8. guuzen 偶然が招いた奇跡。亡き愛犬とインターネットで再会した女性

スポンサードリンク

新着記事

  1. 「どうして眠ったままなの?」そのインコの友達は、天国へ旅立ってしまったのでした inko
  2. 2年間も港で逃げ続けた犬。3日間に渡る捕獲作戦の後、捕まった犬の運命は…? minato
  3. 雪の降る寒い日。寒さを我慢している野良犬をみた男性は…? samusa
  4. 寒くても「制服ミニに生足」を女子高生が続ける理由が…斜め上すぎる!? mini
  5. 「耳が垂れていないといけない」という理由で犬を整形手術。そんな飼い主への反応は? tarete

アクセスランキング