動物

「治療する価値はない」獣医に宣告された猫を引き取った女性。その猫の運命は…

tiryou


あるアニマルシェルターに一匹の猫がいました。
その猫は身体がやせ細り、毛も所々抜けていて、なんらかの病気にかかっているのは明白でした。

猫の治療にはたいへんなお金がかかります。
保険が適用されないので全て実費で請求されるからです。

診断の結果、その猫は重度の気道感染症にかかっていました。
その上に猫伝染性腹膜炎(FIP)という伝染病も患っていました。
その病状は進行していて、助かる見込みはほとんどない状態。

そんな猫を引き取ると決意した女性がいました。
レイチェル・ブラウンさんです。

そこから猫の運命が変わり始めます。

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. misemono 見せ物イベントにより鼻とあごを失っていた犬。里親との出会いから、…
  2. hanani 鼻にストローが詰まり、呼吸困難なウミガメ。絶対に海にゴミを捨てて…
  3. gomibako ゴミ箱のなかで鳴き声をあげていた子猫。保護した警察官の肩の上が大…
  4. itati 庭先で死にかけのイタチ発見→見過ごせず保護した結果……
  5. engi ハリウッドからのスカウト間違いなし!?名演技の野良犬を捉えた仰天…
  6. toriko 21万人を虜にする犬。笑顔に隠された悲しい記憶とは…。
  7. mioti ネコが指を噛んでくる時。そのネコの気持ちを知っていますか?ネコが…
  8. douro 女性が道路に吸い込まれた⁉︎安心して歩くことも出来ない中国の道路…

スポンサードリンク

新着記事

  1. 「どうして眠ったままなの?」そのインコの友達は、天国へ旅立ってしまったのでした inko
  2. 2年間も港で逃げ続けた犬。3日間に渡る捕獲作戦の後、捕まった犬の運命は…? minato
  3. 雪の降る寒い日。寒さを我慢している野良犬をみた男性は…? samusa
  4. 寒くても「制服ミニに生足」を女子高生が続ける理由が…斜め上すぎる!? mini
  5. 「耳が垂れていないといけない」という理由で犬を整形手術。そんな飼い主への反応は? tarete

アクセスランキング