驚き

息子の墓の周りがなぜか緑色になるのを見て両親は戸惑いを隠せなかった…

tomadoi


若かった息子を失った

息子ジョセフを失ったのは、まだ息子が36歳という若さでした。

テキサス州に住むレイチェル・ヴィラセナーとレイモンド・ヴィラセナーの夫婦の間には、アメリカ空軍に長年勤めた息子がいました。

その息子がジョセフです。

車の事故

息子がこの世を去ったのは、車の事故でした。

その時の息子は36歳。とても若かったのです。

そのときの両親の気持ちはとても悲しく、切り裂かれそうなほどの痛く苦しいものだったでしょう。

お墓の周りの芝生

tomadoi1

別の場所は、燦々と照る太陽の光にやられ芝生が茶色くなっていたのに、唯一ジョセフの墓の周りだけはなぜか芝生がみずみずしく青々としていたのです。

両親はそんな息子のお墓の周りだけが青々した芝生で覆われている光景が理解できませんでした。

特別なことは何もしていない、なのになぜ?

そんな風に思い始めたのです。

ところが、その秘密がだんだんと明らかになってきたのです。

さてその秘密とは一体何だったのでしょうか?

次のページでご覧ください!

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. huyoudo 腐葉土を購入したら、有り得ない“おまけ”付で、最終的には可愛い家…
  2. kousoku 高速道路で子猫を救った男性が話題に!自分の命を顧みず車を停めたそ…
  3. abunai これは危ない…自転車レーンに隠れていたものとは。
  4. pitto 虐待を受け、瀕死の状態で保護された1匹のピットブル。恨んでもいい…
  5. migime 何者かに酸をかけられた猫…右目を失ってしまった猫の行く先は!
  6. urawa 「ゴミを持ち帰って欲しかっただけ」激怒した浦和レッズ・西川選手の…
  7. sapu 街を歩くカップルがいきなり男たちに絡まれる!警察も登場したこの事…
  8. bonnetto1 猫の命を救う『ボンネットコンコン』。匿名の手紙のおかげで救われた…

スポンサードリンク

新着記事

  1. ワンコ用に塀に3つの穴を開けた結果、鼻がすっぽりハマり面白い姿に スクリーンショット 2017-04-21 17.35.26
  2. 「どうして眠ったままなの?」そのインコの友達は、天国へ旅立ってしまったのでした inko
  3. 2年間も港で逃げ続けた犬。3日間に渡る捕獲作戦の後、捕まった犬の運命は…? minato
  4. 雪の降る寒い日。寒さを我慢している野良犬をみた男性は…? samusa
  5. 寒くても「制服ミニに生足」を女子高生が続ける理由が…斜め上すぎる!? mini

アクセスランキング