驚き

息子の墓の周りがなぜか緑色になるのを見て両親は戸惑いを隠せなかった…

tomadoi


若かった息子を失った

息子ジョセフを失ったのは、まだ息子が36歳という若さでした。

テキサス州に住むレイチェル・ヴィラセナーとレイモンド・ヴィラセナーの夫婦の間には、アメリカ空軍に長年勤めた息子がいました。

その息子がジョセフです。

車の事故

息子がこの世を去ったのは、車の事故でした。

その時の息子は36歳。とても若かったのです。

そのときの両親の気持ちはとても悲しく、切り裂かれそうなほどの痛く苦しいものだったでしょう。

お墓の周りの芝生

tomadoi1

別の場所は、燦々と照る太陽の光にやられ芝生が茶色くなっていたのに、唯一ジョセフの墓の周りだけはなぜか芝生がみずみずしく青々としていたのです。

両親はそんな息子のお墓の周りだけが青々した芝生で覆われている光景が理解できませんでした。

特別なことは何もしていない、なのになぜ?

そんな風に思い始めたのです。

ところが、その秘密がだんだんと明らかになってきたのです。

さてその秘密とは一体何だったのでしょうか?

次のページでご覧ください!

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. onsen 海外からの評価も高い宝川温泉では、かつて熊と混浴が出来た!
  2. zyuudo 重度の火傷により前脚を失った犬。太平洋を越え、治療に専念した結果…
  3. purezento 誕生日プレゼントは何が欲しい?赤ちゃんが欲しかったゴリラはその質…
  4. baka1 「馬鹿ってね、本当に馬鹿なんだよ」ここまで言われる常識が通用しな…
  5. boruta ボルダリングに挑戦する人々。次に登る挑戦者は猫??
  6. morini 夜の森に入ってはいけない。夜は魔物たちが徘徊する時間だからね………
  7. settyaku 接着剤で前足と頬をくっつけられた瀕死の子猫。懸命な治療により奇跡…
  8. keisatu 自転車を盗まれたのに学校に言われた言葉は「お前が悪い」。その後に…

スポンサードリンク

新着記事

  1. 「どうして眠ったままなの?」そのインコの友達は、天国へ旅立ってしまったのでした inko
  2. 2年間も港で逃げ続けた犬。3日間に渡る捕獲作戦の後、捕まった犬の運命は…? minato
  3. 雪の降る寒い日。寒さを我慢している野良犬をみた男性は…? samusa
  4. 寒くても「制服ミニに生足」を女子高生が続ける理由が…斜め上すぎる!? mini
  5. 「耳が垂れていないといけない」という理由で犬を整形手術。そんな飼い主への反応は? tarete

アクセスランキング