動物

虐待を受け、瀕死の状態で保護された1匹のピットブル。恨んでもいいはずの人間に彼は尻尾を振って応えたのです。恥ずべきは動物虐待をする人間です。

pitto


どうして、人間は何の罪もない動物に虐待を繰り返すのでしょう?悲しい限りです。抵抗できない犬や猫が苦しむ姿を見て、何が楽しいのでしょうか?

英国動物福祉団体(WSPA)のレポートの翻訳によると、動物虐待の動機は大きく9つに分類できるそうです。『動物への支配』、『動物への報復』、『人間以外の生き物への差別意識』、『自己の怒り・ストレスの対象』、『他の人を驚かせて楽しむため』、『復讐の対象(飼い主に復讐するためにペットを身代わりにする)』、『欲求不満のはけ口』、『サディズム』。

虐待の具体的な例が載っていましたが、文章だけでも正視することができないような凄惨なものばかり…。アメリカには“アニマルポリス”という機関があり、場合によっては逮捕にまで及ぶこともあるそうです。もちろん手錠や銃も携行しているそうです。でも、本来は“アニマルポリス”など必要がないはずですよね。

次のページで、人間に虐待を受け瀕死の傷を負いながら、なお人間を愛し続けようとする犬の姿を画像で紹介します。

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. bunbougu 今となれば、どうしてあんなに欲しかったの?って思う文房具たち。文…
  2. owakare 最後のお別れが近づくおばあさん。その時、家族同然の猫はおばあさん…
  3. baka1 「馬鹿ってね、本当に馬鹿なんだよ」ここまで言われる常識が通用しな…
  4. hairitai 「どーしても家に入りたい」動物たちの面白画像15選!
  5. gyakutai 虐待のせいで心を閉ざしてしまった犬。それを救ったのは仲間だった。…
  6. ryousi 海に浮かんでいるゴミが動いている?漁師はすぐに飛び込んでゴミを回…
  7. okasina ペットの「ちょっとおかしな行動」。それってもしかして、重大な病気…
  8. zizi1 交通事故で大怪我を負い保護されたフクロウの『ジジ』。彼女を救った…

スポンサードリンク

新着記事

  1. 【※学校のテストの珍解答20選!】腹筋崩壊!子供達のセンス溢れる答えに大爆笑! | 5
  2. 【※席を譲らなかった若者】老人が説教のつもりで嫌味を言ったところ…若者が言い返した言葉に撃沈される! 4
  3. 【※衝撃】運転免許証の12桁の番号今すぐ確認しろ⇨1番最後が1以上のやつはヤバい事が判明!! 3
  4. 【※あなたには見えますか?】ゾッとする写真・・・ストリートビューに偶然写ってしまった不可解な画像・・・おわかりいただけただろうか・・・15選 2
  5. 【※注意喚起】勘違いしている人が続出!?ゼブラゾーンを通行不可と誤認識している危険性・・・ 1

アクセスランキング