動物

12年間共に暮らした相棒を亡くし、悲しみのあまり2年間も立ち直れないままの犬。そんな彼を元気づけたものとは?

aibou


犬は仲間の死を理解するのか?ということについての体験談を見てみると、分かるという意見が多いようですね。片方が亡くなると、もう片方が何度も何度も鳴いて、鳴きやまなかった…なんて想像しただけでもツラいです。

なかには、夫婦のように暮らしていた犬の片方が亡くなった時、残された方は食事を全く摂らなくなったそうです。そして2週間後に後を追うように亡くなったそうです。今度は飼い主さんの落ち込みようが大変だったらしいです。

そういうエピソードは本当にたくさんあって、多頭飼いをしている場合の犬同士の絆は、人間が考えるよりも強いんだなと、改めて考えさせられてしまいました。

次のページで、相棒の“死”で命すら危ぶまれるほど失意の底に落ちたジョージの心を癒した1匹、いえ1羽の画像とエピソードを紹介します。

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. hubuki 吹雪の中、段ボールに入れられて子猫が捨てられていた。その子猫たち…
  2. nezumitori 殺処分されるはずの猫たちが大活躍!それはなんと「ネズミ捕り」
  3. gaman トイレに行きたがる子供を「我慢しろ」と叱責する父親。しかし救世主…
  4. kainusi 7ヶ月ぶりの再会で飼い主さんの腕の中に倒れ込む愛犬。もしも言葉が…
  5. kamakura 鎌倉市が公開した『鎌倉市で津波から生きのびる』というシミュレーシ…
  6. baka 親馬鹿ではなく“馬鹿”親。犬にタトゥーを入れた男の話
  7. sekiwo 座席を譲ったら「ふざけるな!」逆に怒られた中学生の声。
  8. takehara 「医師を過信してはいけません」ステージ4のガンを克服したボクシン…

スポンサードリンク

新着記事

  1. ワンコ用に塀に3つの穴を開けた結果、鼻がすっぽりハマり面白い姿に スクリーンショット 2017-04-21 17.35.26
  2. 「どうして眠ったままなの?」そのインコの友達は、天国へ旅立ってしまったのでした inko
  3. 2年間も港で逃げ続けた犬。3日間に渡る捕獲作戦の後、捕まった犬の運命は…? minato
  4. 雪の降る寒い日。寒さを我慢している野良犬をみた男性は…? samusa
  5. 寒くても「制服ミニに生足」を女子高生が続ける理由が…斜め上すぎる!? mini

アクセスランキング