動物

動物を飼ったことのない男性が、生後間もない子猫を保護し育て上げました。そして、今ではお互い無くてはならない存在に!

otagai


ペットショップで子猫や子犬を販売できるようになるのは、早くても生後2~3ヶ月だと思います。おそらく子猫が離乳食を食べられるようになるのは生後1~1.5ヶ月くらいかと。

その後、数週間かけて母猫から猫としての生き方?みたいなものを身につけていくのだそうです。本当に生後間もない子猫を保護して育てるのは大変で、2~3時間に一度くらいのペースで、1日7~8回の授乳が必要です。

ミルクは市販されている“ネコ専用”のものを使います。おしっこは、母猫が子猫の股間をなめることでふきとりますが、母猫がいない場合は、人間がお尻を軽くこすって排尿を促してあげなければいけません。

生後23~39日齢になるまで、哺乳のたびに行う必要があるそうですから、かなり大変な作業ですね。うんちの拭き取りも24~36時間に一度は必要だそうです。でも生後5週目くらいで子猫はトイレを覚えるみたいです。

次のページで、ある男性が、まだ目も開いていない子猫を育てていくうちにかけがえのない家族になっていく様子を画像で紹介します。

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. suteyama 「犬捨て山」で起こった奇跡!真実の愛が瀕死の犬を救う!感動の生還…
  2. satooya 里親が決まった!その瞬間、全身で喜びをあらわしたワンコがかわいい…
  3. kusari 鎖に繋がれ自由を奪われていた牛が鎖から解放された時の反応に胸が張…
  4. musi 地面の下から子猫の鳴き声が…「無視しろ」と言う役人を無視し救出作…
  5. saigoniha 虐待を受け最後には飼い主に殺処分される運命となった犬の奇跡の復活…
  6. imanimo 今にも死にそうなワンちゃんを献身的な介護で助けたインドの「Ani…
  7. toire 新築マンションのトイレ。その違和感にあなたは気づくことができるか…
  8. samewo サメを浜に引き上げて記念撮影→サメ死亡→世界中から非難の声で炎上…

スポンサードリンク

新着記事

  1. ワンコ用に塀に3つの穴を開けた結果、鼻がすっぽりハマり面白い姿に スクリーンショット 2017-04-21 17.35.26
  2. 「どうして眠ったままなの?」そのインコの友達は、天国へ旅立ってしまったのでした inko
  3. 2年間も港で逃げ続けた犬。3日間に渡る捕獲作戦の後、捕まった犬の運命は…? minato
  4. 雪の降る寒い日。寒さを我慢している野良犬をみた男性は…? samusa
  5. 寒くても「制服ミニに生足」を女子高生が続ける理由が…斜め上すぎる!? mini

アクセスランキング