動物

絶滅危惧種のオウムを密輸する、その手口が残虐すぎる。その手口とは?

oumu


「絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約」は、希少な野生動植物の国際的な取引を規制する条約です。
条約が採択された都市の名称をとって、ワシントン条約とも呼ばれています。

しかし、その密輸は後を絶ちません。
希少であることから価値が生まれてしまい、高額で取引される。
そのことが密猟に結びついています。

2015年5月にインドネシアのタンジュン・ペラ港で、24羽のオウムの密輸が摘発されました。
このオウムは絶滅危惧種の「コバタン」。
このオウムはワシントン条約で絶滅危惧種に指定されており、また、インドネシアの法律でも売買が禁止されています。

しかし、その網をかいくぐろうという手口が残虐なのです。
しかも、「よくある手口」というのですから、深い闇を感じます。
いったいどんな手口なのでしょうか。

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. pitto 虐待を受けていたピットブル。11匹の子犬を出産後、保護してくれた…
  2. suteinu 死んでなるものか!捨て犬が取った必死の行動に誰もが涙・・・
  3. ikiume1 驚愕の真実…生き埋めにされていた犬を助け出したのは、男性と飼い犬…
  4. kagee これぞ究極の影絵!謎めいた球体に宿る三つの存在
  5. ikemen トラックの運転手が超イケメンで話題に!その精悍な眼差しの虜に…
  6. gorira 一体なぜ、こんな事態に?黒人男性がゴリラに軽々と引きずられる映像…
  7. katatoki 少女のそばを片時も離れない犬。感謝の気持ちの込められた犬への特別…
  8. saikai 育てのパパに久しぶりに再会したライオンの大喜びの姿に心ほっこり!…

スポンサードリンク

新着記事

  1. ワンコ用に塀に3つの穴を開けた結果、鼻がすっぽりハマり面白い姿に スクリーンショット 2017-04-21 17.35.26
  2. 「どうして眠ったままなの?」そのインコの友達は、天国へ旅立ってしまったのでした inko
  3. 2年間も港で逃げ続けた犬。3日間に渡る捕獲作戦の後、捕まった犬の運命は…? minato
  4. 雪の降る寒い日。寒さを我慢している野良犬をみた男性は…? samusa
  5. 寒くても「制服ミニに生足」を女子高生が続ける理由が…斜め上すぎる!? mini

アクセスランキング