動物

絶滅危惧種のオウムを密輸する、その手口が残虐すぎる。その手口とは?

oumu


「絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約」は、希少な野生動植物の国際的な取引を規制する条約です。
条約が採択された都市の名称をとって、ワシントン条約とも呼ばれています。

しかし、その密輸は後を絶ちません。
希少であることから価値が生まれてしまい、高額で取引される。
そのことが密猟に結びついています。

2015年5月にインドネシアのタンジュン・ペラ港で、24羽のオウムの密輸が摘発されました。
このオウムは絶滅危惧種の「コバタン」。
このオウムはワシントン条約で絶滅危惧種に指定されており、また、インドネシアの法律でも売買が禁止されています。

しかし、その網をかいくぐろうという手口が残虐なのです。
しかも、「よくある手口」というのですから、深い闇を感じます。
いったいどんな手口なのでしょうか。

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. aisya 高速道路で愛車がトラブル!そこに現れた救世主のような“トラック運…
  2. syaberi 話し方には気をつけましょう!「イラつくしゃべり方ランキングトップ…
  3. hakai 破壊神のごとくオモチャを壊し続ける犬が、唯一大切にするオモチャ。…
  4. tyuuken 「ご主人……そこにいるのですか?」亡くなった飼い主を待ち続ける忠…
  5. yarakasi 本当にわかってる!?やらかしちゃったワンコたちの面白&キュートな…
  6. huuhu 夫婦の愛情が、10年間愛情を知らずに育った猫「ティーク」の心を開…
  7. bouhuu 暴風雨の中、びしょ濡れでさまよう野良犬にバスの運転手さんが迷わず…
  8. genkan 氷点下の玄関先で動けなくなっていた子猫を発見し保護した動画が話題…

スポンサードリンク

新着記事

  1. ワンコ用に塀に3つの穴を開けた結果、鼻がすっぽりハマり面白い姿に スクリーンショット 2017-04-21 17.35.26
  2. 「どうして眠ったままなの?」そのインコの友達は、天国へ旅立ってしまったのでした inko
  3. 2年間も港で逃げ続けた犬。3日間に渡る捕獲作戦の後、捕まった犬の運命は…? minato
  4. 雪の降る寒い日。寒さを我慢している野良犬をみた男性は…? samusa
  5. 寒くても「制服ミニに生足」を女子高生が続ける理由が…斜め上すぎる!? mini

アクセスランキング