動物

絶滅危惧種のオウムを密輸する、その手口が残虐すぎる。その手口とは?

oumu


「絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約」は、希少な野生動植物の国際的な取引を規制する条約です。
条約が採択された都市の名称をとって、ワシントン条約とも呼ばれています。

しかし、その密輸は後を絶ちません。
希少であることから価値が生まれてしまい、高額で取引される。
そのことが密猟に結びついています。

2015年5月にインドネシアのタンジュン・ペラ港で、24羽のオウムの密輸が摘発されました。
このオウムは絶滅危惧種の「コバタン」。
このオウムはワシントン条約で絶滅危惧種に指定されており、また、インドネシアの法律でも売買が禁止されています。

しかし、その網をかいくぐろうという手口が残虐なのです。
しかも、「よくある手口」というのですから、深い闇を感じます。
いったいどんな手口なのでしょうか。

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. setubun 産婦人科病院が節分に合わせた「ある計らい」が話題に。小さな鬼がか…
  2. sapu 街を歩くカップルがいきなり男たちに絡まれる!警察も登場したこの事…
  3. hinsi 保護された瀕死の子猫。助かる見込みはないと獣医師に告げられても看…
  4. zitensya 非常に危険な自転車の運転!日頃から間近で目にする車のドライバーの…
  5. kizuna 「ずっと一緒だよっ!」人と犬の絆の深さが伝わってくる画像集!
  6. teguti 個人情報を収集する新手の手口?が蔓延!新宿で「美味しいラーメン屋…
  7. yoppara 酔っぱらった男が動物園のライオン舎に!本当は、人間の“自己責任”…
  8. itaria イタリア中部地震で愛する飼い主を亡くしたワンコ。悲しみに打ちひし…

スポンサードリンク

新着記事

  1. 【衝撃】明日花キララの整形が凄すぎるから過程を検証www(※画像あり) 名称未設定
  2. 日本の自衛隊は超凄いって知ってる?もし戦ったら強すぎて世界がドン引きするかもしれないそうだ スクリーンショット 2017-11-30 18.03.37
  3. なぜ日本は宗教戦争が起きないのか…現役僧侶の伝説のスピーチが世界中で賞賛される… スクリーンショット 2017-11-30 18.02.43
  4. バイキングで史上最大の放送事故…会場がドン引きする事態に… スクリーンショット 2017-11-30 18.00.32
  5. 人身事故で電車が止まってしまった…その時にサラリーマンが駅員にかけた一言に賞賛の嵐… スクリーンショット 2017-11-30 17.59.31

アクセスランキング