動物

絶滅危惧種のオウムを密輸する、その手口が残虐すぎる。その手口とは?

oumu


「絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約」は、希少な野生動植物の国際的な取引を規制する条約です。
条約が採択された都市の名称をとって、ワシントン条約とも呼ばれています。

しかし、その密輸は後を絶ちません。
希少であることから価値が生まれてしまい、高額で取引される。
そのことが密猟に結びついています。

2015年5月にインドネシアのタンジュン・ペラ港で、24羽のオウムの密輸が摘発されました。
このオウムは絶滅危惧種の「コバタン」。
このオウムはワシントン条約で絶滅危惧種に指定されており、また、インドネシアの法律でも売買が禁止されています。

しかし、その網をかいくぐろうという手口が残虐なのです。
しかも、「よくある手口」というのですから、深い闇を感じます。
いったいどんな手口なのでしょうか。

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. hukusyuu 早朝起こしにやってくる愛猫に復讐を決めた飼い主さん。意外な結末に…
  2. kosodate1 父親と母親の子育ての違いがあまりにも酷すぎると話題に
  3. okizari 引っ越しで置き去りにされた犬。過酷な環境に捨てられていた犬の運命…
  4. senaka どうやったらここまで変わるの?背中の曲がったおばあちゃんのビフォ…
  5. igaina 飼い主のおじいさんを待ち続ける犬…意外な形で再会を果たす!
  6. kougi 「やだぁあぁああ!!」散歩終了に抗議し、死んだふりをする犬に撮影…
  7. hinsi 保護された瀕死の子猫。助かる見込みはないと獣医師に告げられても看…
  8. otokoni 男に襲われている女性を助けたのは…1匹の野良犬だった!?5回もナ…

スポンサードリンク

新着記事

  1. 「どうして眠ったままなの?」そのインコの友達は、天国へ旅立ってしまったのでした inko
  2. 2年間も港で逃げ続けた犬。3日間に渡る捕獲作戦の後、捕まった犬の運命は…? minato
  3. 雪の降る寒い日。寒さを我慢している野良犬をみた男性は…? samusa
  4. 寒くても「制服ミニに生足」を女子高生が続ける理由が…斜め上すぎる!? mini
  5. 「耳が垂れていないといけない」という理由で犬を整形手術。そんな飼い主への反応は? tarete

アクセスランキング