動物

虐待されていた犬を救出したのは犬嫌いの女性。その勇気ある行動は、その後の運命を変えた。

inugirai1


近頃の日本で野良犬をみかけることはほとんどありませんが、海外ではみかけることがあります。
予防接種や治療を受けられない野良犬がひどい状態になっていることもあります。

16歳のアニータさんは、ある日、学校に迷い込んだ野良犬を発見しました。
その犬はひどい皮膚病にかかっていて、その見た目からか、周りの生徒たちから石を投げつけられていました。

これは悪いことだ。助けてあげたい。
アニータさんはそう思うのですが、犬が大の苦手なのです。
しかし、アニータさんには勇気がありました。
その恐怖を乗り越え、犬を助け出すことができました。

ここからその野良犬の運命が変わり始めます。
その後、犬嫌いのアニータさんと、野良犬はどのようになったのでしょうか。

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. saitama 埼玉県警の白バイかと思ったら埼玉県民!?これには深い理由がありま…
  2. hi-ta 可愛すぎる~!ヒーターに手をかざしてウトウト状態の柴犬の赤ちゃん…
  3. kyuuti その犬は自らも1週間、飢えや不安と闘いながら仲間の窮地を支え続け…
  4. doawo 飼い主さんに会うために3つのドアを開けて保護施設から外に逃げた犬…
  5. zibunwo 威厳たっぷりなシェパード。しかし、自分を人間の赤ちゃんだと思って…
  6. yoboyobo 物乞いをするおばあさん。ヨボヨボで腰も曲がった彼女を追跡したら衝…
  7. kakusinhan1 この子猫の画像を送るなんて、まさしく“確信犯”。猫を見たら気絶す…
  8. zisyou 自称タトゥーアーティストが飼い猫に施術した結果……

スポンサードリンク

新着記事

  1. 「どうして眠ったままなの?」そのインコの友達は、天国へ旅立ってしまったのでした inko
  2. 2年間も港で逃げ続けた犬。3日間に渡る捕獲作戦の後、捕まった犬の運命は…? minato
  3. 雪の降る寒い日。寒さを我慢している野良犬をみた男性は…? samusa
  4. 寒くても「制服ミニに生足」を女子高生が続ける理由が…斜め上すぎる!? mini
  5. 「耳が垂れていないといけない」という理由で犬を整形手術。そんな飼い主への反応は? tarete

アクセスランキング