動物

虐待を受け最後には飼い主に殺処分される運命となった犬の奇跡の復活!!

saigoniha


ボロボロになった犬を連れて来て殺処分を依頼して去った元飼い主

南アフリカでのことでした。ある日、管理局に1匹のコーギーのミックス犬を連れてきた元飼い主がこう言い放ちました。

「この犬は汚いし、病気で気持ち悪いからもういらない。殺処分してくれ。」このような捨てセリフを残して去ってしまいました。

 

ひどい状態だった年老いた犬

saigoniha1

この犬は、「ニックナック」と呼ばれていました。ニックナックの体はボロボロでした。脚は骨折しており、顔は皮膚病か火傷の跡のようなものがあり、赤くただれてガサガサで、体は痩せてガリガリでした。表情はなく、今にも死にそうな状態でした。明らかに、虐待されていた様子です。

一体、ニックナックはこの後どうなったのでしょう。

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. tumetai 冷たい雨が結んだ、暖かい出会い。ひとりの女性の勇気が一匹の命を救…
  2. nora 野良犬がゴミ置き場で捨てられた赤ちゃんを見つける!野良犬は赤ちゃ…
  3. gomibako ゴミ箱のなかで鳴き声をあげていた子猫。保護した警察官の肩の上が大…
  4. hansei 「もうしないから~っ反省してるから~っ!」必死に謝る犬の姿が可愛…
  5. haisui 虐待か、それとも事故か?排水溝で衰弱していた三本脚の子犬
  6. zyuudo 重度の火傷により前脚を失った犬。太平洋を越え、治療に専念した結果…
  7. nezumitori 殺処分されるはずの猫たちが大活躍!それはなんと「ネズミ捕り」
  8. hukurodume 命への暴虐!袋詰めにされ捨てられた子犬たち・・・

スポンサードリンク

新着記事

  1. 「どうして眠ったままなの?」そのインコの友達は、天国へ旅立ってしまったのでした inko
  2. 2年間も港で逃げ続けた犬。3日間に渡る捕獲作戦の後、捕まった犬の運命は…? minato
  3. 雪の降る寒い日。寒さを我慢している野良犬をみた男性は…? samusa
  4. 寒くても「制服ミニに生足」を女子高生が続ける理由が…斜め上すぎる!? mini
  5. 「耳が垂れていないといけない」という理由で犬を整形手術。そんな飼い主への反応は? tarete

アクセスランキング