動物

虐待を受け最後には飼い主に殺処分される運命となった犬の奇跡の復活!!

saigoniha


ボロボロになった犬を連れて来て殺処分を依頼して去った元飼い主

南アフリカでのことでした。ある日、管理局に1匹のコーギーのミックス犬を連れてきた元飼い主がこう言い放ちました。

「この犬は汚いし、病気で気持ち悪いからもういらない。殺処分してくれ。」このような捨てセリフを残して去ってしまいました。

 

ひどい状態だった年老いた犬

saigoniha1

この犬は、「ニックナック」と呼ばれていました。ニックナックの体はボロボロでした。脚は骨折しており、顔は皮膚病か火傷の跡のようなものがあり、赤くただれてガサガサで、体は痩せてガリガリでした。表情はなく、今にも死にそうな状態でした。明らかに、虐待されていた様子です。

一体、ニックナックはこの後どうなったのでしょう。

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. スクリーンショット 2017-04-21 17.35.26 ワンコ用に塀に3つの穴を開けた結果、鼻がすっぽりハマり面白い姿に…
  2. sirazuni 外の世界を知らずに死んでいく運命の「動物実験用」のビーグルが救い…
  3. suiro 7メートル下の水路に転落した愛犬。上まで登れないことに気づいた人…
  4. haisui 虐待か、それとも事故か?排水溝で衰弱していた三本脚の子犬
  5. unmei “運命の赤い糸”は本当にあるの?海水浴で撮った何気ない写真。なん…
  6. kitasiro 密猟者vs警護員・・・24時間365日キタシロサイが警護される理…
  7. kouhuku 幸福な11日間を得たシェルター犬。保護した夫婦は悲しみと怒りが抑…
  8. sikaku 視覚障害者の元医師が盲導犬に取り付けた小型カメラに映し出された悲…

スポンサードリンク

新着記事

  1. ワンコ用に塀に3つの穴を開けた結果、鼻がすっぽりハマり面白い姿に スクリーンショット 2017-04-21 17.35.26
  2. 「どうして眠ったままなの?」そのインコの友達は、天国へ旅立ってしまったのでした inko
  3. 2年間も港で逃げ続けた犬。3日間に渡る捕獲作戦の後、捕まった犬の運命は…? minato
  4. 雪の降る寒い日。寒さを我慢している野良犬をみた男性は…? samusa
  5. 寒くても「制服ミニに生足」を女子高生が続ける理由が…斜め上すぎる!? mini

アクセスランキング