動物

虐待を受け最後には飼い主に殺処分される運命となった犬の奇跡の復活!!

saigoniha


ボロボロになった犬を連れて来て殺処分を依頼して去った元飼い主

南アフリカでのことでした。ある日、管理局に1匹のコーギーのミックス犬を連れてきた元飼い主がこう言い放ちました。

「この犬は汚いし、病気で気持ち悪いからもういらない。殺処分してくれ。」このような捨てセリフを残して去ってしまいました。

 

ひどい状態だった年老いた犬

saigoniha1

この犬は、「ニックナック」と呼ばれていました。ニックナックの体はボロボロでした。脚は骨折しており、顔は皮膚病か火傷の跡のようなものがあり、赤くただれてガサガサで、体は痩せてガリガリでした。表情はなく、今にも死にそうな状態でした。明らかに、虐待されていた様子です。

一体、ニックナックはこの後どうなったのでしょう。

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. saikai 飼い主さんとは、何日会えなかったのでしょう?よほど嬉しかったのか…
  2. kyouguu 同じ境遇におかれた二匹の野良犬。絆を支えに生き抜いてきた結果………
  3. raibu ライブをじっくり子猫ちゃんたち!!その姿に心が温まる
  4. dekaketa 「それじゃあ、いってきます」飼い主さんが出かけた後のワンちゃんの…
  5. mikake どうか見かけだけで判断しないでください。一人の写真家が虐待された…
  6. hokou 引き取った子犬が歩行不能になった…しかし「ある治療法」で走り回る…
  7. zubunure 雨の中、ずぶ濡れで飼い主を待つ犬。通りがかったカップルがとった行…
  8. kasai 火災から飼い主を守り続けた犬。飼い主は助からなかったが犬は……?…

スポンサードリンク

新着記事

  1. ワンコ用に塀に3つの穴を開けた結果、鼻がすっぽりハマり面白い姿に スクリーンショット 2017-04-21 17.35.26
  2. 「どうして眠ったままなの?」そのインコの友達は、天国へ旅立ってしまったのでした inko
  3. 2年間も港で逃げ続けた犬。3日間に渡る捕獲作戦の後、捕まった犬の運命は…? minato
  4. 雪の降る寒い日。寒さを我慢している野良犬をみた男性は…? samusa
  5. 寒くても「制服ミニに生足」を女子高生が続ける理由が…斜め上すぎる!? mini

アクセスランキング