驚き

帝王切開で出産後、意識不明になった陥った母親の命を救ったのは、生まれたばかりの我が子の泣き声!



おめでたいはずの日が一転…。

sekkai1

2014年9月12日、アメリカ・ノースカロライナに暮らすジェレミーさんの妻のシェリーさんは、待望の女の子ライランちゃんを出産しました。

シェリーさんの陣痛が長引いたため母子共に危険な状態となり緊急帝王切開を行い、赤ちゃんは無事に取り上げられました。

ところが全身麻酔をかけたシェリーさんの意識が戻らないのです。生命維持装置につながれた彼女の姿はとても痛々しいです。

新しい命の誕生!幸せの絶頂にいるはずの家族は、医師の「明日まで持つかどうか…。」という言葉に、ただただ途方に暮れてしまいます。もう諦めるしかないのでしょうか?!

 

ひとりのナースがある提案をしました!

sekkai

その提案とは“母親に赤ちゃんを触らせてみたら?”というものでした。

「赤ちゃんにとって母親との肌の触れ合いが、非常に良い影響を与えるものです。それなら、母親にも赤ちゃんとの肌の触れ合いは良い影響をもたらすはず。」と彼女は考えたのです。

sekkai2

もしかしたら!藁にもすがる思いで、ジェレミーさんはライランちゃんを抱いてシェリーさんの元へ向かいました。なんと、ライランちゃんに触れ、ライランちゃんの泣き声を聞いたシェリーさんの様子に変化が!

 

ママ、死なないで!

sekkai3

ライランちゃんの泣き声がシェリーさんに届いたのでしょうか?バイタル(脈拍、呼吸数、血圧、体温)が上昇したのです。家族も医師も“母親と子供の絆の深さ”に驚きを隠せませんでした。

その後シェリーさんは、少しずつですが確実に回復していきました。そして、リハビリにも取り組み、周囲が目を見張るほど元気になったそうです。

退院後の地元テレビ局のインタビューで『意識がはっきりしない中で、初めてライランを見たとき、素晴らしい赤ちゃんで幸せだと思いました。そしてライランと私の絆を感じました。』とシェリーさんは話しています。

我が子の泣き声が、“生きて我が子をこの手に抱きたい”という力を母に与えたのでしょうか?ライランちゃんを抱くシェリーさんの幸せそうな笑顔が素敵です。あのナースの提案がなかったら4人揃っての家族写真も無かったかもしれません。

最後に、意識を取り戻したばかりで弱々しいシェリーさんとライランちゃんの初対面の映像で締めくくります。

 

【関連記事】

お客さまは神様?『大学行かないとこの人みたいになるのよ』と罵る客にとった店長の対応が素敵だと話題に

 

コンビニの留学生店員に向け暴言を吐いた男性。それを切り返した高校生の機転が話題に!

 

日本中が勝手に驚く事案発生。勝手に誤解したけれど、あなたは?

 

あなたはできる?悪質なクレームを受けた店員の切り返し方が秀逸www→twitter民の反応は???

出典:youtube / Facebook

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. koukei 動物園とは言え、トイレでこの光景に遭遇したら…美しすぎる姿に、驚…
  2. gyuudon1 あなたはどのくらいのせる?都道府県によって牛丼にのせる紅しょうが…
  3. nunono すべては定められた運命だった?道端に放置された布の中身は、まさか…
  4. pasuture 「パスツレラ症」感染の体験談が怖い…猫に咬まれると感染する可能性…
  5. haisui 虐待か、それとも事故か?排水溝で衰弱していた三本脚の子犬
  6. nanikawo バイクで走行中の男性が何かを発見。彼がとった驚きの行動とは…
  7. panda 女子がアイメイクでかわいくなる秘訣は、パンダが教えてくれる!?
  8. kanagawa 犬と猫の殺処分をなくした神奈川県の新しい取り組み

スポンサードリンク

新着記事

  1. ワンコ用に塀に3つの穴を開けた結果、鼻がすっぽりハマり面白い姿に スクリーンショット 2017-04-21 17.35.26
  2. 「どうして眠ったままなの?」そのインコの友達は、天国へ旅立ってしまったのでした inko
  3. 2年間も港で逃げ続けた犬。3日間に渡る捕獲作戦の後、捕まった犬の運命は…? minato
  4. 雪の降る寒い日。寒さを我慢している野良犬をみた男性は…? samusa
  5. 寒くても「制服ミニに生足」を女子高生が続ける理由が…斜め上すぎる!? mini

アクセスランキング