驚き

帝王切開で出産後、意識不明になった陥った母親の命を救ったのは、生まれたばかりの我が子の泣き声!

sekkai


日本では、少子化が大きな問題となっています。その少子化問題に拍車がかかるのでは?!と思われる新たな問題が“産婦人科医不足”です。開業医の中には婦人科のみに移行する病院も多いようですね。

「医学が発達した現代でも、出産は命がけの大仕事」という意見もあれば、「大丈夫ですよ。案ずるより産むがやすしっていうでしょ。」という意見もあります。

それは、どちらもアリですよね!妊娠中に胎児に悪影響を及ぼすことをする妊婦さんには『命懸け説』で注意するでしょうし、あまりにも神経質になっている妊婦さんには『産むがやすし説』で元気づけるでしょうね。

次のページでは、出産後に意識不明になり医師からもツラい宣告を受けた母親が、我が子の泣き声で奇跡の生還を果たす感動のエピソードを画像と動画で紹介します。

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. uinna 和歌山市で路上に落ちていたウインナーを食べた飼い犬が、直後に死亡…
  2. unmei “運命の赤い糸”は本当にあるの?海水浴で撮った何気ない写真。なん…
  3. koukei 動物園とは言え、トイレでこの光景に遭遇したら…美しすぎる姿に、驚…
  4. kainusi 飼い主に先立たれ放置されてしまった猫。数年の間でひどい姿に…そし…
  5. kansyu 倒れた看守に気が付いた囚人たちが檻を無理矢理こじ開けた!!!そし…
  6. boroboro 牛丼屋でアルバイトをしていると、ボロボロになった二人の親子が…そ…
  7. kokka 1羽のカラスに国家権力が振り回される?ついに“要注意カラス”とし…
  8. kyousyuu 雪の日こそ教習所へ!これから免許を取るひとに絶対オススメする理由…

スポンサードリンク

新着記事

  1. ワンコ用に塀に3つの穴を開けた結果、鼻がすっぽりハマり面白い姿に スクリーンショット 2017-04-21 17.35.26
  2. 「どうして眠ったままなの?」そのインコの友達は、天国へ旅立ってしまったのでした inko
  3. 2年間も港で逃げ続けた犬。3日間に渡る捕獲作戦の後、捕まった犬の運命は…? minato
  4. 雪の降る寒い日。寒さを我慢している野良犬をみた男性は…? samusa
  5. 寒くても「制服ミニに生足」を女子高生が続ける理由が…斜め上すぎる!? mini

アクセスランキング