驚き

帝王切開で出産後、意識不明になった陥った母親の命を救ったのは、生まれたばかりの我が子の泣き声!

日本では、少子化が大きな問題となっています。その少子化問題に拍車がかかるのでは?!と思われる新たな問題が“産婦人科医不足”です。開業医の中には婦人科のみに移行する病院も多いようですね。

「医学が発達した現代でも、出産は命がけの大仕事」という意見もあれば、「大丈夫ですよ。案ずるより産むがやすしっていうでしょ。」という意見もあります。

それは、どちらもアリですよね!妊娠中に胎児に悪影響を及ぼすことをする妊婦さんには『命懸け説』で注意するでしょうし、あまりにも神経質になっている妊婦さんには『産むがやすし説』で元気づけるでしょうね。

次のページでは、出産後に意識不明になり医師からもツラい宣告を受けた母親が、我が子の泣き声で奇跡の生還を果たす感動のエピソードを画像と動画で紹介します。



あなたにオススメの記事

関連記事

  1. 殺処分を待つだけの毎日を送っていた犬…引き取られ、初めてのおもち…
  2. きょうだい仲は性別次第?思わずドキッとする画像集
  3. 母犬に足を噛みちぎられた子犬。その悲劇に救いの手を差し伸べた動物…
  4. 医師に「一生歩けない」と宣告されるも見事復活した武井壮。その驚き…
  5. 虐待か、それとも事故か?排水溝で衰弱していた三本脚の子犬
  6. 岸壁から海へ落ちてしまった犬。15時間も見失っていた犬を助けたの…
  7. 凍った湖でカモが溺れている!大変、可哀そう、分かってはいるけれど…
  8. 知らない間に犯罪者になってるかも!?意外に知らない違法行為ベスト…

新着記事

  1. 【これは許せない】批判殺到!スタバ店員が男性客にした最低な行為とは?
  2. 【衝撃】母親「これを飲みなさい元気が出る薬だから」と謎の白い液体を飲まされた結果…!
  3. 【これマジ!?】10歳位のかわいいカップルが結婚!!10歳で結婚ってできるの?
  4. 【恐怖】道端に「赤い封筒」が落ちていても絶対に拾ってはいけない!警察でも手を出せない衝撃の理由とは
  5. 【※適性検査※】この漫画を読んでイラッとした人は結婚に向いていません。あなたはどうですか?

アクセスランキング