驚き

帝王切開で出産後、意識不明になった陥った母親の命を救ったのは、生まれたばかりの我が子の泣き声!

sekkai


日本では、少子化が大きな問題となっています。その少子化問題に拍車がかかるのでは?!と思われる新たな問題が“産婦人科医不足”です。開業医の中には婦人科のみに移行する病院も多いようですね。

「医学が発達した現代でも、出産は命がけの大仕事」という意見もあれば、「大丈夫ですよ。案ずるより産むがやすしっていうでしょ。」という意見もあります。

それは、どちらもアリですよね!妊娠中に胎児に悪影響を及ぼすことをする妊婦さんには『命懸け説』で注意するでしょうし、あまりにも神経質になっている妊婦さんには『産むがやすし説』で元気づけるでしょうね。

次のページでは、出産後に意識不明になり医師からもツラい宣告を受けた母親が、我が子の泣き声で奇跡の生還を果たす感動のエピソードを画像と動画で紹介します。

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. kosodate1 父親と母親の子育ての違いがあまりにも酷すぎると話題に
  2. suterare 人間に捨てられ心を閉ざしてしまった犬が徐々に心を開く。
  3. kamo 凍った湖でカモが溺れている!大変、可哀そう、分かってはいるけれど…
  4. saigoniha 虐待を受け最後には飼い主に殺処分される運命となった犬の奇跡の復活…
  5. pasokon1 パソコンの前から離れられずに眠る犬。だって、ここにいると大好きな…
  6. eagan エアガンで撃たれた子犬の体内には18発ものBB弾が残っていた。そ…
  7. hamatyan ダウンタウン浜ちゃんの誕生会が理想的過ぎて羨ましい…
  8. takasu CMで超有名な高須クリニックの高須院長が“ブラックカード”を止め…

スポンサードリンク

新着記事

  1. ワンコ用に塀に3つの穴を開けた結果、鼻がすっぽりハマり面白い姿に スクリーンショット 2017-04-21 17.35.26
  2. 「どうして眠ったままなの?」そのインコの友達は、天国へ旅立ってしまったのでした inko
  3. 2年間も港で逃げ続けた犬。3日間に渡る捕獲作戦の後、捕まった犬の運命は…? minato
  4. 雪の降る寒い日。寒さを我慢している野良犬をみた男性は…? samusa
  5. 寒くても「制服ミニに生足」を女子高生が続ける理由が…斜め上すぎる!? mini

アクセスランキング