驚き

帝王切開で出産後、意識不明になった陥った母親の命を救ったのは、生まれたばかりの我が子の泣き声!

sekkai


日本では、少子化が大きな問題となっています。その少子化問題に拍車がかかるのでは?!と思われる新たな問題が“産婦人科医不足”です。開業医の中には婦人科のみに移行する病院も多いようですね。

「医学が発達した現代でも、出産は命がけの大仕事」という意見もあれば、「大丈夫ですよ。案ずるより産むがやすしっていうでしょ。」という意見もあります。

それは、どちらもアリですよね!妊娠中に胎児に悪影響を及ぼすことをする妊婦さんには『命懸け説』で注意するでしょうし、あまりにも神経質になっている妊婦さんには『産むがやすし説』で元気づけるでしょうね。

次のページでは、出産後に意識不明になり医師からもツラい宣告を受けた母親が、我が子の泣き声で奇跡の生還を果たす感動のエピソードを画像と動画で紹介します。

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. seika 五輪の聖火リレーの行事に参加したジャガーが逃走、射殺される・・・…
  2. bonnetto1 猫の命を救う『ボンネットコンコン』。匿名の手紙のおかげで救われた…
  3. sukiya3 すき家の期間限定メニュー「炭火豚丼」の衝撃的な盛り付けがネットで…
  4. manbiki 万引きGメンに捕まえられたおじいさん。しかしおじいさんへ3万円渡…
  5. keisatu 自転車を盗まれたのに学校に言われた言葉は「お前が悪い」。その後に…
  6. kaihuku 大ケガを負い目が見えない衰弱した子猫。回復して見せた最高の笑顔!…
  7. daiziko 大事故で奇跡的に命をとりとめた少年。天国でお父さんに会ったことを…
  8. robusu 青く光るロブスター!水揚げした中に200万分の1の確率のロブスタ…

スポンサードリンク

新着記事

  1. 「どうして眠ったままなの?」そのインコの友達は、天国へ旅立ってしまったのでした inko
  2. 2年間も港で逃げ続けた犬。3日間に渡る捕獲作戦の後、捕まった犬の運命は…? minato
  3. 雪の降る寒い日。寒さを我慢している野良犬をみた男性は…? samusa
  4. 寒くても「制服ミニに生足」を女子高生が続ける理由が…斜め上すぎる!? mini
  5. 「耳が垂れていないといけない」という理由で犬を整形手術。そんな飼い主への反応は? tarete

アクセスランキング