動物

飼い主に先立たれ、保護施設で新しい家族を待つ“おばあさんニャンコ”。可愛い仕草の彼女に第二の人生は訪れるのでしょうか?!

matu1


猫を飼ったことのある人なら一度は触ったことがありますよね?あの肉球!プニプニした感触が何とも気持ち良いのです。

でも、あんまりしつこくプニプニしてると「やめて!」って感じで猫パンチ攻撃をくらってしまいます。これが結構な威力なんですよ。

猫の肉球の色は毛色によってある程度は決まっているそうです。毛色が薄ければ肉球も淡い色で、毛色が濃ければ肉球も濃い色に。三毛猫やサビ猫など毛色が混ざった猫は、肉球もピンクと黒が混ざったまだら色になるというわけですね。

肉球の形も『三つ葉型』、『おにぎり型』、『米粒型』、『富士山型』、『ロケット型』の5種類くらいに分類できるそうです。その形によって性格占いのようなものもあるそうですが、真偽のほどはいかがなものか…。

次のページでは、その肉球の魅力を使って引き取り手を待つ“おばあさんニャンコ”の奮闘ぶりを画像で紹介します。可愛くて、つい頑張れ~って応援したくなります!

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. meiwaku 寒いので洋服を初めて犬に着せてあげた・・・飼い主の善意はありがた…
  2. oran こんなになるまで…どうして?この瀕死のオランウータンの赤ちゃんの…
  3. engi ハリウッドからのスカウト間違いなし!?名演技の野良犬を捉えた仰天…
  4. bideo 10年間を一緒に過ごした家族が亡くなり深く悲しむ猫に生前のビデオ…
  5. wanini ある母親の投稿『ワニに殺された子の親を責めないで』この言葉が心に…
  6. tyosui1 飼い主に激しく吠え、懸命に貯水池へと誘導する愛犬の行動が家族を救…
  7. zou 「タイで象に乗る」観光の裏に潜む闇、あなたはご存知ですか?象が人…
  8. mahuyu その勇気はスーパーマンの如し!真冬の海で行われた決死の救助活動

スポンサードリンク

新着記事

  1. 【涙が止まらない…】「いじめられたらすぐ俺に言え」小学5年生の障がい者を救った名もなきヤンキーの実話 名称未設定
  2. 【私だったら耐えられない…】デート中に男が逃亡?!高級寿司屋に一人残された女性の取った行動に大爆笑w 名称未設定
  3. 【年下の旦那をもつと大変なのかな…】2度目の離婚の危機?!磯野貴理子の旦那がヤバイ(画像あり) 名称未設定
  4. 【涙が止まらない…】釈由美子の父娘エピソード。行き違いだらけだった亡き父との仲直り…【感動秘話】 名称未設定
  5. 【これ、大発見じゃないか?!】坂本龍馬直筆の手紙発見!今になって見つかった手紙の内容とは?!(画像あり) 名称未設定

アクセスランキング