動物

飼い主に先立たれ、保護施設で新しい家族を待つ“おばあさんニャンコ”。可愛い仕草の彼女に第二の人生は訪れるのでしょうか?!

matu1


猫を飼ったことのある人なら一度は触ったことがありますよね?あの肉球!プニプニした感触が何とも気持ち良いのです。

でも、あんまりしつこくプニプニしてると「やめて!」って感じで猫パンチ攻撃をくらってしまいます。これが結構な威力なんですよ。

猫の肉球の色は毛色によってある程度は決まっているそうです。毛色が薄ければ肉球も淡い色で、毛色が濃ければ肉球も濃い色に。三毛猫やサビ猫など毛色が混ざった猫は、肉球もピンクと黒が混ざったまだら色になるというわけですね。

肉球の形も『三つ葉型』、『おにぎり型』、『米粒型』、『富士山型』、『ロケット型』の5種類くらいに分類できるそうです。その形によって性格占いのようなものもあるそうですが、真偽のほどはいかがなものか…。

次のページでは、その肉球の魅力を使って引き取り手を待つ“おばあさんニャンコ”の奮闘ぶりを画像で紹介します。可愛くて、つい頑張れ~って応援したくなります!

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. haisui 虐待か、それとも事故か?排水溝で衰弱していた三本脚の子犬
  2. otagai 動物を飼ったことのない男性が、生後間もない子猫を保護し育て上げま…
  3. suzume 「誰か……誰か、助けて…」寒さで足が貼りついてしまったスズメを救…
  4. zara あり得ない!ZARAの服は、もう着れないかも…買ったばかりのワン…
  5. bi-guru 14年間、檻の中で実験動物だったビーグル3匹。初めて自由を得た姿…
  6. kankoku 韓国産パピーミルが急増する背景には国家の存在があった・・・
  7. saruni 猿にアサルトライフルを渡してからかうゲリラ兵達にお仕置き!その衝…
  8. genkan 氷点下の玄関先で動けなくなっていた子猫を発見し保護した動画が話題…

スポンサードリンク

新着記事

  1. 「どうして眠ったままなの?」そのインコの友達は、天国へ旅立ってしまったのでした inko
  2. 2年間も港で逃げ続けた犬。3日間に渡る捕獲作戦の後、捕まった犬の運命は…? minato
  3. 雪の降る寒い日。寒さを我慢している野良犬をみた男性は…? samusa
  4. 寒くても「制服ミニに生足」を女子高生が続ける理由が…斜め上すぎる!? mini
  5. 「耳が垂れていないといけない」という理由で犬を整形手術。そんな飼い主への反応は? tarete

アクセスランキング