動物

きっと犬には分かるんです。今、目の前にいる人間が自分の事をどう思っているのか。何の偏見も持たない少年の心が凍った犬の心を溶かしたのかもしれません。

henken


カナダ・モントリオール市では9月、ピットブルを新たに飼うことを禁止にする条例案が可決しました。また、飼い犬であっても、専門家が「危険」と判断した場合は安楽死させられるというのです。施行は10月から。

スタッフォードシャー・ブル・テリアやアメリカン・ピット・ブル・テリアなど数種類の犬やそれらの種類の混合種の犬を飼育する場合は、市の特別な許可を得る必要があるそうです。

この条例案は、6月にモントリオール市内に住む50代の女性が、近くの家から抜け出してきたピットブルに襲われ死亡した事件がきっかけだったのです。

品種の指定がピットブル系のみということもあり、条例案に反対していたモントリオール動物虐待防止協会(SPCA)は、可決した条例案は違法だとして、市に対して訴訟を起こすと発表しました。

歌手のシンディー・ローパーさんは「素晴らしいピットブルたちがたくさんいる。悪いのは犬ではない。誰がしつけをしたかだ。間違ったしつけを禁止すべき」とFacebookに投稿しています。その通りだと思います。

次のページでは、保護施設で人間にひどく怯える1匹のピットブル。ところがある日、少年に会わせてみると…かたくなに心を閉ざしていたピットブルが人間に歩み寄る奇跡の瞬間を画像と動画で紹介します。

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. houti 道路に放置された白い犬は…車に轢かれていた!見過ごせない一人の男…
  2. gorira アメリカ・オハイオ州の動物園で銃殺されたゴリラ。しかし、その直前…
  3. kamo 凍った湖でカモが溺れている!大変、可哀そう、分かってはいるけれど…
  4. kyouguu 同じ境遇におかれた二匹の野良犬。絆を支えに生き抜いてきた結果………
  5. ikigai 強面おじさんの生きがいは『猫』。22年間、野良猫たちに愛を注いで…
  6. koukai1 iPhone7のジェットブラックを買うと後悔する!?ジェットブラ…
  7. kaonasi1 「カオナシ」のコスチュームでハロウィンパーティーに参加した幼稚園…
  8. kumo すごい!まるで“クマのプーさん”みたい!ハチミツを食べ過ぎてリラ…

スポンサードリンク

新着記事

  1. 「どうして眠ったままなの?」そのインコの友達は、天国へ旅立ってしまったのでした inko
  2. 2年間も港で逃げ続けた犬。3日間に渡る捕獲作戦の後、捕まった犬の運命は…? minato
  3. 雪の降る寒い日。寒さを我慢している野良犬をみた男性は…? samusa
  4. 寒くても「制服ミニに生足」を女子高生が続ける理由が…斜め上すぎる!? mini
  5. 「耳が垂れていないといけない」という理由で犬を整形手術。そんな飼い主への反応は? tarete

アクセスランキング