動物

セメントで出られなくした水槽の中に子犬を入れる…奇跡的に小さな命は無事でしたが、これは虐待どころか虐殺にも値する行為です!

ペット大国・アメリカには代表的な2つの動物保護団体があります。『Humane Society of the United States(米国動物保護協会)』と『ASPCA(米国動物虐待防止協会)』です。

HSUSは政府から一部の資金援助を受けていますが、運営はほとんど寄付金で行っています。ASPCAは100%寄付金によって運営している非営利団体です。

ASPCAは約150年間にもおよぶ、アニマルポリスとしての歴史と経験を持つ機関です。その経験を活かすために現在は、警察学校で動物に関する犯罪捜査の指導も行っています。

HSUSの活動も重要です。現在は虐待・飼育放棄の捜査は警察に委ね、これまで培ってきた専門的な知識や経験をもって捜査に協力しています。

アメリカでは動物虐待は重犯罪として扱われ、すでに動物だけの問題ではないという意識が根付き始めているのです。

次のページでは、そんなアメリカで起こった“筆舌に尽くしがたい”とはこのことだ!というくらいの驚きの出来事を画像と動画で紹介します。



あなたにオススメの記事

関連記事

  1. アパートに住むギャルが家賃を半年滞納 → 大家「もう限界。出てい…
  2. 幸運にも通りがかった親子に助けられた悲惨な姿の野良猫・・・その後…
  3. 癖になる!!ディズニーの学習帳が斬新www→魅了された大人が取っ…
  4. 子猫を逃げられないようにして解体予定の建物に放置!誰が何のために…
  5. ハリウッドからのスカウト間違いなし!?名演技の野良犬を捉えた仰天…
  6. 幸運にも殺処分を免れた一匹の子犬。彼は6年後、人間を救う“災害救…
  7. なんと猫とロボットの切り絵を重ねると、誰もが知ってるあのキャラク…
  8. 心無い人間が、煙草の灰を車窓からポイ捨てした結果→けが人発生、眼…

新着記事

  1. 【これは許せない】批判殺到!スタバ店員が男性客にした最低な行為とは?
  2. 【衝撃】母親「これを飲みなさい元気が出る薬だから」と謎の白い液体を飲まされた結果…!
  3. 【これマジ!?】10歳位のかわいいカップルが結婚!!10歳で結婚ってできるの?
  4. 【恐怖】道端に「赤い封筒」が落ちていても絶対に拾ってはいけない!警察でも手を出せない衝撃の理由とは
  5. 【※適性検査※】この漫画を読んでイラッとした人は結婚に向いていません。あなたはどうですか?

アクセスランキング