動物

セメントで出られなくした水槽の中に子犬を入れる…奇跡的に小さな命は無事でしたが、これは虐待どころか虐殺にも値する行為です!

semento2


ペット大国・アメリカには代表的な2つの動物保護団体があります。『Humane Society of the United States(米国動物保護協会)』と『ASPCA(米国動物虐待防止協会)』です。

HSUSは政府から一部の資金援助を受けていますが、運営はほとんど寄付金で行っています。ASPCAは100%寄付金によって運営している非営利団体です。

ASPCAは約150年間にもおよぶ、アニマルポリスとしての歴史と経験を持つ機関です。その経験を活かすために現在は、警察学校で動物に関する犯罪捜査の指導も行っています。

HSUSの活動も重要です。現在は虐待・飼育放棄の捜査は警察に委ね、これまで培ってきた専門的な知識や経験をもって捜査に協力しています。

アメリカでは動物虐待は重犯罪として扱われ、すでに動物だけの問題ではないという意識が根付き始めているのです。

次のページでは、そんなアメリカで起こった“筆舌に尽くしがたい”とはこのことだ!というくらいの驚きの出来事を画像と動画で紹介します。

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. totuzen 突然死んでしまった母親象。その後に子象がとった行動とは?子象の母…
  2. robo なんと猫とロボットの切り絵を重ねると、誰もが知ってるあのキャラク…
  3. syaberi 話し方には気をつけましょう!「イラつくしゃべり方ランキングトップ…
  4. menonai 目のないセラピー犬『スマイリー』彼の笑顔が人々に笑顔をもたらす!…
  5. senaka どうやったらここまで変わるの?背中の曲がったおばあちゃんのビフォ…
  6. negai 癌で余命わずかなホームレスの唯一の願い・・・ずっとそばにいてくれ…
  7. touketu すご過ぎる!!新宿に時間凍結したオジサンが現れる
  8. robusu 青く光るロブスター!水揚げした中に200万分の1の確率のロブスタ…

スポンサードリンク

新着記事

  1. 24時間テレビは感動ポルノ!!障害者が暴露した「絶対に放送されない」部分とは 6
  2. 【❤️ 】リアディゾン復活wwさらに磨きのかかった黒船がこちらwww ➡︎ (画像複数) 5
  3. 【炎上…】田中みな実「胸が大きすぎてツライ」に批判殺到…大物芸能人を激怒させ、終了間近との声も…(画像あり) 4
  4. 【続報】上原美優の死にある大物芸能人が関わっていたことが発覚…そして遺書の謎が解き明かされる…(画像あり) 3
  5. 【ショック…】橋本カンナ「最近寝不足で…」同棲相手と深夜まで…❤️ していることが発覚(画像あり) 2

アクセスランキング