動物

大きな郵便受けを開けてみると・・・そこには弱った子猫が!!発見があと少し遅かったら・・・

yuubinuke


郵便受けに入っていたのはなんと子猫!!

yuubinuke1

デビー・マッキニーさんは、アメリカのミシガン州のエドワーズバーグに住んでいました。
ある日、手紙を取りに集合郵便受けに行った時のことでした。どこからか
「ニャー」という小さな鳴き声が聞こえてきたのです。

 

瀕死状態の子猫が助けを求めて鳴いています

デビーさんは鳴き声を聞きながら子猫を探し、見つけたところはなんと真ん中の大きな郵便受けの中でした。そこには、必死で助けを求める今にも死にそうで、目も開けられないほど辛そうな1匹の子猫がいたのです。

この後、子猫はどうなったのでしょう。続きは2ページめでどうぞ。

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. panku 我儘な男女がシェルターに持ち込んだ子犬。パンク状態にも関わらず、…
  2. seibetu きょうだい仲は性別次第?思わずドキッとする画像集
  3. bi-guru 14年間、檻の中で実験動物だったビーグル3匹。初めて自由を得た姿…
  4. kokuban 黒板に書かれたQRコード!なんと読み取れるらしい…!その気になる…
  5. gorira 一体なぜ、こんな事態に?黒人男性がゴリラに軽々と引きずられる映像…
  6. kanada 東日本大震災の津波で流されたバイクがカナダで発見される。しかし受…
  7. keikoku 愛犬が飼い主に癌の警告?!犬には癌の臭いを察知する能力があるので…
  8. saikai 保護施設で飼い主と再会し大喜びの犬・・・しかし飼い主が告げた言葉…

スポンサードリンク

新着記事

  1. 「どうして眠ったままなの?」そのインコの友達は、天国へ旅立ってしまったのでした inko
  2. 2年間も港で逃げ続けた犬。3日間に渡る捕獲作戦の後、捕まった犬の運命は…? minato
  3. 雪の降る寒い日。寒さを我慢している野良犬をみた男性は…? samusa
  4. 寒くても「制服ミニに生足」を女子高生が続ける理由が…斜め上すぎる!? mini
  5. 「耳が垂れていないといけない」という理由で犬を整形手術。そんな飼い主への反応は? tarete

アクセスランキング