動物

大きな郵便受けを開けてみると・・・そこには弱った子猫が!!発見があと少し遅かったら・・・

郵便受けに入っていたのはなんと子猫!!

yuubinuke1

デビー・マッキニーさんは、アメリカのミシガン州のエドワーズバーグに住んでいました。
ある日、手紙を取りに集合郵便受けに行った時のことでした。どこからか
「ニャー」という小さな鳴き声が聞こえてきたのです。

 

瀕死状態の子猫が助けを求めて鳴いています

デビーさんは鳴き声を聞きながら子猫を探し、見つけたところはなんと真ん中の大きな郵便受けの中でした。そこには、必死で助けを求める今にも死にそうで、目も開けられないほど辛そうな1匹の子猫がいたのです。

この後、子猫はどうなったのでしょう。続きは2ページめでどうぞ。



あなたにオススメの記事

関連記事

  1. 小さな町のハーフマラソンで驚きの快挙!飛び入り参加で見事に入賞し…
  2. 重度の火傷により前脚を失った犬。太平洋を越え、治療に専念した結果…
  3. 大好きなお母さんが、お風呂で溺れていたらどうしよう……そうだ!毎…
  4. 大人しくお留守番をしてくれていると思ったら・・・ハスキーが大暴れ…
  5. 「あ、ほら……落ちちゃうから!」猫のひとり遊びを見守るワンちゃん…
  6. 美しすぎて“奇跡”としか言いようがない…。スカイツリーを守るバリ…
  7. ジャガーもやっぱり猫だった!赤ちゃんジャガーの胸キュン行動
  8. 生体実験の末、孤島に捨てられたひとりぼっちのチンパンジー。それで…

新着記事

  1. 【これは許せない】批判殺到!スタバ店員が男性客にした最低な行為とは?
  2. 【衝撃】母親「これを飲みなさい元気が出る薬だから」と謎の白い液体を飲まされた結果…!
  3. 【これマジ!?】10歳位のかわいいカップルが結婚!!10歳で結婚ってできるの?
  4. 【恐怖】道端に「赤い封筒」が落ちていても絶対に拾ってはいけない!警察でも手を出せない衝撃の理由とは
  5. 【※適性検査※】この漫画を読んでイラッとした人は結婚に向いていません。あなたはどうですか?

アクセスランキング