動物

大きな郵便受けを開けてみると・・・そこには弱った子猫が!!発見があと少し遅かったら・・・

yuubinuke


郵便受けに入っていたのはなんと子猫!!

yuubinuke1

デビー・マッキニーさんは、アメリカのミシガン州のエドワーズバーグに住んでいました。
ある日、手紙を取りに集合郵便受けに行った時のことでした。どこからか
「ニャー」という小さな鳴き声が聞こえてきたのです。

 

瀕死状態の子猫が助けを求めて鳴いています

デビーさんは鳴き声を聞きながら子猫を探し、見つけたところはなんと真ん中の大きな郵便受けの中でした。そこには、必死で助けを求める今にも死にそうで、目も開けられないほど辛そうな1匹の子猫がいたのです。

この後、子猫はどうなったのでしょう。続きは2ページめでどうぞ。

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. kagee これぞ究極の影絵!謎めいた球体に宿る三つの存在
  2. zisin 地震から5日後に助け出された小さな命!「あの子を助けて…」飼い主…
  3. onaka 妊娠中のお腹を必死に守る猫!でも、それは自分のお腹ではなく飼い主…
  4. imanimo 今にも死にそうなワンちゃんを献身的な介護で助けたインドの「Ani…
  5. itigo 「え、どうして!?」美味しそうなイチゴを猫に見せた結果……
  6. guuzen 偶然が招いた奇跡。亡き愛犬とインターネットで再会した女性
  7. kouun 幸運にも殺処分を免れた一匹の子犬。彼は6年後、人間を救う“災害救…
  8. manin 満員すぎて電車に乗れない受験生の女子中学生。すると男子中学生が驚…

スポンサードリンク

新着記事

  1. ワンコ用に塀に3つの穴を開けた結果、鼻がすっぽりハマり面白い姿に スクリーンショット 2017-04-21 17.35.26
  2. 「どうして眠ったままなの?」そのインコの友達は、天国へ旅立ってしまったのでした inko
  3. 2年間も港で逃げ続けた犬。3日間に渡る捕獲作戦の後、捕まった犬の運命は…? minato
  4. 雪の降る寒い日。寒さを我慢している野良犬をみた男性は…? samusa
  5. 寒くても「制服ミニに生足」を女子高生が続ける理由が…斜め上すぎる!? mini

アクセスランキング