動物

ゴミ収集作業現場に迷い込んできた後ろ足に大怪我をした子猫。優しい人との出会いで、見違えるほど元気になりました!

genba1


アメリカ・ニュージャージー州に住むジェームズ・ライアンさんが子猫に出会ったのは、彼が勤めるゴミ収集の作業場でした。

仕事柄、ジェームズさんの朝は早く、その日もいつものように午前4時には現場に到着していました。そして、いつもの一日が始まるはずだったのですが…。

職場の同僚が、ゴミ捨て場で飛び出してきた子猫を見かけたと言うのです。見かけてから、あまり時間は経っておらず、どこに隠れたのか姿が見えなくなってしまったとのことでした。

それを聞いた“猫好き”のジェームズさんは、現場が車の通りも多い場所だったため子猫の身が案じられ、とても放っておくことができませんでした。

次のページで、ひどい状態で保護された子猫が、ジェームズさんや周囲の人たちの愛情で元気になっていく様子を画像で紹介します。

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. ahiru アヒルたちからご飯を守るのだ!ちっこいワンコが奮闘する姿に心がほ…
  2. sikkari 「しっかり運転しろよ!」マナーの悪い客たちに罵倒を浴びせられた女…
  3. manbiki 万引きGメンに捕まえられたおじいさん。しかしおじいさんへ3万円渡…
  4. itigo 「え、どうして!?」美味しそうなイチゴを猫に見せた結果……
  5. sai サイの赤ちゃんが突然心肺停止!果たして助かるのか!?必死の心肺蘇…
  6. pasokon パソコンのパスワードを誤入力すると写真がスマホに送られてくるシス…
  7. ote ふわふわぽわぽわの子犬♪調子に乗ってお手を要求したら、こうなった…
  8. tunami 地震になれてしまっていませんか?本当に怖い地震と津波について。

スポンサードリンク

新着記事

  1. 「どうして眠ったままなの?」そのインコの友達は、天国へ旅立ってしまったのでした inko
  2. 2年間も港で逃げ続けた犬。3日間に渡る捕獲作戦の後、捕まった犬の運命は…? minato
  3. 雪の降る寒い日。寒さを我慢している野良犬をみた男性は…? samusa
  4. 寒くても「制服ミニに生足」を女子高生が続ける理由が…斜め上すぎる!? mini
  5. 「耳が垂れていないといけない」という理由で犬を整形手術。そんな飼い主への反応は? tarete

アクセスランキング