動物

母犬に足を噛みちぎられた子犬。その悲劇に救いの手を差し伸べた動物とは。

asiwo


小さい子供にとって、母親からの愛情は一番重要なものです。
それなしには生きていくことが難しい。

しかし、母犬のストレスから、実の子犬を傷つけてしまうことがあります。
今回のケースでは母犬が、子犬の左前足を噛みちぎってしまいました。
とても残念なことです。

他には亡くなってしまった子犬もいたのですが、前足を失った子犬は現在の飼い主「エールさん」によって救われました。
エールさんは他の子犬も全て引き取り、この前足を失った子犬は「ニコラス」と名付けられました。

そのニコラス。
今では『幸運の犬』と呼ばれてしあわせに過ごしています。
その看病のために愛情を注いだのはニールさんだけではありませんでした。
ある動物も一緒になって愛情を注いだのです。

そんなストーリーをご紹介します。

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. sinkousei 新しい家族と暮らすために、進行性の病気の犬がシェルターで過ごした…
  2. tyuuken 飼い主を1年間も待ち続けたタイの忠犬…車にひかれ事故死。悲しすぎ…
  3. bosyuu 保護動物の里親募集。ペットショップのケージでやってみると…?
  4. kanban,jpg 『看板猫よ、永遠に!』イギリスで有名だったスーパーの看板猫ブルー…
  5. magamo マガモの一家がサッカーの試合中フィールドに乱入!審判のとった粋な…
  6. kasige なんでそんなところに!?どーゆーこと?と首を傾げたくなるような光…
  7. settyaku 接着剤で前足と頬をくっつけられた瀕死の子猫。懸命な治療により奇跡…
  8. kurumakara 虐待され、走行中の車から投げ捨てられた2匹の犬…それでも人間を信…

スポンサードリンク

新着記事

  1. ワンコ用に塀に3つの穴を開けた結果、鼻がすっぽりハマり面白い姿に スクリーンショット 2017-04-21 17.35.26
  2. 「どうして眠ったままなの?」そのインコの友達は、天国へ旅立ってしまったのでした inko
  3. 2年間も港で逃げ続けた犬。3日間に渡る捕獲作戦の後、捕まった犬の運命は…? minato
  4. 雪の降る寒い日。寒さを我慢している野良犬をみた男性は…? samusa
  5. 寒くても「制服ミニに生足」を女子高生が続ける理由が…斜め上すぎる!? mini

アクセスランキング