動物

母犬に足を噛みちぎられた子犬。その悲劇に救いの手を差し伸べた動物とは。

asiwo


小さい子供にとって、母親からの愛情は一番重要なものです。
それなしには生きていくことが難しい。

しかし、母犬のストレスから、実の子犬を傷つけてしまうことがあります。
今回のケースでは母犬が、子犬の左前足を噛みちぎってしまいました。
とても残念なことです。

他には亡くなってしまった子犬もいたのですが、前足を失った子犬は現在の飼い主「エールさん」によって救われました。
エールさんは他の子犬も全て引き取り、この前足を失った子犬は「ニコラス」と名付けられました。

そのニコラス。
今では『幸運の犬』と呼ばれてしあわせに過ごしています。
その看病のために愛情を注いだのはニールさんだけではありませんでした。
ある動物も一緒になって愛情を注いだのです。

そんなストーリーをご紹介します。

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. miruku ミルクを飲んでいた子猫ちゃん、突然固まる!?可愛すぎるその理由と…
  2. zannin 保健所の現実・・・人間の残忍性が凝縮された一枚の写真。恐怖で失禁…
  3. mappu 飼い主を10年間待ち続けていた犬を保護。見つけた方法は、なんとG…
  4. nezou1 寝相で判断できる。8タイプの隠れた性格!!
  5. rihuto 工場に迷い込んだ子猫がフォークリフトと接触し瀕死の状態に!けれど…
  6. ohuro 「さあ、お風呂に入るよ!」「ひえぇええ~」赤ちゃん子ザルの入浴シ…
  7. yaseini 人間に育てられ、野生に還されたライオン。育ての親をライオンは覚え…
  8. gokai 日本中が勝手に驚く事案発生。勝手に誤解したけれど、あなたは?

スポンサードリンク

新着記事

  1. 「どうして眠ったままなの?」そのインコの友達は、天国へ旅立ってしまったのでした inko
  2. 2年間も港で逃げ続けた犬。3日間に渡る捕獲作戦の後、捕まった犬の運命は…? minato
  3. 雪の降る寒い日。寒さを我慢している野良犬をみた男性は…? samusa
  4. 寒くても「制服ミニに生足」を女子高生が続ける理由が…斜め上すぎる!? mini
  5. 「耳が垂れていないといけない」という理由で犬を整形手術。そんな飼い主への反応は? tarete

アクセスランキング