動物

生活を強制され闘犬に使われたピットブル。自由を手に入れた途端に優しい笑顔で世界中を夢中にさせました!

touken


残忍さしか知らない犬

闘犬をご存知でしょうか?犠牲を払い、戦う。

元から生き物に対して優しさを持つことなく育てられてしまう。

そんな運命の闘犬。最近では世界的な動きを見せ、禁止されることが多くなったスポーツ…いえ、殺し合いです。

今回のお話は、闘犬に自由をもたらすと、素晴らしいほどに優しく素敵な笑顔を見せてくれるという、そんなお話です。

自由を手に入れる闘犬たち

touken1

2013年8月13日のこと。

アメリカの闘犬関係者の厳しい取り締まりが始まりました。

その時に、350頭以上の元闘犬たちが飼い主たちの元から自由になりました。

劣悪な環境と精神状態

ご存じかはわかりませんが、闘犬が飼育されている環境はとても劣悪なもの。

狭い小屋に鎖でつながれて、残忍なとても耐えられないようなことを進んでするように教育されていたのです。

精神的にも傷ついた子が多かったこともわかると思います。

保護団体が救出した闘犬のうちの1頭、ティミー・クーパーと名付けられたピットブルの子犬がいました。

見るからにまだまだ子犬です。ですが、とても重そうな鎖でつながれています。

さて、この子犬…このあとどういう運命をたどったのでしょうか?

次のページでご覧ください!

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. arasi 頻発していた車上荒らしが激減。犯行の抑止力になったのは、たった一…
  2. suzume 「誰か……誰か、助けて…」寒さで足が貼りついてしまったスズメを救…
  3. manin 満員すぎて電車に乗れない受験生の女子中学生。すると男子中学生が驚…
  4. kodoku 最期を孤独にしないために寄り添う犬の姿に胸が痛む。。。
  5. zittai 深い闇!「死の動物園」の実態があまりに悲惨で心が痛む!
  6. okunai ゴールデンレトリバー御一行。屋内の“あるもの”に揃って首ったけ!…
  7. ihai 大好きだった愛犬とよく一緒に遊んだ公園に愛犬の遺灰を撒いてあげる…
  8. arukikata1 歩き方であなたの性格が分かっちゃう!?歩き方診断の画像が面白いと…

スポンサードリンク

新着記事

  1. 「どうして眠ったままなの?」そのインコの友達は、天国へ旅立ってしまったのでした inko
  2. 2年間も港で逃げ続けた犬。3日間に渡る捕獲作戦の後、捕まった犬の運命は…? minato
  3. 雪の降る寒い日。寒さを我慢している野良犬をみた男性は…? samusa
  4. 寒くても「制服ミニに生足」を女子高生が続ける理由が…斜め上すぎる!? mini
  5. 「耳が垂れていないといけない」という理由で犬を整形手術。そんな飼い主への反応は? tarete

アクセスランキング