動物

新しい家族と暮らすために、進行性の病気の犬がシェルターで過ごしたのは200日以上!

sinkousei


シェルターで、ひたすら自分を引き取ってくれる家族を待ち続ける犬の名前は「パドレ」。同じシェルターの仲間たちは次々と新しい家族とシェルターを去っていきます。でもパドレは、その日が来るまでシェルターで待ち続けるしかないのです。

パドレのかつての飼い主は、彼が『変性性脊髄症』という進行性の病気になったことで、あろうことかカナダ・オンタリオ州のシェルターに入れてしまったのです。本当は徐々に体の自由が奪われていく病気になったパドレにこそ飼い主の愛情が必要なのに…。

症状は悪化していき、ますますパドレが幸せに暮らせる家族を見つけるのが困難になっていました。シェルターを訪れる人たちはパドレのケージの前には立ち止まってはくれません。クレアさんは、人間がパドレの強く、明るい愛情に溢れた内面に気づかず、彼の痛みや苦しみしか想像してくれないことを嘆いていました。

そして、シェルターで200日以上も暮らしているパドレが人間の愛情に包まれずに、このままシェルターで亡くなってしまうのではないかと心配していました。

そんなパドレにようやく幸せの兆しが!シェルターで歩くパドレやスタッフや新しい家族と満たされた表情のパドレの画像を紹介させていただきます。

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. miruku 1つのミルクを取り合う2匹の猫が火花を散らす。静か〜な戦いが可愛…
  2. kanagawa 犬と猫の殺処分をなくした神奈川県の新しい取り組み
  3. ahiru アヒルたちからご飯を守るのだ!ちっこいワンコが奮闘する姿に心がほ…
  4. oran こんなになるまで…どうして?この瀕死のオランウータンの赤ちゃんの…
  5. rikuni 陸に打ち上げられた魚に、一生懸命に水をかける犬の動画が話題に!!…
  6. hikarete ひかれていた犬を救ったバスの運転手、営業中にも関わらず命を大切に…
  7. tentyou お客さまは神様?『大学行かないとこの人みたいになるのよ』と罵る客…
  8. hal 有名なHALのCMは学生の造ったものではなかった!?まさかの事実…

スポンサードリンク

新着記事

  1. ワンコ用に塀に3つの穴を開けた結果、鼻がすっぽりハマり面白い姿に スクリーンショット 2017-04-21 17.35.26
  2. 「どうして眠ったままなの?」そのインコの友達は、天国へ旅立ってしまったのでした inko
  3. 2年間も港で逃げ続けた犬。3日間に渡る捕獲作戦の後、捕まった犬の運命は…? minato
  4. 雪の降る寒い日。寒さを我慢している野良犬をみた男性は…? samusa
  5. 寒くても「制服ミニに生足」を女子高生が続ける理由が…斜め上すぎる!? mini

アクセスランキング