考える

保健所の在り方を知った小学生が綴った作文『78円の命』が話題に

hoken


動物の命は本当に78円か?多くの人に問いかける作文

命の価値を問いかける作文『78円の命』が、いま再び脚光を浴びています。はじめの公開は2012年で、当時小学六年生だった谷山千華さんの作品です。作文を通じ谷山さんは、動物たちの命の価値と、殺処分の在り方について私たちに問いかけます。

 

彼女が作文を綴った切っ掛け

hoken1
切っ掛けは一匹の雌猫でした。谷山さんがつけた呼び名は、キキ。ジブリ映画『魔女の宅急便』に登場する黒猫に姿が似ていることから、名付けられました。キキはとても人懐っこい性格で、谷山さんが呼び掛けるとついて回ったと言います。また、その愛嬌で近所の人からも可愛がられていました。そのため野良猫というよりは、地域猫に近い存在だったといえるでしょう。出会った頃は子猫だったキキは順調に成長し、成猫の仲間入りをしました。

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. hiyoko1 「ヒヨコを試験管に入れ、完全にすりつぶすと何が失われるか」という…
  2. menonai 目のないセラピー犬『スマイリー』彼の笑顔が人々に笑顔をもたらす!…
  3. touken 格闘家、兼愛犬家の山本KIDが闘犬について物申す!格闘家だからこ…
  4. kanzya 若い患者の命を救うことができなかったER医師…崩れ落ち、打ちひし…
  5. mesen カメラを取り付け、犬の目線でインドの野良犬たちの現状を見てみまし…
  6. yamete 『もうやめて!』動物園の前に捨て猫が…『保護できません』動物園の…
  7. sabetu フィリピンのある村の差別が衝撃的すぎると話題に。あまりの残酷さに…
  8. ri-do エレベーターにリードが挟まり犬が宙づりに!?大事故寸前の映像に衝…

スポンサードリンク

新着記事

  1. 「どうして眠ったままなの?」そのインコの友達は、天国へ旅立ってしまったのでした inko
  2. 2年間も港で逃げ続けた犬。3日間に渡る捕獲作戦の後、捕まった犬の運命は…? minato
  3. 雪の降る寒い日。寒さを我慢している野良犬をみた男性は…? samusa
  4. 寒くても「制服ミニに生足」を女子高生が続ける理由が…斜め上すぎる!? mini
  5. 「耳が垂れていないといけない」という理由で犬を整形手術。そんな飼い主への反応は? tarete

アクセスランキング