考える

HIV感染者が「私に触れて!(TOUCH ME!)」と書いたボードを置いて立っていたら。あなたは触れますか?

kansen


最近、あまり耳にしなくなったHIVですが、逆に誤解や偏見が強くなってはいないでしょうか?

HIVは『ヒト免疫不全ウイルス』が正式名称で、HIVに感染することによって発症する病気が“エイズ(AIDS)”。正式名称は『後天性免疫不全症候群』といいます。ですからHIV=エイズではありません。かつて“エイズ”は、死の病として世界中を震撼させました。

そもそもHIVとは?人の身体を様々な細菌やウイルスから守る機能を免疫と呼びますが、HIVはその免疫の働きを助ける役目を持つリンパ球や細胞を破壊してしまうウイルスなのです。そのためHIVに感染すると免疫機能が低下し病気に対する抵抗力が弱くなります。子どもが感染したらリスクは相当高くなると考えられますね。

次のページで、HIVに対する誤解や偏見に立ち向かうため、思い切った行動に出た男性の画像や動画を紹介したいと思います。彼自身にも、そして彼にためらいもなくハグをする人たちにも感動します。

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. hoken 保健所の在り方を知った小学生が綴った作文『78円の命』が話題に
  2. sabetu フィリピンのある村の差別が衝撃的すぎると話題に。あまりの残酷さに…
  3. satuei 『動物の撮影にフラッシュを使うのはやめて!』無許可でフラッシュ撮…
  4. zyuumin 住民からの「子どもの声がうるさい」という苦情に対して、管理人が配…
  5. sugimoto1 衝撃のペット販売方法。その異常さを訴える杉本彩さんの意見がネット…
  6. matanithi 「マタニティマーク」って知ってる?妊婦を助けるマークのはずが、危…
  7. hiyoko1 「ヒヨコを試験管に入れ、完全にすりつぶすと何が失われるか」という…
  8. ziheisyou1 自閉症の弟をからかう近所の小学生。その時、兄が毅然とした態度で言…

スポンサードリンク

新着記事

  1. 犬を飼いたい子供に対して、犬を飼いたくない父親が作った『契約書』が厳しすぎる・・・ seiyaku
  2. デカすぎたり、小さすぎたり…アニメのストーリーより気になるワンシーン画像集 dekasugi
  3. 喉の乾いた犬に手で水を汲み飲ませてくれた女性!!感謝した野良犬は次第に心を開いた! nodono
  4. 自宅で倒れた主人を愛犬が救った!愛犬はどのようにして主人を救ったのでしょうか?そんな奇跡の感動救出劇とは!! zitakude
  5. 大好きな飼い主さんと“散歩”に出発・・・あれ!何だかいつもと違うような?本当の目的に気づいてしまったワンコのビビる様子が可愛い! mokuteki

アクセスランキング

PAGE TOP