動物

自分を犬だと思っているキツネ。大好きな人に甘える姿は本当に犬のよう!

kitune


保護されたキツネの『ドーン』

子供の頃、犬と間違われ犬の保護施設に保護されたアカギツネのドーン。

施設のスタッフたちがキツネだと気がついたときにはドーンは人にすっかり慣れ、犬のような仕草を見せるようになっていました。

ドーンは人懐っこすぎて野生に戻すのは難しいため、イギリスにある野生動物保護区で暮らすことになりました。

そんなドーンが大好きなのが、職員のジェフさん。
ジェフさんがやってくると尻尾をブンブン振って犬のように喜びます。

ドーンがジェフさんに甘えるとても可愛い動画をご覧下さい。

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. yoppara 酔っぱらった男が動物園のライオン舎に!本当は、人間の“自己責任”…
  2. kusari 鎖に繋がれ自由を奪われていた牛が鎖から解放された時の反応に胸が張…
  3. kurumakara 走行中の車から投げ捨てられた瀕死の子猫。懸命な看護による奇跡的な…
  4. hinsi 保護された瀕死の子猫。助かる見込みはないと獣医師に告げられても看…
  5. mizukara 自らの危険を顧みず動物たちを救おうとする人々の姿に胸が熱くなる!…
  6. bideo 10年間を一緒に過ごした家族が亡くなり深く悲しむ猫に生前のビデオ…
  7. zyaga ジャガーもやっぱり猫だった!赤ちゃんジャガーの胸キュン行動
  8. onaka 妊娠中のお腹を必死に守る猫!でも、それは自分のお腹ではなく飼い主…

スポンサードリンク

新着記事

  1. ワンコ用に塀に3つの穴を開けた結果、鼻がすっぽりハマり面白い姿に スクリーンショット 2017-04-21 17.35.26
  2. 「どうして眠ったままなの?」そのインコの友達は、天国へ旅立ってしまったのでした inko
  3. 2年間も港で逃げ続けた犬。3日間に渡る捕獲作戦の後、捕まった犬の運命は…? minato
  4. 雪の降る寒い日。寒さを我慢している野良犬をみた男性は…? samusa
  5. 寒くても「制服ミニに生足」を女子高生が続ける理由が…斜め上すぎる!? mini

アクセスランキング