動物

最期を孤独にしないために寄り添う犬の姿に胸が痛む。。。

kodoku


セラピー犬の“JJ”

アメリカはオレゴン州オールバニにあるサマリタン・エバーグリーン・ホスピス(Samaritan Evergreen Hospice House)という場所で、患者さんのケアをしている犬が存在しているのをご存知ですか?それがセラピー犬と呼ばれている犬なのです。

そもそもホスピスとはターミナルケア(終末期ケア)を行う施設のこと。 または在宅で行うターミナルケアのことで、治療の末に最期を迎える患者さんたちのケアを行う施設です。

そこで働いているのが今回登場している“JJ”というセラピー犬なのです。

 

続きは次のページからご覧ください!!!

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. mouitido 結婚式の記憶を失った花嫁に新郎が伝えた言葉は「もう一度結婚式をし…
  2. hairitai 「どーしても家に入りたい」動物たちの面白画像15選!
  3. siro 実験犬として、実験や虐待を繰り返し行われるという悲惨すぎる生活を…
  4. raion サーカスで13年間頑張ったライオン。そんなライオンが初めて土の上…
  5. senzyou 『僕はここにいる!!』命を懸けて守ったものそれは、戦闘の続く街で…
  6. sensou 生きて帰れるかどうかなんて分からない過酷な戦争!戦地へ赴く前日に…
  7. mousyo 車内に犬が!猛暑の中、車内に取り残された“命”を助けるために男性…
  8. tigausugata 酸をかけられ重傷を負ってしまい違う姿になってしまった父親への2歳…

スポンサードリンク

新着記事

  1. ワンコ用に塀に3つの穴を開けた結果、鼻がすっぽりハマり面白い姿に スクリーンショット 2017-04-21 17.35.26
  2. 「どうして眠ったままなの?」そのインコの友達は、天国へ旅立ってしまったのでした inko
  3. 2年間も港で逃げ続けた犬。3日間に渡る捕獲作戦の後、捕まった犬の運命は…? minato
  4. 雪の降る寒い日。寒さを我慢している野良犬をみた男性は…? samusa
  5. 寒くても「制服ミニに生足」を女子高生が続ける理由が…斜め上すぎる!? mini

アクセスランキング