動物

最期を孤独にしないために寄り添う犬の姿に胸が痛む。。。

kodoku


セラピー犬の“JJ”

アメリカはオレゴン州オールバニにあるサマリタン・エバーグリーン・ホスピス(Samaritan Evergreen Hospice House)という場所で、患者さんのケアをしている犬が存在しているのをご存知ですか?それがセラピー犬と呼ばれている犬なのです。

そもそもホスピスとはターミナルケア(終末期ケア)を行う施設のこと。 または在宅で行うターミナルケアのことで、治療の末に最期を迎える患者さんたちのケアを行う施設です。

そこで働いているのが今回登場している“JJ”というセラピー犬なのです。

 

続きは次のページからご覧ください!!!

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. ahiru アヒルたちからご飯を守るのだ!ちっこいワンコが奮闘する姿に心がほ…
  2. orau 窓ガラスが傷つくほど石で叩くオランウータンと人間の笑い声の対比が…
  3. moratte 「誰か、ボクのこともらって!」メッセージを持った写真によって幸せ…
  4. migime 何者かに酸をかけられた猫…右目を失ってしまった猫の行く先は!
  5. meiwaku 寒いので洋服を初めて犬に着せてあげた・・・飼い主の善意はありがた…
  6. tatou 『多頭飼育崩壊』とは、これ程までヒドイものなの?劣悪な環境の中で…
  7. oogata さにジェントルワン(マン)!子犬に対応する大型犬の態度にほっこり…
  8. iwano 2日間も岩の間に挟まれて身動きが取れなかった子猫・・・無事に救出…

スポンサードリンク

新着記事

  1. ハリウッドからのスカウト間違いなし!?名演技の野良犬を捉えた仰天動画 engi
  2. 「電車が遅れたら運転士の給料を下げろ」とか文句を言う人は、2005年に起きたあの事故を知らないんだろうな・・・ tien
  3. 誤発注の悲劇……迫る消費期限!苦悩する店員!しかし、まさかの結末に! hattyuu
  4. 階段を上る子猫ちゃん。優しすぎる大型犬の行動に胸キュン♡ kaidan
  5. 火災現場から救助された二匹の犬。呼吸が浅い犬のため消防士が取った行動に感動の涙。。。 kasai

アクセスランキング