動物

人間に育てられ、野生に還されたライオン。育ての親をライオンは覚えているのか?

yaseini


1969年。
ロンドンのある百貨店で、客寄せのためにライオンが売られていました。
それを不憫に思った二人のオーストラリア青年はライオンを引き取り、育てることにしました。

赤ちゃんライオンは「クリスチャン」と名付けられ、愛情をたっぷりと受け育てられました。
すくすくと大きくなり80kgとなったクリスチャン。
これ以上ロンドンで育てるのは無理だ。と判断した二人はクリスチャンを野生に還す計画をたてました。

二人はケニアの野生保護活動家に協力を求め、野生に戻すリハビリを始めました。
そのおかげで、クリスチャンをケニアの大地に戻すことに成功しました。

さて、その1年後。
二人はケニアを訪れ、クリスチャンに再会することができました。
クリスチャンは二人を覚えていたのでしょうか。

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. mioti ネコが指を噛んでくる時。そのネコの気持ちを知っていますか?ネコが…
  2. pika なぜ、こんなことを?!「ポケモンGO」のブームの陰で被害は犬にま…
  3. ta-ru1 タールまみれで発見された子犬。瀕死の状況の中、動物保護団体の懸命…
  4. nouryoku もしかしたら超能力者?不思議な力で動物たちの心を救う『猫』がいる…
  5. raion 百獣の王ライオンが少女にキスを送られると…驚きの反応
  6. tabetai ご主人のお魚食べたい・・・でも怒られるかな・・・とある猫ちゃんの…
  7. uru 犬の足を治してあげたい…大切にしているオモチャを売ることを決意し…
  8. moratte 「誰か、ボクのこともらって!」メッセージを持った写真によって幸せ…

スポンサードリンク

新着記事

  1. ワンコ用に塀に3つの穴を開けた結果、鼻がすっぽりハマり面白い姿に スクリーンショット 2017-04-21 17.35.26
  2. 「どうして眠ったままなの?」そのインコの友達は、天国へ旅立ってしまったのでした inko
  3. 2年間も港で逃げ続けた犬。3日間に渡る捕獲作戦の後、捕まった犬の運命は…? minato
  4. 雪の降る寒い日。寒さを我慢している野良犬をみた男性は…? samusa
  5. 寒くても「制服ミニに生足」を女子高生が続ける理由が…斜め上すぎる!? mini

アクセスランキング