動物

人間に育てられ、野生に還されたライオン。育ての親をライオンは覚えているのか?

yaseini


1969年。
ロンドンのある百貨店で、客寄せのためにライオンが売られていました。
それを不憫に思った二人のオーストラリア青年はライオンを引き取り、育てることにしました。

赤ちゃんライオンは「クリスチャン」と名付けられ、愛情をたっぷりと受け育てられました。
すくすくと大きくなり80kgとなったクリスチャン。
これ以上ロンドンで育てるのは無理だ。と判断した二人はクリスチャンを野生に還す計画をたてました。

二人はケニアの野生保護活動家に協力を求め、野生に戻すリハビリを始めました。
そのおかげで、クリスチャンをケニアの大地に戻すことに成功しました。

さて、その1年後。
二人はケニアを訪れ、クリスチャンに再会することができました。
クリスチャンは二人を覚えていたのでしょうか。

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. kirai お風呂大っ嫌いワンコ。必死に抵抗するも最後はバスタブに向かう姿が…
  2. siba 可愛すぎる生後二か月の柴犬に大勢がキュン死
  3. kizetu 「大丈夫ですか!?」「……」路上で気絶している猫を助けた結果
  4. hokou 引き取った子犬が歩行不能になった…しかし「ある治療法」で走り回る…
  5. iwano 2日間も岩の間に挟まれて身動きが取れなかった子猫・・・無事に救出…
  6. randoseru ランドセル占拠に成功した“ドヤ顔猫ちゃん”!スッポリ収まる猫ちゃ…
  7. tobiraga 危機一髪!エレベーターに犬を乗せる前に扉が閉じてしまった!犬の命…
  8. pasokon パソコンのパスワードを誤入力すると写真がスマホに送られてくるシス…

スポンサードリンク

新着記事

  1. 「どうして眠ったままなの?」そのインコの友達は、天国へ旅立ってしまったのでした inko
  2. 2年間も港で逃げ続けた犬。3日間に渡る捕獲作戦の後、捕まった犬の運命は…? minato
  3. 雪の降る寒い日。寒さを我慢している野良犬をみた男性は…? samusa
  4. 寒くても「制服ミニに生足」を女子高生が続ける理由が…斜め上すぎる!? mini
  5. 「耳が垂れていないといけない」という理由で犬を整形手術。そんな飼い主への反応は? tarete

アクセスランキング