動物

人間に育てられ、野生に還されたライオン。育ての親をライオンは覚えているのか?

yaseini


1969年。
ロンドンのある百貨店で、客寄せのためにライオンが売られていました。
それを不憫に思った二人のオーストラリア青年はライオンを引き取り、育てることにしました。

赤ちゃんライオンは「クリスチャン」と名付けられ、愛情をたっぷりと受け育てられました。
すくすくと大きくなり80kgとなったクリスチャン。
これ以上ロンドンで育てるのは無理だ。と判断した二人はクリスチャンを野生に還す計画をたてました。

二人はケニアの野生保護活動家に協力を求め、野生に戻すリハビリを始めました。
そのおかげで、クリスチャンをケニアの大地に戻すことに成功しました。

さて、その1年後。
二人はケニアを訪れ、クリスチャンに再会することができました。
クリスチャンは二人を覚えていたのでしょうか。

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. dougu 飼い主が手作りした介助道具が画期的!目がみえなくなったチワワのた…
  2. keikoku 愛犬が飼い主に癌の警告?!犬には癌の臭いを察知する能力があるので…
  3. nanikawo バイクで走行中の男性が何かを発見。彼がとった驚きの行動とは…
  4. sinrai たとえ捨てられても人を信頼することを忘れない犬、その純粋さに感動…
  5. abura 油の缶に転落し、長時間油に浸かってしまった猫・・・レスキュー隊に…
  6. onii 「今日から、僕もお兄ちゃんか…!」先住犬と新入り子犬の日常をちょ…
  7. katatoki 少女のそばを片時も離れない犬。感謝の気持ちの込められた犬への特別…
  8. piza パソコンの陰からピザを盗む猫。その姿が巧妙すぎる…

スポンサードリンク

新着記事

  1. ワンコ用に塀に3つの穴を開けた結果、鼻がすっぽりハマり面白い姿に スクリーンショット 2017-04-21 17.35.26
  2. 「どうして眠ったままなの?」そのインコの友達は、天国へ旅立ってしまったのでした inko
  3. 2年間も港で逃げ続けた犬。3日間に渡る捕獲作戦の後、捕まった犬の運命は…? minato
  4. 雪の降る寒い日。寒さを我慢している野良犬をみた男性は…? samusa
  5. 寒くても「制服ミニに生足」を女子高生が続ける理由が…斜め上すぎる!? mini

アクセスランキング