動物

人間に育てられ、野生に還されたライオン。育ての親をライオンは覚えているのか?

yaseini


1969年。
ロンドンのある百貨店で、客寄せのためにライオンが売られていました。
それを不憫に思った二人のオーストラリア青年はライオンを引き取り、育てることにしました。

赤ちゃんライオンは「クリスチャン」と名付けられ、愛情をたっぷりと受け育てられました。
すくすくと大きくなり80kgとなったクリスチャン。
これ以上ロンドンで育てるのは無理だ。と判断した二人はクリスチャンを野生に還す計画をたてました。

二人はケニアの野生保護活動家に協力を求め、野生に戻すリハビリを始めました。
そのおかげで、クリスチャンをケニアの大地に戻すことに成功しました。

さて、その1年後。
二人はケニアを訪れ、クリスチャンに再会することができました。
クリスチャンは二人を覚えていたのでしょうか。

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. kansya 『助けてくれてありがとう』殺処分の直前、命を救ってもらえた猫、ヘ…
  2. saigomade 最後まで人々に尽くして天国へ行った素晴らしい救助犬
  3. hanani 鼻にストローが詰まり、呼吸困難なウミガメ。絶対に海にゴミを捨てて…
  4. ubau 観光客の与えたソーセージがクマの尊い命を奪う結果に・・・
  5. tasuke 助けを求めて警察署にやってきた野良猫。それには驚きの理由があった…
  6. bengaru 悪徳ブリーダーに子猫を産んでは取り上げられていたベンガル猫。救い…
  7. kazai 家財道具と一緒に捨てられた犬『ブー』。1ヶ月以上飼い主が戻ってく…
  8. sati 動物たちに幸あれ!ある保護シェルターが迎えた『最も幸福な日』

スポンサードリンク

新着記事

  1. ハリウッドからのスカウト間違いなし!?名演技の野良犬を捉えた仰天動画 engi
  2. 「電車が遅れたら運転士の給料を下げろ」とか文句を言う人は、2005年に起きたあの事故を知らないんだろうな・・・ tien
  3. 誤発注の悲劇……迫る消費期限!苦悩する店員!しかし、まさかの結末に! hattyuu
  4. 階段を上る子猫ちゃん。優しすぎる大型犬の行動に胸キュン♡ kaidan
  5. 火災現場から救助された二匹の犬。呼吸が浅い犬のため消防士が取った行動に感動の涙。。。 kasai

アクセスランキング