動物

人間に育てられ、野生に還されたライオン。育ての親をライオンは覚えているのか?

yaseini


1969年。
ロンドンのある百貨店で、客寄せのためにライオンが売られていました。
それを不憫に思った二人のオーストラリア青年はライオンを引き取り、育てることにしました。

赤ちゃんライオンは「クリスチャン」と名付けられ、愛情をたっぷりと受け育てられました。
すくすくと大きくなり80kgとなったクリスチャン。
これ以上ロンドンで育てるのは無理だ。と判断した二人はクリスチャンを野生に還す計画をたてました。

二人はケニアの野生保護活動家に協力を求め、野生に戻すリハビリを始めました。
そのおかげで、クリスチャンをケニアの大地に戻すことに成功しました。

さて、その1年後。
二人はケニアを訪れ、クリスチャンに再会することができました。
クリスチャンは二人を覚えていたのでしょうか。

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. hansei 「もうしないから~っ反省してるから~っ!」必死に謝る犬の姿が可愛…
  2. mazeran 8000kmもの距離を泳いで毎年「命の恩人」に会いに来るマゼラン…
  3. onii 「今日から、僕もお兄ちゃんか…!」先住犬と新入り子犬の日常をちょ…
  4. kiiroi ご存知ですか?黄色いリボンをつけた犬「イエロードックプロジェクト…
  5. keganobi 毛が伸び体に絡まったまま10年間も放って置かれた野良犬。救助され…
  6. kansya 捨てられ殺処分直前の猫。引き取られ感謝のキスを繰り返す姿に心温ま…
  7. kogoeru 車にひかれ大怪我を負い寒さに凍える野良犬。彼を救うための人々の行…
  8. gokkan 極寒の地ロシアで氷の張った池に落ちた犬を命を懸けて救った男性に称…

スポンサードリンク

新着記事

  1. 【※学校のテストの珍解答20選!】腹筋崩壊!子供達のセンス溢れる答えに大爆笑! | 5
  2. 【※席を譲らなかった若者】老人が説教のつもりで嫌味を言ったところ…若者が言い返した言葉に撃沈される! 4
  3. 【※衝撃】運転免許証の12桁の番号今すぐ確認しろ⇨1番最後が1以上のやつはヤバい事が判明!! 3
  4. 【※あなたには見えますか?】ゾッとする写真・・・ストリートビューに偶然写ってしまった不可解な画像・・・おわかりいただけただろうか・・・15選 2
  5. 【※注意喚起】勘違いしている人が続出!?ゼブラゾーンを通行不可と誤認識している危険性・・・ 1

アクセスランキング