動物

体重が平均の1/4までになってしまった1匹の虎。サーカス団で残酷な扱いを受け保護されたその先の運命とは?

tora


今から5年前、テキサス州の野生動物保護施設にて1匹の虎が保護されました。

その虎はサーカス団で残酷な扱いを受けていたようで、保護された時にはとても痛々しい姿となっていたのです。

後から分かったことですが、その虎の名前は「アーシャ」と名付けられました。
アーシャはサーカス団で他の虎からいじめを受けていたらしく、それを見ていたにも関わらずサーカス団の人々は放置し続けていたのです。

アーシャは生きていることが奇跡と言われるほどに衰弱していました。
生後9カ月なのにその体重は30ポンド(約13~14キロ)しかなく、これは一般的な虎の平均体重の1/4だったのです。

この写真からも分かるように全身の毛は抜け落ち、肌も乾燥してひび割れてしまっていました。

衰弱しきっているアーシャですが、このあと奇跡の回復を遂げます。

どのくらいまで回復することができるのでしょう。

その感動の物語をぜひご覧ください。

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. bi-guru 14年間、檻の中で実験動物だったビーグル3匹。初めて自由を得た姿…
  2. gomibako ゴミ箱のなかで鳴き声をあげていた子猫。保護した警察官の肩の上が大…
  3. suteyama 「犬捨て山」で起こった奇跡!真実の愛が瀕死の犬を救う!感動の生還…
  4. gaman 眠いのを我慢してでもパパと遊びたい甲斐犬の子犬…でも本当は眠い子…
  5. azarasi1 人間の勝手な判断で、自然な状態から引き離されたアザラシの赤ちゃん…
  6. dekaketa 「それじゃあ、いってきます」飼い主さんが出かけた後のワンちゃんの…
  7. nouryoku もしかしたら超能力者?不思議な力で動物たちの心を救う『猫』がいる…
  8. hanani 鼻にストローが詰まり、呼吸困難なウミガメ。絶対に海にゴミを捨てて…

スポンサードリンク

新着記事

  1. 「どうして眠ったままなの?」そのインコの友達は、天国へ旅立ってしまったのでした inko
  2. 2年間も港で逃げ続けた犬。3日間に渡る捕獲作戦の後、捕まった犬の運命は…? minato
  3. 雪の降る寒い日。寒さを我慢している野良犬をみた男性は…? samusa
  4. 寒くても「制服ミニに生足」を女子高生が続ける理由が…斜め上すぎる!? mini
  5. 「耳が垂れていないといけない」という理由で犬を整形手術。そんな飼い主への反応は? tarete

アクセスランキング