動物

体重が平均の1/4までになってしまった1匹の虎。サーカス団で残酷な扱いを受け保護されたその先の運命とは?

tora


今から5年前、テキサス州の野生動物保護施設にて1匹の虎が保護されました。

その虎はサーカス団で残酷な扱いを受けていたようで、保護された時にはとても痛々しい姿となっていたのです。

後から分かったことですが、その虎の名前は「アーシャ」と名付けられました。
アーシャはサーカス団で他の虎からいじめを受けていたらしく、それを見ていたにも関わらずサーカス団の人々は放置し続けていたのです。

アーシャは生きていることが奇跡と言われるほどに衰弱していました。
生後9カ月なのにその体重は30ポンド(約13~14キロ)しかなく、これは一般的な虎の平均体重の1/4だったのです。

この写真からも分かるように全身の毛は抜け落ち、肌も乾燥してひび割れてしまっていました。

衰弱しきっているアーシャですが、このあと奇跡の回復を遂げます。

どのくらいまで回復することができるのでしょう。

その感動の物語をぜひご覧ください。

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. musi 地面の下から子猫の鳴き声が…「無視しろ」と言う役人を無視し救出作…
  2. zou 「タイで象に乗る」観光の裏に潜む闇、あなたはご存知ですか?象が人…
  3. kaizyoken1 ディズニーランドでもはしゃいじゃダメ!厳しい訓練に耐え抜かなけれ…
  4. onsen 海外からの評価も高い宝川温泉では、かつて熊と混浴が出来た!
  5. inusute 「犬捨て公園」という異名を持つ公園で捨てられた犬たちを保護し続け…
  6. ohaka いつまでも地面に身を横たえる犬、その感動の理由…そこにはおじいさ…
  7. tatou 『多頭飼育崩壊』とは、これ程までヒドイものなの?劣悪な環境の中で…
  8. kakugo 必要なものは『お金』ではなく『覚悟』。譲渡専門のペットショップが…

スポンサードリンク

新着記事

  1. ハリウッドからのスカウト間違いなし!?名演技の野良犬を捉えた仰天動画 engi
  2. 「電車が遅れたら運転士の給料を下げろ」とか文句を言う人は、2005年に起きたあの事故を知らないんだろうな・・・ tien
  3. 誤発注の悲劇……迫る消費期限!苦悩する店員!しかし、まさかの結末に! hattyuu
  4. 階段を上る子猫ちゃん。優しすぎる大型犬の行動に胸キュン♡ kaidan
  5. 火災現場から救助された二匹の犬。呼吸が浅い犬のため消防士が取った行動に感動の涙。。。 kasai

アクセスランキング