動物

視覚障害者の元医師が盲導犬に取り付けた小型カメラに映し出された悲しい現実・・・

sikaku


視覚障害者の目となり、生活をサポートする盲導犬。

彼らにとってなくてはならない存在です。

しかし、悲しいことに生活を送るなかで視覚障害者や盲導犬に対する差別や無関心な人々によって困難や不自由さに直面することもあるようです。

視覚障害者となった元医師

sikaku1

イギリス・ロンドンで暮らしている元医師のアミット・パテルさん。
結婚してから1年半が経った2012年、「円錐角膜症」という目の病気にかかり視力を失いました。

「円錐角膜症」は遺伝的な要因が原因のひとつだといわれており、角膜移植を行うことで回復することも可能です。しかしアミットさんの場合、6回も手術を行ったにもかかわらず、移植された角膜との相性が合わず、完全に視力を失い、視覚障害者となりました。

盲導犬「キカ」との出会い

突然視力を失ったアミットさん。

未来への不安に気持ちが重くなり、泣き暮れることもあったといいます。

そんなときに出会ったのが盲導犬のキカ。

キカはアミットさんを常にサポートしています。

あるとき、アミットさんは赤信号に気がつかず、横断歩道を渡りかけてしまいます。
するとキカは自分を犠牲にしてアミットさんを守ってくれたそうです。
キカはそのとき怪我を負い、3日間歩くことができませんでした。

視覚障害者の目となり危険を回避し、ときには体を張って守ってくれる盲導犬。
社会とのつながりを失わず、社会生活が送れるのはキカのおかげだとアミットさんは言います。

キカの背中に小型カメラを設置

sikaku2

キカのおけげで一人でも外出できるようになったアミットさん。

しかし、通行人がキカに鞄をぶつけたり、自分たちの存在が迷惑だと因縁とつけられ謝罪を求められたりと理不尽な出来事に遭遇し、街行く人々のなかには自分たちの存在を疎ましく思っている人もいることを知りました。

視覚障害者になって初めて知った事実にショックを受けました。

アミットさんは自分たちに何が起こっているのか知りたいと考え、キカの背中に小型カメラを設置することにしました。

sikaku3
「GoPro」をキカのハーネスに設置し、映像を記録することにします。

そこに映し出されたのは・・・

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. tyuuken 飼い主を1年間も待ち続けたタイの忠犬…車にひかれ事故死。悲しすぎ…
  2. oboreru 赤ちゃんクマが水中に!溺れる我が子をすぐに助けると思いきや…母ク…
  3. genkan1 家の玄関に現れた1匹の野良猫。家の中に招き入れてわかった驚きの事…
  4. miruku ミルクを飲んでいた子猫ちゃん、突然固まる!?可愛すぎるその理由と…
  5. hyou 殺された母親にしがみついていた赤ちゃんヒヒ…豹がとった驚きの行動…
  6. iei1 飼い主が交通事故で亡くなった。飼い主の遺影をみつめる犬の姿が…
  7. hikiduri 足を引きずりながら助けを求めて鳴き声をあげる子猫…保護されてから…
  8. engi ハリウッドからのスカウト間違いなし!?名演技の野良犬を捉えた仰天…

スポンサードリンク

新着記事

  1. 【衝撃】明日花キララの整形が凄すぎるから過程を検証www(※画像あり) 名称未設定
  2. 日本の自衛隊は超凄いって知ってる?もし戦ったら強すぎて世界がドン引きするかもしれないそうだ スクリーンショット 2017-11-30 18.03.37
  3. なぜ日本は宗教戦争が起きないのか…現役僧侶の伝説のスピーチが世界中で賞賛される… スクリーンショット 2017-11-30 18.02.43
  4. バイキングで史上最大の放送事故…会場がドン引きする事態に… スクリーンショット 2017-11-30 18.00.32
  5. 人身事故で電車が止まってしまった…その時にサラリーマンが駅員にかけた一言に賞賛の嵐… スクリーンショット 2017-11-30 17.59.31

アクセスランキング