動物

悪徳ブリーダーに子猫を産んでは取り上げられていたベンガル猫。救い出され、無事子猫を出産。もう離さないと言わんばかりに、胸に抱きしめる姿が感動的!

今や空前の“猫ブーム”。猫関連グッズにCMなど“お猫様”を見ない日はないほど。看板猫に猫駅長…挙げたらキリがありません。

ペットショップでも、数年前までは子犬の片隅にいた子猫ちゃんですが、今は半々とまではいかずとも、ずいぶん増えてきました。そして何より値段です!これにはビックリします。

我が家は、フードやグッズを買いに定期的にショップに行くのですが「エッ?!」って言うくらい子猫の値段は跳ね上がってます。軽く2~3倍?特に人気のスコティッシュ、マンチカンなどは高過ぎでしょ!って感じです。

犬ブーム(CMでスゴク人気が出た犬種がいました)の時も『悪徳ブリーダー』が問題になりました。そして今なお「パピーミル(子犬工場)」の問題は解決されていません。

今の猫ブームでも同じです。劣悪な環境下で、とにかく人気の猫種同士を交配させて子猫をドンドン産ませ、片っ端から売り飛ばすという、動物を商売道具としか考えていない『悪徳ブリーダー』が横行しています。

そんなブリーダーの元で、無理な繁殖を強いられていたベンガルのメス猫が、お腹に子どもを宿した状態で保護されました。まともに世話などされず様々な病気に罹っていた彼女の出産は?そしてその後は?次のページで画像と共に紹介します。



あなたにオススメの記事

関連記事

  1. 同じ境遇におかれた二匹の野良犬。絆を支えに生き抜いてきた結果………
  2. こんなになるまで…どうして?この瀕死のオランウータンの赤ちゃんの…
  3. 鼻にストローが詰まり、呼吸困難なウミガメ。絶対に海にゴミを捨てて…
  4. お仕事中のスタッフさんの邪魔をしちゃダメでしょ!違うんです。この…
  5. 白血病の息子を何とかして助けてやりたい!莫大な治療費を捻出するた…
  6. 初めて受ける愛情に…嬉しすぎて出血するほど尻尾を振る保護犬。けな…
  7. オウムの賢さに脱帽!道具を作るのは人間だけではなかった。目標物に…
  8. 線路上で負傷したメス犬を守ろうとした勇敢なオス犬!迫り来る列車に…

新着記事

  1. 【!STOP!】休日の寝溜めは太るだけ?寝溜めはむしろ逆効果だったと話題に…
  2. 【悲報】めちゃイケ元メンバーの三中元克の現在…クビ後のヤバい裏話が話題に
  3. 【衝撃映像】この野良犬が咥えているものは、まさかの…。 更にその後の行動が話題に!!!
  4. 【衝撃】ガリを毎日食べ続けた結果…身体にとんでもない変化がwww
  5. KEIKOと星野源のクモ膜下出血で倒れた現在の違い…なぜここまで違うのか?

アクセスランキング