動物

引き取った子犬が歩行不能になった…しかし「ある治療法」で走り回るまでに回復!?

hokou


保護施設から引き取った子犬のお話です。子犬の名前はルカ。
彼女は保護施設で過ごしていましたが、幸運なことにルーさん一家に引き取られました。
そのとき、ルカの身体に異変はなく、元気に過ごしていけるだろうと誰もが思っていました。
しかし4歳になるころ、ルカの歩き方が少しおかしいことに気づきます。
後ろ足を引きずって歩いているのです。
すぐに動物病院に連れていくと、ルカは椎間板ヘルニアを患っていることがわかりました。

椎間板ヘルニアの原因は様々で、先天性のものなのか、何かの衝撃によるものなのかはわかりません。
また、脊髄の手術をした後には絶対安静が必要ですが、犬には難しいことです。
そのことからも

「手術をしたからと言って歩けるようになるのは、稀」

と獣医師から告げられました。

それから手術は行われました。
例にもれず、ルカも歩くことはできなくなってしまいました。
しかし、ある治療法を試してみたところ劇的に良くなり、歩くどころか走れるまでに回復したのです。
いったいどんな治療法だったのでしょうか。

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. kati 価値は角>命?サイの命を脅かす者と、サイの命を救う者。
  2. mizukara 自らの危険を顧みず動物たちを救おうとする人々の姿に胸が熱くなる!…
  3. ubau 観光客の与えたソーセージがクマの尊い命を奪う結果に・・・
  4. saikai 保護施設で飼い主と再会し大喜びの犬・・・しかし飼い主が告げた言葉…
  5. menonai 目のないセラピー犬『スマイリー』彼の笑顔が人々に笑顔をもたらす!…
  6. sougiba 愛犬のことを気にかけながら亡くなった飼い主。その後、急に姿を消し…
  7. nora 野良犬がゴミ置き場で捨てられた赤ちゃんを見つける!野良犬は赤ちゃ…
  8. kaihuku 大ケガを負い目が見えない衰弱した子猫。回復して見せた最高の笑顔!…

スポンサードリンク

新着記事

  1. イスラム国の処刑が惨すぎる・・・石打ちの刑で少女が無残な姿に スクリーンショット-2017-08-28-14.18.08-470x336
  2. 【※トリビア】睡眠時に左向きで寝ると、あなたの体にある変化が・・・命にも関わりかねないその変化とは!? 5
  3. 【※あなたはどうですか?】AB型の人は『思いがけずもらう、あったかい言葉に弱い?』「血液型モチベーションあるある」がネットで話題に! 4
  4. 【※見えたら天才的感覚3問】3分以内に見つけたあなたは天才的な感覚の持ち主!この画像に何が隠れているかわかりますか? 3
  5. 【※あなたは知っていましたか?】元マック社員が教える!「マクドナルド」で使える裏技まとめ! 2

アクセスランキング