動物

今にも死にそうなワンちゃんを献身的な介護で助けたインドの「Animal Aid Unlimited」



このワンちゃんは「犬ジステンバー」という感染症にかかっており、約2週間、抗生物質や点滴などで治療がなされました。

imanimo2

 

ボランティアの皆さんのお陰で元気に歩けるようになったワンちゃん

献身的な介護のお陰でとても元気そうにみえます。

imanimo3

元気に歩き回り、カメラを追いかけるほどにまで回復しました。

 

メッセージ:Donate to save an angel in India.

この「Animal Aid Unlimited」というチームは、ボランティアの人々で活動しています。このようなかわいそうなワンちゃんを一匹でも多く救うため、献金を呼びかけています。

最後に、ワンちゃんが元気になるまでの様子を動画でご覧ください。

 

出典:youtube

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. bakusui 『バッテリー残量がありません。充電中です』爆睡する子犬に世界中が…
  2. abura 油の缶に転落し、長時間油に浸かってしまった猫・・・レスキュー隊に…
  3. busakawa ブサカワ猫のカットは緊張感たっぷり。トリマーをみる目が怖い…。
  4. kizuna 「ずっと一緒だよっ!」人と犬の絆の深さが伝わってくる画像集!
  5. samewo サメを浜に引き上げて記念撮影→サメ死亡→世界中から非難の声で炎上…
  6. hinata 日向で撮影された一枚の写真。影にも猫の形がくっきり……んんん?!…
  7. hanketu 飼い犬を虐待した女性に対して下した裁判官の判決が素晴らしいと話題…
  8. hesonoo へその緒がついたままの子猫が路上に倒れていた。もうダメかと思い埋…

スポンサードリンク

新着記事

  1. 「どうして眠ったままなの?」そのインコの友達は、天国へ旅立ってしまったのでした inko
  2. 2年間も港で逃げ続けた犬。3日間に渡る捕獲作戦の後、捕まった犬の運命は…? minato
  3. 雪の降る寒い日。寒さを我慢している野良犬をみた男性は…? samusa
  4. 寒くても「制服ミニに生足」を女子高生が続ける理由が…斜め上すぎる!? mini
  5. 「耳が垂れていないといけない」という理由で犬を整形手術。そんな飼い主への反応は? tarete

アクセスランキング