動物

ひき逃げにより愛する飼い主を失った犬。悲痛な表情で現場に留まる様子に、誰もが涙した。

hikinige


悲劇はある日、突然に訪れました

パコは、2005年に発生したハリケーン・カトリーナの被害に遭い、保護されました。その後、良縁を得てケリー・ブラックさん(42)のもとへ。

パコは、ケリーさんのおかげで新しい家族と愛を得て、毎日を幸せに過ごしていました。

hikinige1

ケリーさんがパコを愛したように、パコもケリーさんを愛していました。その愛はとても深く、警察が現場に到着した時、パコは悲痛な表情でそこに留まっていたのです。

hikinige3

その姿は「私の愛する人は、ここで命を奪われた。悲しい、苦しい」と、静かに泣いている様に見えます。

虚ろな目で、パコはただただ、その場に留まり続けました。

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. ega 江頭2:50が暴走族を更生させた!?その感動の一言とは。
  2. mouretu おもちゃが動くと猛烈なテンションになるが、おもちゃが止まると・・…
  3. usagi 後ろ足が麻痺してしまった小さなウサギ。けれど、飼い主さんの“手作…
  4. anokoro あの頃のままで…。今もなお変わらない愛を証明する写真たち。
  5. ohuro 「さあ、お風呂に入るよ!」「ひえぇええ~」赤ちゃん子ザルの入浴シ…
  6. aisatu 「こんにちワンコ!」どーしても挨拶したい!面白ワンコ画像20選!…
  7. dokuhebi 大好きな飼い主の少女を毒蛇から守るため、自分の体を盾にして立ち向…
  8. oboreru 赤ちゃんクマが水中に!溺れる我が子をすぐに助けると思いきや…母ク…

スポンサードリンク

新着記事

  1. 「どうして眠ったままなの?」そのインコの友達は、天国へ旅立ってしまったのでした inko
  2. 2年間も港で逃げ続けた犬。3日間に渡る捕獲作戦の後、捕まった犬の運命は…? minato
  3. 雪の降る寒い日。寒さを我慢している野良犬をみた男性は…? samusa
  4. 寒くても「制服ミニに生足」を女子高生が続ける理由が…斜め上すぎる!? mini
  5. 「耳が垂れていないといけない」という理由で犬を整形手術。そんな飼い主への反応は? tarete

アクセスランキング