動物

愛犬は余命半年。迫るタイムリミットの中、一匹と一人で取り組んだ「死ぬまでにやりたいことリスト」

risuto


一匹と一人の冒険旅行

その一匹は、癌を患っていました。余命6ヶ月、クリスマスまで持たないとの宣告です。嘆き悲しんでいる最中も、大切な時間は刻々と経過していきます。自分が為すべきことは何か、飼い主の決断は迅速でした。これまで以上に愛犬を楽しませる為に『死ぬまでにやりたいことリスト』を作成。こうして、一匹と一人の冒険旅行は始まったのです。

 

大きくて優しい女の子、イングリッシュ・マスティフのジゼル

risuto1

ジゼルは、旅行作家ローレンさんと共にアメリカのニューヨーク州・マンハッタンで暮らしています。体重72kgの大型犬ながら甘えん坊で、ローレンさんの姿が見えないと不安げに探し回ります。ふたりは大の仲良しで、時には悲しみを共有し、一緒の引越しも経験しました。

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. kousi ケガを負った子牛から離れようとしない母牛。我が子を想う深い愛情に…
  2. sai サイの赤ちゃんが突然心肺停止!果たして助かるのか!?必死の心肺蘇…
  3. touken 生活を強制され闘犬に使われたピットブル。自由を手に入れた途端に優…
  4. taino 10年間の月日を経て結婚式を行ったタイのカップル、亡くなってしま…
  5. ote ふわふわぽわぽわの子犬♪調子に乗ってお手を要求したら、こうなった…
  6. ke-su スーツケースに入れられ、ゴミ捨て場に捨てられていた犬。自分で小さ…
  7. kasai 火災から飼い主を守り続けた犬。飼い主は助からなかったが犬は……?…
  8. sibahu 生まれて12年経って初めて芝生の上を歩いた犬の姿に胸が締め付けら…

スポンサードリンク

新着記事

  1. ワンコ用に塀に3つの穴を開けた結果、鼻がすっぽりハマり面白い姿に スクリーンショット 2017-04-21 17.35.26
  2. 「どうして眠ったままなの?」そのインコの友達は、天国へ旅立ってしまったのでした inko
  3. 2年間も港で逃げ続けた犬。3日間に渡る捕獲作戦の後、捕まった犬の運命は…? minato
  4. 雪の降る寒い日。寒さを我慢している野良犬をみた男性は…? samusa
  5. 寒くても「制服ミニに生足」を女子高生が続ける理由が…斜め上すぎる!? mini

アクセスランキング