動物

後ろ足が麻痺してしまった小さなウサギ。けれど、飼い主さんの“手作りの車椅子”が“新しい足”となりました!

usagi


ペットとしてウサギを飼う人が増えています。可愛らしい姿と『鳴かない』、『散歩なし』、『臭くない』がウサギブームの理由。その中でも人気の種類は『ネザーランドドワーフ』や『ホーランドロップ』などの小型種ですね。値段はどちらも1~10万(ショータイプのは高価です)くらいでしょうか。『ミニウサギ』も人気ですが、いわゆる雑種なので大人にならないと大きさは分かりません。でもお値段は数千円とリーズナブル。

ただ、全然手がかからないかと言うと、実際に飼っていた私の答えは“NO”です。『臭くない』様にしようとすれば、マメなケージの掃除が必要。ケージから出して遊ばせてあげる時に、コードなどをかじらないようにガードしておくことも必要。寿命は5~8年くらいですが、犬や猫同様に最期まで責任もってお世話することが、何よりも大切です。

今回は後ろ足が麻痺して動かなくなった赤ちゃんウサギが“手作り車椅子”で自由を取り戻すというエピソードです。次のページで、小さな車椅子で走り回る可愛い姿を画像と動画で紹介します。

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. hikarete ひかれていた犬を救ったバスの運転手、営業中にも関わらず命を大切に…
  2. keikoku 愛犬が飼い主に癌の警告?!犬には癌の臭いを察知する能力があるので…
  3. syawa 誰もいないはずのシャワールームから音が…。恐る恐る浴室のドアを開…
  4. kyouguu 同じ境遇におかれた二匹の野良犬。絆を支えに生き抜いてきた結果………
  5. kanban,jpg 『看板猫よ、永遠に!』イギリスで有名だったスーパーの看板猫ブルー…
  6. kyouzin 狂人と呼ばれ死んでいった男。22年後、男が聖人のごとく扱われるよ…
  7. mago どうか安らかに…逝ってしまった孫チワワを見つめるお婆ちゃんチワワ…
  8. aisatu 「こんにちワンコ!」どーしても挨拶したい!面白ワンコ画像20選!…

スポンサードリンク

新着記事

  1. 【涙が止まらない…】「いじめられたらすぐ俺に言え」小学5年生の障がい者を救った名もなきヤンキーの実話 名称未設定
  2. 【私だったら耐えられない…】デート中に男が逃亡?!高級寿司屋に一人残された女性の取った行動に大爆笑w 名称未設定
  3. 【年下の旦那をもつと大変なのかな…】2度目の離婚の危機?!磯野貴理子の旦那がヤバイ(画像あり) 名称未設定
  4. 【涙が止まらない…】釈由美子の父娘エピソード。行き違いだらけだった亡き父との仲直り…【感動秘話】 名称未設定
  5. 【これ、大発見じゃないか?!】坂本龍馬直筆の手紙発見!今になって見つかった手紙の内容とは?!(画像あり) 名称未設定

アクセスランキング