動物

後ろ足が麻痺してしまった小さなウサギ。けれど、飼い主さんの“手作りの車椅子”が“新しい足”となりました!

usagi


ペットとしてウサギを飼う人が増えています。可愛らしい姿と『鳴かない』、『散歩なし』、『臭くない』がウサギブームの理由。その中でも人気の種類は『ネザーランドドワーフ』や『ホーランドロップ』などの小型種ですね。値段はどちらも1~10万(ショータイプのは高価です)くらいでしょうか。『ミニウサギ』も人気ですが、いわゆる雑種なので大人にならないと大きさは分かりません。でもお値段は数千円とリーズナブル。

ただ、全然手がかからないかと言うと、実際に飼っていた私の答えは“NO”です。『臭くない』様にしようとすれば、マメなケージの掃除が必要。ケージから出して遊ばせてあげる時に、コードなどをかじらないようにガードしておくことも必要。寿命は5~8年くらいですが、犬や猫同様に最期まで責任もってお世話することが、何よりも大切です。

今回は後ろ足が麻痺して動かなくなった赤ちゃんウサギが“手作り車椅子”で自由を取り戻すというエピソードです。次のページで、小さな車椅子で走り回る可愛い姿を画像と動画で紹介します。

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. sinkou 自分の信仰よりも目の前の命を救う。おぼれていた犬を助けた男性の行…
  2. dassou 「脱走なんて駄目だよ!」腕白な黒柴を止めるべく、賢明な茶柴はある…
  3. keibitai 不運にも海に落ちてしまった子猫。でも発見した子供たちの通報と沿岸…
  4. tarete 「耳が垂れていないといけない」という理由で犬を整形手術。そんな飼…
  5. kogoeru 車にひかれ大怪我を負い寒さに凍える野良犬。彼を救うための人々の行…
  6. syanai 車内に放置された虐待を受けていた犬。ネットの力で命を救われる!
  7. abura 油の缶に転落し、長時間油に浸かってしまった猫・・・レスキュー隊に…
  8. raion サーカスで13年間頑張ったライオン。そんなライオンが初めて土の上…

スポンサードリンク

新着記事

  1. 「どうして眠ったままなの?」そのインコの友達は、天国へ旅立ってしまったのでした inko
  2. 2年間も港で逃げ続けた犬。3日間に渡る捕獲作戦の後、捕まった犬の運命は…? minato
  3. 雪の降る寒い日。寒さを我慢している野良犬をみた男性は…? samusa
  4. 寒くても「制服ミニに生足」を女子高生が続ける理由が…斜め上すぎる!? mini
  5. 「耳が垂れていないといけない」という理由で犬を整形手術。そんな飼い主への反応は? tarete

アクセスランキング