動物

後ろ足が麻痺してしまった小さなウサギ。けれど、飼い主さんの“手作りの車椅子”が“新しい足”となりました!

usagi


ペットとしてウサギを飼う人が増えています。可愛らしい姿と『鳴かない』、『散歩なし』、『臭くない』がウサギブームの理由。その中でも人気の種類は『ネザーランドドワーフ』や『ホーランドロップ』などの小型種ですね。値段はどちらも1~10万(ショータイプのは高価です)くらいでしょうか。『ミニウサギ』も人気ですが、いわゆる雑種なので大人にならないと大きさは分かりません。でもお値段は数千円とリーズナブル。

ただ、全然手がかからないかと言うと、実際に飼っていた私の答えは“NO”です。『臭くない』様にしようとすれば、マメなケージの掃除が必要。ケージから出して遊ばせてあげる時に、コードなどをかじらないようにガードしておくことも必要。寿命は5~8年くらいですが、犬や猫同様に最期まで責任もってお世話することが、何よりも大切です。

今回は後ろ足が麻痺して動かなくなった赤ちゃんウサギが“手作り車椅子”で自由を取り戻すというエピソードです。次のページで、小さな車椅子で走り回る可愛い姿を画像と動画で紹介します。

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. rosen 電車の路線に迷い込んだ1匹の野良犬。駅員さんの取った行動がイケメ…
  2. nemuke 突然眠気に襲われた生後2ヶ月の子猫。まだ眠りたくない…でも…
  3. tora 体重が平均の1/4までになってしまった1匹の虎。サーカス団で残酷…
  4. dousite どうしてこんなことに!?車体に挟まったおっちょこちょいな猫の救出…
  5. zubunure 雨の中、ずぶ濡れで飼い主を待つ犬。通りがかったカップルがとった行…
  6. ahiru アヒルたちからご飯を守るのだ!ちっこいワンコが奮闘する姿に心がほ…
  7. iruka 岸壁から海へ落ちてしまった犬。15時間も見失っていた犬を助けたの…
  8. ubau 観光客の与えたソーセージがクマの尊い命を奪う結果に・・・

スポンサードリンク

新着記事

  1. ワンコ用に塀に3つの穴を開けた結果、鼻がすっぽりハマり面白い姿に スクリーンショット 2017-04-21 17.35.26
  2. 「どうして眠ったままなの?」そのインコの友達は、天国へ旅立ってしまったのでした inko
  3. 2年間も港で逃げ続けた犬。3日間に渡る捕獲作戦の後、捕まった犬の運命は…? minato
  4. 雪の降る寒い日。寒さを我慢している野良犬をみた男性は…? samusa
  5. 寒くても「制服ミニに生足」を女子高生が続ける理由が…斜め上すぎる!? mini

アクセスランキング