動物

大好きな飼い主の少女を毒蛇から守るため、自分の体を盾にして立ち向かった勇敢な犬に全米が感動しました!

dokuhebi


アメリカの医療費の高さは有名ですが、チョッと日本では考えられない請求書がありました。“ガラガラヘビに噛まれた”男性の治療請求書です。どうやって支払えばいいのでしょう?

薬代:83,341.25ドル(約1000万円)、臨床検査:22,433.00ドル(約280万円)、中間ケアルーム:21,225.00ドル(約260万円)、集中治療室:17,766.00ドル(約220万円)、救急医療:5,564.00ドル(約70万円)、治療:1,423.00ドル(約18万円)、放射線:947.00ドル(約12万円)、特別サービス:462.00ドル(約6万円)
請求合計額:153,161.25ドル(約1900万円)

アメリカでは病気になったり、怪我をしたりできないってことですか!治療して、治ったのは良いけれど破産したらどうしようもないですよね。今回紹介するエピソードでも治療費の高さが問題になっていますが…。

次のページで、自分が毒蛇に3回も噛まれながら飼い主を守り切った犬の画像と動画を紹介します。

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. pika なぜ、こんなことを?!「ポケモンGO」のブームの陰で被害は犬にま…
  2. mesen カメラを取り付け、犬の目線でインドの野良犬たちの現状を見てみまし…
  3. bi-guru 14年間、檻の中で実験動物だったビーグル3匹。初めて自由を得た姿…
  4. kati 価値は角>命?サイの命を脅かす者と、サイの命を救う者。
  5. sinzou 一緒にバージンロードを歩きたい。そんな願いを託された亡き父親の心…
  6. nomini 娘を飲みに誘い連れまわした父親。そこには父親の深い愛情が秘められ…
  7. matinaka 街中で子犬に虐待している人を見かけたら…あなたは止めることができ…
  8. matu1 飼い主に先立たれ、保護施設で新しい家族を待つ“おばあさんニャンコ…

スポンサードリンク

新着記事

  1. 「どうして眠ったままなの?」そのインコの友達は、天国へ旅立ってしまったのでした inko
  2. 2年間も港で逃げ続けた犬。3日間に渡る捕獲作戦の後、捕まった犬の運命は…? minato
  3. 雪の降る寒い日。寒さを我慢している野良犬をみた男性は…? samusa
  4. 寒くても「制服ミニに生足」を女子高生が続ける理由が…斜め上すぎる!? mini
  5. 「耳が垂れていないといけない」という理由で犬を整形手術。そんな飼い主への反応は? tarete

アクセスランキング