動物

「タイで象に乗る」観光の裏に潜む闇、あなたはご存知ですか?象が人間の言うことをきく訳は…



新しい友達、ブーンソン

zou2

サオノイが保護センターで生活するようになって、しばらくした頃、新しい友達が出来ました。

その象の名はブーンソン、サオノイと同じように象乗りとして酷い扱いを受けていた象でした。

ブーンソンは、長年の虐待や労働によって、片目を失い背中が曲がってしまっていて、体中に傷をおっていました。

ブーンソンは、後輩のサオノイを優しく支えました。
同じ雌同士ということもあり、姉妹のように仲が良かったそうです。

ですが、サオノイの体力はすでに限界でした。
zou3

スタッフはサオノイのために全力を尽くしました。
食べ物を少しでも食べているか毎回チェックし、サオノイの傍を離れないようにしました。

そして、ブーンソンもまた、サオノイの傍を離れませんでした。

zou4

ブーンソンも、サオノイの事を1日中心配していました。
ある日、ブーンソンはサオノイのためにある行動をとったのです。

 

ゆっくりとサオノイの体を撫で始めるブーンソン…

zou6

ブーンソンは、まるで母親が子どもの頭や体を優しくさすってあげるように、長い鼻でサオノイの体を撫で始めたのでした。

倒れているサオノイの前で、このままでいるよりも、苦しむ前に逝かせてあげることを何度も相談していたスタッフ達。
ブーンソンは、そんなスタッフの考えを察したように「元気になって」と言うように親友を撫で続けました。
その姿に、スタッフは涙せずにはいられませんでした。

 

奇跡的に立ち上がったサオノイ、最後の奮闘にまた涙

zou8

体を撫で続けているブーンソンに応えるかのように、サオノイは自力で立ち上がることができました。

そんな気力さえないと思われていたために、スタッフはとても驚き「もしかしたら本当に元気になるのかもしれない!」と全員が希望をもちました。

Facebookには、
「信じられない素晴らしいことが起こりました!
サオノイが自力で立ち上がったんです。私たちは飛びあがって喜びました。
たくさんの励ましとサポートのおかげで、サオノイは立ち上がることができたんです!」
と喜びのメッセージが綴られていました。

てすが、サオノイが立って過ごせたのはそれから何時間かのことでした。
そして翌日、周りの願いは叶うことなく、サオノイは息をひきとりました。

 

女性スタッフが綴る、サオノイへの思い

zou9
保護センターの公式サイトには、女性スタッフのこんなメッセージが綴られています。

「これまで、私たちは年老いた象たちを保護し、
自由と尊厳を取り戻せるように懸命に努力して来ました。
観光業で無理やり働かされている象たちの植え付けられたトラウマから解放されるように、そして彼らの本来の強さを取り戻せるように彼らと過ごす1日1日を大切にしてきました。

多くの象を保護するほど、彼らの性格が一頭一頭違うことにも気付かされます。
でも、どの象を見ても、彼らが乗り越えて来た長い年月を思うと
私はいつも感情的にならずにはいられません。

どうかこれからの余生の日々が少しでも長く続くようにといつも願っていますが、
時にそれは叶うことはないのだということを今回、知りました。
今、私の胸は痛みと悲しみで張り裂けそうです。

繊細でか弱かったサオノイを助けるために精一杯のことを私たちはしました。
高齢の美しく聡明な魂を持つサオノイをめいいっぱい愛し、ケアしてきました。
でも、彼女は旅立ってしまったのです。サオノイの痩せ細った体からは、
過去に彼女が絶えて来た恐ろしいほどの虐待が垣間見れるようでした。
きっと耳を塞ぎたくなるほどの辛い経験をしてきたのでしょう。
彼女の目はいつもがらんどうのように暗く、疲れた陰が見えました。

でもサオノイは、とても温かく優しく可愛い象でした。
彼女を見ているとどんな苦境に生きても、
希望を捨てるべきではないという姿勢を学ぶこともできました。
最後まで頑張って生きたサオノイを私たちは誇りに思います。

サオノイのために私たちはスタッフ全員で美しい葬儀をしました。
今、サオノイはようやく自由になれたのです。
私たちは決して彼女を忘れることはないでしょう。
本当の自由を手に入れたサオノイが天国で安らかに過ごせますように。」

 

【関連記事】

死が待っている部屋。その片隅で動けずにいる犬の運命は…

 

人間の勝手な判断で、自然な状態から引き離されたアザラシの赤ちゃん。あまりにも悲しい結末に胸が痛みます。

 

劣悪な環境の中で生きる犬の親子。怪我をしながらも子育てに励む母犬の愛に脱帽!

 

実験犬として、実験や虐待を繰り返し行われるという悲惨すぎる生活を送ってきた「シロ」が起こした奇跡!

出典:Facebookblesele

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. yorisoi1 事故で亡くなった仲間の側を離れられずに寄り添い続ける犬。その姿が…
  2. kogoete ネット上で話題の少し変わった実験とは?おっさんがバス停で凍えてい…
  3. meiwaku 寒いので洋服を初めて犬に着せてあげた・・・飼い主の善意はありがた…
  4. nurareta1 青と緑に塗られた生後間もない2匹の子猫…その虐待の残酷さに誰もが…
  5. onzin1 助けてください!そう叫ぶ犬が助けられた時、濡れた体で命の恩人に感…
  6. matanithi 「マタニティマーク」って知ってる?妊婦を助けるマークのはずが、危…
  7. senro 線路上で負傷したメス犬を守ろうとした勇敢なオス犬!迫り来る列車に…
  8. kiki1 危機一髪!飼い主に見捨てられ、殺処分寸前の猫。ある夫婦との出会い…

スポンサードリンク

新着記事

  1. 「どうして眠ったままなの?」そのインコの友達は、天国へ旅立ってしまったのでした inko
  2. 2年間も港で逃げ続けた犬。3日間に渡る捕獲作戦の後、捕まった犬の運命は…? minato
  3. 雪の降る寒い日。寒さを我慢している野良犬をみた男性は…? samusa
  4. 寒くても「制服ミニに生足」を女子高生が続ける理由が…斜め上すぎる!? mini
  5. 「耳が垂れていないといけない」という理由で犬を整形手術。そんな飼い主への反応は? tarete

アクセスランキング