動物

「タイで象に乗る」観光の裏に潜む闇、あなたはご存知ですか?象が人間の言うことをきく訳は…

zou


テレビでたまに目にする、観光客がタイで象に乗る光景ですが、1時間ほどで観光地をまわれることで、現地では人気を集めているようです。

どうして象が、人間の言うことを素直にきいてくれるのか、あなたは考えたことがありますか?

現地には像使いという職業の人がいますが、彼らは、像の子どもを親から引き離し、ロープで縛り付け、逆らわなくなるまで棒やフックなどで打ち続けます。

彼らは、「虐待」という行動で、象たちを洗脳しているのです。

暴力をふるわれ、酷い仕打ちを受ける上に、人間を乗せて働き利用されることを知っていて、それでも象に乗りたいと言う人はまずいないでしょう。

象の中には、毎日こき使われストレスが溜まり、食べ物さえろくに与えてもらえないことで、そのまま死んでしまうこともあります。

ある日、Boon Lott’s Elephant Sanctuary (BLES)という保護施設に、1頭の象が保護されました。

象の名前はサオノイ、アジア象の平均寿命は80歳ですが、サオノイは保護された時には60歳になっていました。

zou1

サオノイは、長い間象乗りの象として酷い扱いを受けていました。
保護された時も、かなり弱っていたために、救出後も倒れることが何度もありました。
そんなサオノイは、保護センターで残りの生活を過ごすことになりました。

感動の続きは次のページでご覧ください。

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. yuubinuke 大きな郵便受けを開けてみると・・・そこには弱った子猫が!!発見が…
  2. boruta ボルダリングに挑戦する人々。次に登る挑戦者は猫??
  3. sns1 ビニール袋に閉じ込めて捨てられていた犬。助けることができたのは……
  4. kenage 初めて受ける愛情に…嬉しすぎて出血するほど尻尾を振る保護犬。けな…
  5. koukei 動物園とは言え、トイレでこの光景に遭遇したら…美しすぎる姿に、驚…
  6. nidomo 2度も見捨てられたブルドッグ・・・1本の電話で救われた命
  7. kakugo 必要なものは『お金』ではなく『覚悟』。譲渡専門のペットショップが…
  8. mituryou 密猟の手にかかってしまったオランウータンが救出される。金のために…

スポンサードリンク

新着記事

  1. 鎌倉市が公開した『鎌倉市で津波から生きのびる』というシミュレーション動画!そのリアルすぎる動画に鳥肌が立つ kamakura
  2. 凍った湖でカモが溺れている!大変、可哀そう、分かってはいるけれど…でも、あなたならカモのために躊躇せずに飛び込めますか? kamo
  3. 林先生が番組内で「明らかに黒だけど、白にしてと頼まれたら?」と北村弁護士に意地悪な質問。その回答が話題になっています! kitamura
  4. 全身をハチに刺され命すら危ない状態の愛犬を捨てるような人間に犬を飼う資格などありません! zensin
  5. 街を歩くカップルがいきなり男たちに絡まれる!警察も登場したこの事件…実はサプライズが待っていた! sapu

アクセスランキング

PAGE TOP