動物

家出していた愛犬が口に何かをくわえて1ヶ月ぶりに戻ってきた。犬が持ち帰った物に家族の想いが溢れ出す・・・感動の実話!



犬が口にくわえていた信じられない物

iede1
突然姿を消してしまった愛犬。
家族のみんなが心配していました。

ところが1ヶ月後、犬が戻ってきたのです。

少し痩せて汚れてはいましたが、怪我もなく、元気そうな様子にみんなホッと胸を撫で下ろします。

そして長女が犬が何かを口にくわえていることに気がつきます。
それは携帯電話ほどの大きさの「小さな箱」でした。

その小箱を見た途端、母親は驚きの声をあげます。
そして父親も信じられない様子で小箱を見つめます。

その小箱は家族の「祖父母」のものだったのです!

小箱を開けてみると、そこには祖父母と一緒に撮った家族写真や長女や次女が小さい頃の写真など、たくさんの思い出が詰まっていました。

実は祖父母の家は東日本大震災の被害にあい崩壊し、祖父母も命を落としていました。

 

思い出は決してなくならない

家族みんな祖父母のことが大好きでした。
愛犬も何度も祖父母の元を訪れ、可愛がってもらいました。

祖父母を亡くしたことはもとより、家が崩壊したため思い出までも失い、心を痛めていた家族。

そんなとき思いがけず愛犬が運んできた喜び。

祖父母の家を訪れたことはあるものの、家からは何十キロも離れています。
そして、この小箱のことを愛犬が知っているはずもありません。

思い出の詰まっているこの小箱が目の前にあるのは奇跡としか言いようがありません!

それはまるで悲しみにくれている家族のために「思い出は決してなくならない」と愛犬が伝えてくれているメッセージのようで、溢れる想いに大声で大粒の涙を流して、家族みんなで泣きました。

愛犬が起こしたこの「奇跡」は家族に喜びと希望を与えてくれました。

東日本大震災ではたくさんの人の命が奪われ、多くの被害がでました。
大切な人を失い、辛い思いをしている人も大勢います。

完全な復興まではまだまだ時間がかかるでしょう。
それでも希望を失わず前に進んでいかなくてはいけない、そのことをこの話は教えてくれました。

 

【関連記事】

飼い主が交通事故で亡くなった。飼い主の遺影をみつめる犬の姿が…

 

不運にも海に落ちてしまった子猫。でも発見した子供たちの通報と沿岸警備隊の人工呼吸で見事に生還!

 

10年間を一緒に過ごした家族が亡くなり深く悲しむ猫に生前のビデオを見せてあげると・・・

 

その犬は、自分の一番大切なものを守るための場所を探し求めました。それがお墓だったのです。

出典:cadot

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. inuyou 犬用ケージに閉じ込められていた猫。保護され初めて手に入れた自由に…
  2. okizari 引っ越しで置き去りにされた犬。過酷な環境に捨てられていた犬の運命…
  3. okodukai1 殉職した警察犬に届いた1通のお小遣い入りの手紙。11歳の少女が送…
  4. retuaku 劣悪な環境の中で生きる犬の親子。怪我をしながらも子育てに励む母犬…
  5. inhure 超インフレのベネズエラ!人間が自分の食料の確保もままならない…捨…
  6. yume 「夢の中でも一緒だよ!」犬が見ているだろう夢の内容に飼い主ら号泣…
  7. kaitai 子猫を逃げられないようにして解体予定の建物に放置!誰が何のために…
  8. sisetu 保護施設を卒業する女性…別れが辛いのか思い切り抱きつく猫。離れな…

スポンサードリンク

新着記事

  1. 「どうして眠ったままなの?」そのインコの友達は、天国へ旅立ってしまったのでした inko
  2. 2年間も港で逃げ続けた犬。3日間に渡る捕獲作戦の後、捕まった犬の運命は…? minato
  3. 雪の降る寒い日。寒さを我慢している野良犬をみた男性は…? samusa
  4. 寒くても「制服ミニに生足」を女子高生が続ける理由が…斜め上すぎる!? mini
  5. 「耳が垂れていないといけない」という理由で犬を整形手術。そんな飼い主への反応は? tarete

アクセスランキング