動物

人間の勝手な判断で、自然な状態から引き離されたアザラシの赤ちゃん。あまりにも悲しい結末に胸が痛みます。

azarasi1


日本でも各県や団体によって、野鳥や野生動物を見つけた場合の対処方法などが書かれたHPが作られています。
地面の上で小鳥がバタバタしている場合、それは殆ど“巣立ちヒナの練習”なので、どこかで親鳥が見守っています。そこに人間がいると親鳥は近づけません。

野鳥に対する知識も無いのに、手を出すのは、親の前で子供を連れ去る行為になります。親鳥はチャンとヒナの面倒を見ていますから、決して手を出してはいけません。

また、野生の中で命の原則は弱肉強食です。1つの命が別の命の糧になります。野鳥は、1年生き延びて大人になれる数が少ないため、たくさん卵を産み短い時間で巣立たせます。これで自然のバランスは保たれています。

その自然のバランスに人間が手を出さないのが基本です。自治体によっては、鳥獣保護法に違反していることになり、野生の鳥や獣を捕獲した場合は、1年以下の懲役または100万円以下の罰金に処せられるそうです。

次のページでは、“野生は野生のままで”ということを改めて考えさせられる出来事を画像と動画で紹介します。

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. kirai お風呂大っ嫌いワンコ。必死に抵抗するも最後はバスタブに向かう姿が…
  2. beddo 今はまだ家族はいないけど・・・新しいベッドをプレゼントしてもらっ…
  3. kasikoi なんて賢い猫ちゃんなんでしょう!餌を貰うためにはボールを探す!?…
  4. zyuumin 住民からの「子どもの声がうるさい」という苦情に対して、管理人が配…
  5. senro 線路上で負傷したメス犬を守ろうとした勇敢なオス犬!迫り来る列車に…
  6. bengaru 悪徳ブリーダーに子猫を産んでは取り上げられていたベンガル猫。救い…
  7. buruteria1 バスの中に置き去りされたブルテリア。バスの運転手さんのおかげで、…
  8. sinkousei 新しい家族と暮らすために、進行性の病気の犬がシェルターで過ごした…

スポンサードリンク

新着記事

  1. ワンコ用に塀に3つの穴を開けた結果、鼻がすっぽりハマり面白い姿に スクリーンショット 2017-04-21 17.35.26
  2. 「どうして眠ったままなの?」そのインコの友達は、天国へ旅立ってしまったのでした inko
  3. 2年間も港で逃げ続けた犬。3日間に渡る捕獲作戦の後、捕まった犬の運命は…? minato
  4. 雪の降る寒い日。寒さを我慢している野良犬をみた男性は…? samusa
  5. 寒くても「制服ミニに生足」を女子高生が続ける理由が…斜め上すぎる!? mini

アクセスランキング