動物

人間の勝手な判断で、自然な状態から引き離されたアザラシの赤ちゃん。あまりにも悲しい結末に胸が痛みます。

azarasi1


日本でも各県や団体によって、野鳥や野生動物を見つけた場合の対処方法などが書かれたHPが作られています。
地面の上で小鳥がバタバタしている場合、それは殆ど“巣立ちヒナの練習”なので、どこかで親鳥が見守っています。そこに人間がいると親鳥は近づけません。

野鳥に対する知識も無いのに、手を出すのは、親の前で子供を連れ去る行為になります。親鳥はチャンとヒナの面倒を見ていますから、決して手を出してはいけません。

また、野生の中で命の原則は弱肉強食です。1つの命が別の命の糧になります。野鳥は、1年生き延びて大人になれる数が少ないため、たくさん卵を産み短い時間で巣立たせます。これで自然のバランスは保たれています。

その自然のバランスに人間が手を出さないのが基本です。自治体によっては、鳥獣保護法に違反していることになり、野生の鳥や獣を捕獲した場合は、1年以下の懲役または100万円以下の罰金に処せられるそうです。

次のページでは、“野生は野生のままで”ということを改めて考えさせられる出来事を画像と動画で紹介します。

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. kogoete ネット上で話題の少し変わった実験とは?おっさんがバス停で凍えてい…
  2. hakobu 雨の日も風の日も毎日与えられた食べ物をどこかへ運ぶ犬。その理由に…
  3. henken きっと犬には分かるんです。今、目の前にいる人間が自分の事をどう思…
  4. itizu 飼い主に捨てられたことに気つかず一途に待ち続ける犬の姿に胸が苦し…
  5. baka 親馬鹿ではなく“馬鹿”親。犬にタトゥーを入れた男の話
  6. gomibako ゴミ箱のなかで鳴き声をあげていた子猫。保護した警察官の肩の上が大…
  7. sabetu フィリピンのある村の差別が衝撃的すぎると話題に。あまりの残酷さに…
  8. zyuumin 住民からの「子どもの声がうるさい」という苦情に対して、管理人が配…

スポンサードリンク

新着記事

  1. 突然眠気に襲われた生後2ヶ月の子猫。まだ眠りたくない…でも… nemuke
  2. 鎌倉市が公開した『鎌倉市で津波から生きのびる』というシミュレーション動画!そのリアルすぎる動画に鳥肌が立つ kamakura
  3. 凍った湖でカモが溺れている!大変、可哀そう、分かってはいるけれど…でも、あなたならカモのために躊躇せずに飛び込めますか? kamo
  4. 林先生が番組内で「明らかに黒だけど、白にしてと頼まれたら?」と北村弁護士に意地悪な質問。その回答が話題になっています! kitamura
  5. 全身をハチに刺され命すら危ない状態の愛犬を捨てるような人間に犬を飼う資格などありません! zensin

アクセスランキング

PAGE TOP