動物

母親を殺され、肩に銃弾を受けたオランウータンの赤ちゃん…その悲しい眼差しが胸に刺さる!

katani


肩に銃弾を受け保護されたオランウータンの赤ちゃん

katani1
マレーシア・インドネシア・ブルネイの3カ国の領土からなるボルネオ島。
インドネシア領のクタパンの売店で放置されたオランウータンの赤ちゃんが発見されました。

動物保護団体「インターナショナル・アニマル・レスキュー(IAR)」によって保護され、オランウータン保護施設に緊急搬送されました。

katani2
『ディディック』と名付けられたこのオランウータンの赤ちゃん。

肩には銃弾が残っており、眼と皮膚は感染症に侵され、ひどい栄養失調。
生後約18ヶ月と見られますが、明らかに発育不足の状態です。

オランウータンの赤ちゃんはペットとして高値で売買されています。
しかし、銃弾を受けたディディックにその価値はないと置き去りにされたのでしょう。

また、母親の姿がないことから、目の前で母親を殺されその流れ弾を受けたと思われる、と保護団体のスタッフは話します。

ディディックのその後の様子をご覧下さい。

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. satooya 里親が決まった!その瞬間、全身で喜びをあらわしたワンコがかわいい…
  2. henka 虐待を受け続けた犬。初めて愛情を受けたその変化とは…
  3. hitori ひとりぼっちだった子ネコに友達が!!たくさんの愛情に囲まれて育つ…
  4. raion 百獣の王ライオンが少女にキスを送られると…驚きの反応
  5. uso 『嘘吐きで優しい、私のパパ』香港発のCMに感涙する人が続出中
  6. mouhu 毛布大好きな子ライオン。しかし、微笑ましさの裏には複雑な事情が隠…
  7. hakketu 白血病の息子を何とかして助けてやりたい!莫大な治療費を捻出するた…
  8. situmei1 失明し、笑顔を失った妻のために夫がとった行動とは?色鮮やかな妻へ…

スポンサードリンク

新着記事

  1. ワンコ用に塀に3つの穴を開けた結果、鼻がすっぽりハマり面白い姿に スクリーンショット 2017-04-21 17.35.26
  2. 「どうして眠ったままなの?」そのインコの友達は、天国へ旅立ってしまったのでした inko
  3. 2年間も港で逃げ続けた犬。3日間に渡る捕獲作戦の後、捕まった犬の運命は…? minato
  4. 雪の降る寒い日。寒さを我慢している野良犬をみた男性は…? samusa
  5. 寒くても「制服ミニに生足」を女子高生が続ける理由が…斜め上すぎる!? mini

アクセスランキング