動物

鎖に繋がれ自由を奪われていた牛が鎖から解放された時の反応に胸が張り裂けそうになる。。。



牛たちの姿に胸が痛みます。

kusari1

牛たちが繋がれている柵と柵の間隔の狭いこと!そしてガッチリと鎖で繋がれています。私たちが思い描くような『のんびりとした放牧』や『早朝から始まる牛舎の掃除』とは程遠いものです。一体誰が何のために…。

そして、どうしたらこんなことに!?と驚くような、牛たちのダラリと伸びきった皮膚や汚れた体。人間も、こうやって鎖に繋がれて身動きができない環境で長期間過ごせば、この牛たちのような姿になるのでしょうか?
ゾッとしますね。

 

牛たちにとって救世主が現れました!

kusari2

そして1人の男性が、このひどい牛たちの環境を発見しました。その男性はクリスチャンさん。そして彼には、牛たちの中で特に心に残って離れない雄牛がいました。その雄牛は、後に「バンディット」と名付けられることになります。

クリスチャンさんは、この劣悪な環境にいる牛たちのため、SNSで『Gut Aiberbichl』という動物保護団体に救助を要請しました。この保護団体は、オーストラリアとドイツに広大な保護地区を所有し、牛、馬、豚、ヤギなど大型動物の保護に力を入れています。

そして、彼の呼びかけで『Gut Aiberbichl』だけでなく、世界中からのサポートを受けることになったのです。

 

ついに鎖から解放される時がきました!

もう自分たちが解放されることが分かるのでしょうか、鎖を外そうとするクリスチャンさんにバンディットは、甘える猫のような仕草をします。もう私の牛に対するイメージが180度変わりました。可愛い!

そして解放された途端、はしゃぐ、はしゃぐ!子犬か子猫のようです。

kusari6

それだけツラい環境だったのですね。干し草に頭を突っ込んだり、体をこすりつけたり、それを他の牛たちも羨ましそうに見ています。

移動用のトラックに乗せられるときは少し不安気でしたが、もっと広い場所で、再び干し草と興奮して戯れてました。そして、急に大人しくなったバンディットはクリスチャンさんに何度も体をすり寄せるのです。

バンディットとクリスチャンさんが額と額を寄せ合うシーンは、言葉を話せないバンディットが精一杯の感謝の気持ちを伝えようとしているようで胸が熱くなります。

kusari4

他の牛たちは大丈夫?ご安心ください、みんな無事に保護され『Gut Aiberbichl』の保護地区で元気に走り回っているとのこと。鎖で繋がれていた時とは比べものにならない程、体も引き締まっています。

『Gut Aiberbichl』のメンバーたちも、責任もって最期まで面倒をみてくれると約束してくれたそうです。本当に、クリスチャンさんに見つけてもらって良かったですね!

最後に、劣悪な環境の鎖から解放されて干し草の上を走り回り、そしてクリスチャンさんに体をすり寄せるバンディットの感動的な動画で締めくくりたいと思います。

 

【関連記事】

飼い主が交通事故で亡くなった。飼い主の遺影をみつめる犬の姿が…

 

不運にも海に落ちてしまった子猫。でも発見した子供たちの通報と沿岸警備隊の人工呼吸で見事に生還!

 

10年間を一緒に過ごした家族が亡くなり深く悲しむ猫に生前のビデオを見せてあげると・・・

 

その犬は、自分の一番大切なものを守るための場所を探し求めました。それがお墓だったのです。

出典:youtube

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. suiro 7メートル下の水路に転落した愛犬。上まで登れないことに気づいた人…
  2. itazura1 「何にもしてニャイニャン」いたずら現場を見つけられ必死に取り繕う…
  3. suteinu 死んでなるものか!捨て犬が取った必死の行動に誰もが涙・・・
  4. uribo 一列に並んだ4匹の“うりぼう兄弟”!撮影者に気づき、一斉にカメラ…
  5. bakusui 『バッテリー残量がありません。充電中です』爆睡する子犬に世界中が…
  6. nurareta1 青と緑に塗られた生後間もない2匹の子猫…その虐待の残酷さに誰もが…
  7. sougiba 愛犬のことを気にかけながら亡くなった飼い主。その後、急に姿を消し…
  8. sikitini 動物園でゴリラの敷地に落ち、意識を失った男の子!ゴリラの取った行…

スポンサードリンク

新着記事

  1. 保健所の現実・・・人間の残忍性が凝縮された一枚の写真。恐怖で失禁してしまう zannin
  2. ホームレス男性にピザを譲った女性。二日後、相手の正体に気付き吃驚仰天! piza
  3. ゴールデンレトリバー御一行。屋内の“あるもの”に揃って首ったけ! okunai
  4. 仁義なき戦い・・・1600度の鉄球vs氷の塊 tatakai
  5. 虐待か、それとも事故か?排水溝で衰弱していた三本脚の子犬 haisui

アクセスランキング

PAGE TOP