動物

体が半分しかなくても飼い主さんに愛され生きようとする犬の一生懸命さに感動!!

hanbun


体が半分しかない犬「Bonsai(ボンサイ)」君が生まれました。

アメリカ・アーカンソー州で2015年4月17日、1匹のブルドックが生まれました。

彼は、「ボンサイ」君と名付けられました。体は生まれた時からほぼ半分位しかありませんでした。

 

辛い人生になりそうなボンサイ君、安楽死の選択肢も・・・

ボンサイ君の後ろ足は小さく、全く動きません。背骨も普通の半分位しかなく腰から下の部分がほとんど無いことがレントゲンでわかります。

hanbun1

hanbun2

医師はこのまま成長しても激しい痛みに苦しむことになると言いました。

その上、ボンサイ君の前足は「スイマーズ・シンドローム」という足が四方に広がってしまう症状が出てきていました。

hanbun3

ボンサイ君はどうなるのでしょうか?

続きは次のページで紹介します!!

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. yasumura1 大ブレイクの安村さんを支えたやさしい妻の手紙が胸に沁みる!!
  2. kansya 『助けてくれてありがとう』殺処分の直前、命を救ってもらえた猫、ヘ…
  3. musi 地面の下から子猫の鳴き声が…「無視しろ」と言う役人を無視し救出作…
  4. hannou かわいいが止まらない。ネコの会話動画をみる子猫たちの反応が可愛す…
  5. iei1 飼い主が交通事故で亡くなった。飼い主の遺影をみつめる犬の姿が…
  6. nidomo 2度も見捨てられたブルドッグ・・・1本の電話で救われた命
  7. rosen 電車の路線に迷い込んだ1匹の野良犬。駅員さんの取った行動がイケメ…
  8. sutaffu お仕事中のスタッフさんの邪魔をしちゃダメでしょ!違うんです。この…

スポンサードリンク

新着記事

  1. 「どうして眠ったままなの?」そのインコの友達は、天国へ旅立ってしまったのでした inko
  2. 2年間も港で逃げ続けた犬。3日間に渡る捕獲作戦の後、捕まった犬の運命は…? minato
  3. 雪の降る寒い日。寒さを我慢している野良犬をみた男性は…? samusa
  4. 寒くても「制服ミニに生足」を女子高生が続ける理由が…斜め上すぎる!? mini
  5. 「耳が垂れていないといけない」という理由で犬を整形手術。そんな飼い主への反応は? tarete

アクセスランキング