動物

7ヶ月ぶりの再会で飼い主さんの腕の中に倒れ込む愛犬。もしも言葉が話せたら彼女はその時、何と言っていたのでしょう?

kainusi


アメリカで譲渡を中心にしたシェルターのうち、3番目に大きなシェルターであるカンザスシティの「KC Pet Project」では、年間に約1万匹の犬や猫たちが、里親との出会いにより命を救われているそうです。

ある日、シェルター内のケージがすべて空っぽになったのです。保護されているペットは1匹もいません!保護された動物たちが殺処分になった…?いえ、シェルターの動物たち全てに譲渡先が決まったのです!

素晴らしいことですよね!飼い主がいなくなった犬や猫にとって、最後の頼みの綱とも言える『シェルター』。
アメリカでは、大きく分けて2種類のシェルターがあります。

1つは殺処分が中心のキルシェルター。もう1つは里親への譲渡を中心にした、できるだけ殺処分をしないローキルシェルター。

「KC Pet Project」は、一切殺処分をしないノーキルシェルターに該当し、里親によって救われる命は、およそ90%という高い実績を持っています。アメリカでも希少な存在です。

ロー&ノーキルシェルターでは、保護犬の健康診断を行い、人間と関わるのが苦手な犬には躾もしてくれるそうです。だから、里親が安心してシェルターの犬を家族として迎えてくれるのですね。

今回のケースは、アクシデントから家を飛び出し、飼い主と離れてしまった飼い犬がマイクロチップをつけていたおかげでシェルターから無事に我が家へ戻ることができました。もし、付けていなかったら彼女の運命はどうなっていたのでしょう?

次のページでは、7ヶ月もの間どれほど飼い主さんの事を思い続けていたかが分かる、切ないほど感動的な再会シーンを画像と動画で紹介します。

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. tiwawa 「面倒は僕にまかせて!」チワワが一目惚れした子猫を家に連れて帰っ…
  2. sinrai たとえ捨てられても人を信頼することを忘れない犬、その純粋さに感動…
  3. yukini ある家族が見つけた子ネコは、雪に埋もれ既にグッタリ…でも、1時間…
  4. guuzen 偶然が招いた奇跡。亡き愛犬とインターネットで再会した女性
  5. gamute 虐待か、それとも事故か。ガムテープの芯が原因で皮膚が壊死してしま…
  6. yomikikase 体や心に傷を負って保護施設にいる犬たち。その犬たちのために自閉症…
  7. karasu 動物園のクマの檻に落ちてしまったカラス。「食べられる…!!」と思…
  8. gomibako ゴミ箱のなかで鳴き声をあげていた子猫。保護した警察官の肩の上が大…

スポンサードリンク

新着記事

  1. ワンコ用に塀に3つの穴を開けた結果、鼻がすっぽりハマり面白い姿に スクリーンショット 2017-04-21 17.35.26
  2. 「どうして眠ったままなの?」そのインコの友達は、天国へ旅立ってしまったのでした inko
  3. 2年間も港で逃げ続けた犬。3日間に渡る捕獲作戦の後、捕まった犬の運命は…? minato
  4. 雪の降る寒い日。寒さを我慢している野良犬をみた男性は…? samusa
  5. 寒くても「制服ミニに生足」を女子高生が続ける理由が…斜め上すぎる!? mini

アクセスランキング