動物

7ヶ月ぶりの再会で飼い主さんの腕の中に倒れ込む愛犬。もしも言葉が話せたら彼女はその時、何と言っていたのでしょう?

kainusi


アメリカで譲渡を中心にしたシェルターのうち、3番目に大きなシェルターであるカンザスシティの「KC Pet Project」では、年間に約1万匹の犬や猫たちが、里親との出会いにより命を救われているそうです。

ある日、シェルター内のケージがすべて空っぽになったのです。保護されているペットは1匹もいません!保護された動物たちが殺処分になった…?いえ、シェルターの動物たち全てに譲渡先が決まったのです!

素晴らしいことですよね!飼い主がいなくなった犬や猫にとって、最後の頼みの綱とも言える『シェルター』。
アメリカでは、大きく分けて2種類のシェルターがあります。

1つは殺処分が中心のキルシェルター。もう1つは里親への譲渡を中心にした、できるだけ殺処分をしないローキルシェルター。

「KC Pet Project」は、一切殺処分をしないノーキルシェルターに該当し、里親によって救われる命は、およそ90%という高い実績を持っています。アメリカでも希少な存在です。

ロー&ノーキルシェルターでは、保護犬の健康診断を行い、人間と関わるのが苦手な犬には躾もしてくれるそうです。だから、里親が安心してシェルターの犬を家族として迎えてくれるのですね。

今回のケースは、アクシデントから家を飛び出し、飼い主と離れてしまった飼い犬がマイクロチップをつけていたおかげでシェルターから無事に我が家へ戻ることができました。もし、付けていなかったら彼女の運命はどうなっていたのでしょう?

次のページでは、7ヶ月もの間どれほど飼い主さんの事を思い続けていたかが分かる、切ないほど感動的な再会シーンを画像と動画で紹介します。

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. kousi ケガを負った子牛から離れようとしない母牛。我が子を想う深い愛情に…
  2. iei1 飼い主が交通事故で亡くなった。飼い主の遺影をみつめる犬の姿が…
  3. asupe1 アスペルガー症候群のパニック発作で自傷行為をする飼い主を止める介…
  4. ikiume1 驚愕の真実…生き埋めにされていた犬を助け出したのは、男性と飼い犬…
  5. okasina ペットの「ちょっとおかしな行動」。それってもしかして、重大な病気…
  6. asiwo 母犬に足を噛みちぎられた子犬。その悲劇に救いの手を差し伸べた動物…
  7. raibu ライブをじっくり子猫ちゃんたち!!その姿に心が温まる
  8. piza パソコンの陰からピザを盗む猫。その姿が巧妙すぎる…

スポンサードリンク

新着記事

  1. ハリウッドからのスカウト間違いなし!?名演技の野良犬を捉えた仰天動画 engi
  2. 「電車が遅れたら運転士の給料を下げろ」とか文句を言う人は、2005年に起きたあの事故を知らないんだろうな・・・ tien
  3. 誤発注の悲劇……迫る消費期限!苦悩する店員!しかし、まさかの結末に! hattyuu
  4. 階段を上る子猫ちゃん。優しすぎる大型犬の行動に胸キュン♡ kaidan
  5. 火災現場から救助された二匹の犬。呼吸が浅い犬のため消防士が取った行動に感動の涙。。。 kasai

アクセスランキング