動物

事故死して殉職した警察騎馬隊の馬。それを追悼する警察官の姿。

uma


警察騎馬隊の馬はとても凛々しく任務にあたります。
特に外国ではパレードの時などに壮観な姿をみることができます。

昨年の12月、ヒューストンで不幸な事故が起こりました。

警察騎馬隊の馬「シャーロット」がパトロールの任務にあたっていました。
その時、シャーロットが何かに驚き、騎乗していたハーリジョン隊員を振り落としてしまいました。
そして混乱したシャーロットは、反対車線を走っていたセメントミキサーにはねられて殉職しました。

ハーリジョン隊員はシャーロットが息を引き取るまでずっとそばに居続けました。
シャーロットは隊員にとってはもちろん、ヒューストン警察にとっても特別な存在に。
そんな物語を紹介いたします。

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. kanrisya 動物保護施設管理者の自殺、その理由は…?犬の安楽死という大きな問…
  2. akuma 悪魔の所業。ビニール袋に詰められゴミのように捨てられていた子犬た…
  3. kankoku 韓国産パピーミルが急増する背景には国家の存在があった・・・
  4. dokuhebi 大好きな飼い主の少女を毒蛇から守るため、自分の体を盾にして立ち向…
  5. azarasi1 人間の勝手な判断で、自然な状態から引き離されたアザラシの赤ちゃん…
  6. matu1 飼い主に先立たれ、保護施設で新しい家族を待つ“おばあさんニャンコ…
  7. raiu 激しい雷雨の中置き去りにされた犬。助けに来てくれたのは隣人の女性…
  8. itazura1 「何にもしてニャイニャン」いたずら現場を見つけられ必死に取り繕う…

スポンサードリンク

新着記事

  1. 「どうして眠ったままなの?」そのインコの友達は、天国へ旅立ってしまったのでした inko
  2. 2年間も港で逃げ続けた犬。3日間に渡る捕獲作戦の後、捕まった犬の運命は…? minato
  3. 雪の降る寒い日。寒さを我慢している野良犬をみた男性は…? samusa
  4. 寒くても「制服ミニに生足」を女子高生が続ける理由が…斜め上すぎる!? mini
  5. 「耳が垂れていないといけない」という理由で犬を整形手術。そんな飼い主への反応は? tarete

アクセスランキング