動物

余命3ヶ月を告げられた犬が起こした奇跡。お父さんに会うために…家族愛の力に世界中が涙。

yomei


ラルストン家の11歳の愛犬、カーミー。
彼は家族の中でも、お父さんのエリック・ラルストンさんが大好きでした。

ですが2012年3月、お父さんはグアムへ配置され、8ヵ月家を離れなければならないことに。

yomei1

2人は、8ヵ月後また会えると信じてその日を待ちました。

ですが、カーミーはガンを患ってしまいます…。
余命は3ヶ月、このままお父さんには会えないのでしょうか?

カーミーが起こした奇跡に、世界中が涙したその続きを次のページでご覧ください。

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. uribo 一列に並んだ4匹の“うりぼう兄弟”!撮影者に気づき、一斉にカメラ…
  2. yorisoi1 事故で亡くなった仲間の側を離れられずに寄り添い続ける犬。その姿が…
  3. busakawa ブサカワ猫のカットは緊張感たっぷり。トリマーをみる目が怖い…。
  4. inusute 「犬捨て公園」という異名を持つ公園で捨てられた犬たちを保護し続け…
  5. settou 「悪気はなかったの…」警察署に現れた窃盗犯!とんだ不届き者の正体…
  6. kanrisya 動物保護施設管理者の自殺、その理由は…?犬の安楽死という大きな問…
  7. usinatta 妻と子どもを1度に失った男、母体の死亡と赤ちゃんの死産の後に体験…
  8. gomibako ごみ箱の中で子猫を拾い病院に連れて行った結果→超珍しいことが判…

スポンサードリンク

新着記事

  1. 【※席を譲らなかった若者】老人が説教のつもりで嫌味を言ったところ…若者が言い返した言葉に撃沈される! 4
  2. 【※衝撃】運転免許証の12桁の番号今すぐ確認しろ⇨1番最後が1以上のやつはヤバい事が判明!! 3
  3. 【※あなたには見えますか?】ゾッとする写真・・・ストリートビューに偶然写ってしまった不可解な画像・・・おわかりいただけただろうか・・・15選 2
  4. 【※注意喚起】勘違いしている人が続出!?ゼブラゾーンを通行不可と誤認識している危険性・・・ 1
  5. 【※スカッと】ぶつかったお爺さんを恐喝するホスト3人組・・・爺「今、家の者を呼びますから…」ホスト「早よしろ!」⇒ すると、黒塗りの車が到着して・・・ 2

アクセスランキング