動物

余命3ヶ月を告げられた犬が起こした奇跡。お父さんに会うために…家族愛の力に世界中が涙。

yomei


ラルストン家の11歳の愛犬、カーミー。
彼は家族の中でも、お父さんのエリック・ラルストンさんが大好きでした。

ですが2012年3月、お父さんはグアムへ配置され、8ヵ月家を離れなければならないことに。

yomei1

2人は、8ヵ月後また会えると信じてその日を待ちました。

ですが、カーミーはガンを患ってしまいます…。
余命は3ヶ月、このままお父さんには会えないのでしょうか?

カーミーが起こした奇跡に、世界中が涙したその続きを次のページでご覧ください。

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. hikinige ひき逃げにより愛する飼い主を失った犬。悲痛な表情で現場に留まる様…
  2. sisetu 保護施設を卒業する女性…別れが辛いのか思い切り抱きつく猫。離れな…
  3. genba1 ゴミ収集作業現場に迷い込んできた後ろ足に大怪我をした子猫。優しい…
  4. syukudai1 涙の卒業式。先生が生徒に出した最後の宿題が感動的すぎる!
  5. urouro1 この男性が、もしも通りかからなかったら…車の通りが多い道路でウロ…
  6. kaeru ワニに近づく“緑色のグラデーション”…!それは、間違いなく5匹の…
  7. tyuuken 「ご主人……そこにいるのですか?」亡くなった飼い主を待ち続ける忠…
  8. tarete 「耳が垂れていないといけない」という理由で犬を整形手術。そんな飼…

スポンサードリンク

新着記事

  1. ワンコ用に塀に3つの穴を開けた結果、鼻がすっぽりハマり面白い姿に スクリーンショット 2017-04-21 17.35.26
  2. 「どうして眠ったままなの?」そのインコの友達は、天国へ旅立ってしまったのでした inko
  3. 2年間も港で逃げ続けた犬。3日間に渡る捕獲作戦の後、捕まった犬の運命は…? minato
  4. 雪の降る寒い日。寒さを我慢している野良犬をみた男性は…? samusa
  5. 寒くても「制服ミニに生足」を女子高生が続ける理由が…斜め上すぎる!? mini

アクセスランキング