動物

余命3ヶ月を告げられた犬が起こした奇跡。お父さんに会うために…家族愛の力に世界中が涙。

yomei


ラルストン家の11歳の愛犬、カーミー。
彼は家族の中でも、お父さんのエリック・ラルストンさんが大好きでした。

ですが2012年3月、お父さんはグアムへ配置され、8ヵ月家を離れなければならないことに。

yomei1

2人は、8ヵ月後また会えると信じてその日を待ちました。

ですが、カーミーはガンを患ってしまいます…。
余命は3ヶ月、このままお父さんには会えないのでしょうか?

カーミーが起こした奇跡に、世界中が涙したその続きを次のページでご覧ください。

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. uma 事故死して殉職した警察騎馬隊の馬。それを追悼する警察官の姿。
  2. dani 保護されるまで、どんなにツラかったか…。体中にダニが寄生し、尻尾…
  3. syoubou 火災現場で倒れていた子猫を救出し抱きしめる消防士
  4. okasina ペットの「ちょっとおかしな行動」。それってもしかして、重大な病気…
  5. turi 釣りに出掛けたら魚じゃないものが釣れちゃった!!!
  6. oumu オウムの賢さに脱帽!道具を作るのは人間だけではなかった。目標物に…
  7. nomini 娘を飲みに誘い連れまわした父親。そこには父親の深い愛情が秘められ…
  8. oogata さにジェントルワン(マン)!子犬に対応する大型犬の態度にほっこり…

スポンサードリンク

新着記事

  1. ワンコ用に塀に3つの穴を開けた結果、鼻がすっぽりハマり面白い姿に スクリーンショット 2017-04-21 17.35.26
  2. 「どうして眠ったままなの?」そのインコの友達は、天国へ旅立ってしまったのでした inko
  3. 2年間も港で逃げ続けた犬。3日間に渡る捕獲作戦の後、捕まった犬の運命は…? minato
  4. 雪の降る寒い日。寒さを我慢している野良犬をみた男性は…? samusa
  5. 寒くても「制服ミニに生足」を女子高生が続ける理由が…斜め上すぎる!? mini

アクセスランキング