動物

動物保護施設管理者の自殺、その理由は…?犬の安楽死という大きな問題に改めて考えさせられる…

kanrisya


今回ご紹介するのは、動物保護施設管理者の自殺という悲しいニュースです。
そのニュースは台湾から届きました。
自殺したのは簡稚澄さんという女性で、まだ31歳という若さでした。

kanrisya1

国立台湾大学の獣医学部をトップの成績で卒業し、周りからも「優しく、動物に対してプロフェッショナルな人」と認められていたそうです。

そんな彼女が卒業後ついた仕事は動物保護施設でした。
動物を保護するはずのその場所で、彼女はとても辛い仕事をすることになるのです。

世界中で問題となっている動物の安楽死について、あなたは考えたことがありますか?
今一度この問題について考えなければなりません。

続きは次のページでご紹介します。

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. moratte 「誰か、ボクのこともらって!」メッセージを持った写真によって幸せ…
  2. hukurodume 命への暴虐!袋詰めにされ捨てられた子犬たち・・・
  3. huzui 半身不随になるまで虐待を受けていた野良犬と出会った観光客「帰国す…
  4. suisu 山の神様!?スイスの山で道に迷い帰れなくなってしまった男性。そこ…
  5. sibahu 生まれて12年経って初めて芝生の上を歩いた犬の姿に胸が締め付けら…
  6. kankoku 韓国産パピーミルが急増する背景には国家の存在があった・・・
  7. raion 百獣の王ライオンが少女にキスを送られると…驚きの反応
  8. ahiru アヒルたちからご飯を守るのだ!ちっこいワンコが奮闘する姿に心がほ…

スポンサードリンク

新着記事

  1. ワンコ用に塀に3つの穴を開けた結果、鼻がすっぽりハマり面白い姿に スクリーンショット 2017-04-21 17.35.26
  2. 「どうして眠ったままなの?」そのインコの友達は、天国へ旅立ってしまったのでした inko
  3. 2年間も港で逃げ続けた犬。3日間に渡る捕獲作戦の後、捕まった犬の運命は…? minato
  4. 雪の降る寒い日。寒さを我慢している野良犬をみた男性は…? samusa
  5. 寒くても「制服ミニに生足」を女子高生が続ける理由が…斜め上すぎる!? mini

アクセスランキング