動物

動物保護施設管理者の自殺、その理由は…?犬の安楽死という大きな問題に改めて考えさせられる…

kanrisya


今回ご紹介するのは、動物保護施設管理者の自殺という悲しいニュースです。
そのニュースは台湾から届きました。
自殺したのは簡稚澄さんという女性で、まだ31歳という若さでした。

kanrisya1

国立台湾大学の獣医学部をトップの成績で卒業し、周りからも「優しく、動物に対してプロフェッショナルな人」と認められていたそうです。

そんな彼女が卒業後ついた仕事は動物保護施設でした。
動物を保護するはずのその場所で、彼女はとても辛い仕事をすることになるのです。

世界中で問題となっている動物の安楽死について、あなたは考えたことがありますか?
今一度この問題について考えなければなりません。

続きは次のページでご紹介します。

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. gisoku1 義足を壊してしまう愛犬のために飼い主さんが作ってあげた『テニスシ…
  2. kyoubou4 『凶暴な犬だから』と捨てられた犬。その犬を凶暴にしたのは、捨てた…
  3. dokuhebi 大好きな飼い主の少女を毒蛇から守るため、自分の体を盾にして立ち向…
  4. yomei 盲目の上、心臓に問題を抱え、余命宣告をされた子猫。残された僅かな…
  5. azarasi1 人間の勝手な判断で、自然な状態から引き離されたアザラシの赤ちゃん…
  6. mahi トレーラーに投げつけられた母猫。麻痺した足で子猫を求める母親の愛…
  7. houtidekinai 犬が死んでしまう!!放置できない犬の状態、その時緊急着陸を迫られ…
  8. atarimae 結婚して、子どもを産んで、育ててきた人にとってはそれが「当たり前…

スポンサードリンク

新着記事

  1. 誤発注の悲劇……迫る消費期限!苦悩する店員!しかし、まさかの結末に! hattyuu
  2. 階段を上る子猫ちゃん。優しすぎる大型犬の行動に胸キュン♡ kaidan
  3. 火災現場から救助された二匹の犬。呼吸が浅い犬のため消防士が取った行動に感動の涙。。。 kasai
  4. 職業犬の悲しき性。引退してなお家を守ろうとした結果…… intai
  5. 小指を使った性格占いが当たり過ぎてやばい!!あなたの性格がバレちゃう!? koyubi

アクセスランキング