動物

動物保護施設管理者の自殺、その理由は…?犬の安楽死という大きな問題に改めて考えさせられる…

kanrisya


今回ご紹介するのは、動物保護施設管理者の自殺という悲しいニュースです。
そのニュースは台湾から届きました。
自殺したのは簡稚澄さんという女性で、まだ31歳という若さでした。

kanrisya1

国立台湾大学の獣医学部をトップの成績で卒業し、周りからも「優しく、動物に対してプロフェッショナルな人」と認められていたそうです。

そんな彼女が卒業後ついた仕事は動物保護施設でした。
動物を保護するはずのその場所で、彼女はとても辛い仕事をすることになるのです。

世界中で問題となっている動物の安楽死について、あなたは考えたことがありますか?
今一度この問題について考えなければなりません。

続きは次のページでご紹介します。

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. keibitai 不運にも海に落ちてしまった子猫。でも発見した子供たちの通報と沿岸…
  2. kusari 鎖に繋がれ自由を奪われていた牛が鎖から解放された時の反応に胸が張…
  3. houti 道路に放置された白い犬は…車に轢かれていた!見過ごせない一人の男…
  4. kenage 初めて受ける愛情に…嬉しすぎて出血するほど尻尾を振る保護犬。けな…
  5. buruteria1 バスの中に置き去りされたブルテリア。バスの運転手さんのおかげで、…
  6. mesen カメラを取り付け、犬の目線でインドの野良犬たちの現状を見てみまし…
  7. satooya 里親が決まった!その瞬間、全身で喜びをあらわしたワンコがかわいい…
  8. setudan 足を切断され、川に投げ捨てられた子犬。保護され力強く生きる姿に心…

スポンサードリンク

新着記事

  1. 街を歩くカップルがいきなり男たちに絡まれる!警察も登場したこの事件…実はサプライズが待っていた! sapu
  2. ある母親の投稿『ワニに殺された子の親を責めないで』この言葉が心に刺さる wanini
  3. 和歌山市で路上に落ちていたウインナーを食べた飼い犬が、直後に死亡。一体何が? uinna
  4. 漫画『スラムダンク』のよう…インターハイの予選で、残り0.9秒の奇跡が起こった! suramu
  5. 照れちゃうワン!犬への愛がダダ漏れているキツネの表情にキュン死寸前! kitune

アクセスランキング

PAGE TOP