動物

動物保護施設管理者の自殺、その理由は…?犬の安楽死という大きな問題に改めて考えさせられる…

kanrisya


今回ご紹介するのは、動物保護施設管理者の自殺という悲しいニュースです。
そのニュースは台湾から届きました。
自殺したのは簡稚澄さんという女性で、まだ31歳という若さでした。

kanrisya1

国立台湾大学の獣医学部をトップの成績で卒業し、周りからも「優しく、動物に対してプロフェッショナルな人」と認められていたそうです。

そんな彼女が卒業後ついた仕事は動物保護施設でした。
動物を保護するはずのその場所で、彼女はとても辛い仕事をすることになるのです。

世界中で問題となっている動物の安楽死について、あなたは考えたことがありますか?
今一度この問題について考えなければなりません。

続きは次のページでご紹介します。

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. hubuki 吹雪の中、段ボールに入れられて子猫が捨てられていた。その子猫たち…
  2. guuzen 偶然が招いた奇跡。亡き愛犬とインターネットで再会した女性
  3. bossyuu デンマークでは飲酒運転をしたら車没収!すると、死亡事故55%減!…
  4. okasina ペットの「ちょっとおかしな行動」。それってもしかして、重大な病気…
  5. sori ソリ滑りって楽しいニャン!見事にソリを乗りこなす猫ちゃん
  6. inhure 超インフレのベネズエラ!人間が自分の食料の確保もままならない…捨…
  7. setudan 足を切断され、川に投げ捨てられた子犬。保護され力強く生きる姿に心…
  8. hannou かわいいが止まらない。ネコの会話動画をみる子猫たちの反応が可愛す…

スポンサードリンク

新着記事

  1. ワンコ用に塀に3つの穴を開けた結果、鼻がすっぽりハマり面白い姿に スクリーンショット 2017-04-21 17.35.26
  2. 「どうして眠ったままなの?」そのインコの友達は、天国へ旅立ってしまったのでした inko
  3. 2年間も港で逃げ続けた犬。3日間に渡る捕獲作戦の後、捕まった犬の運命は…? minato
  4. 雪の降る寒い日。寒さを我慢している野良犬をみた男性は…? samusa
  5. 寒くても「制服ミニに生足」を女子高生が続ける理由が…斜め上すぎる!? mini

アクセスランキング