動物

動物保護施設管理者の自殺、その理由は…?犬の安楽死という大きな問題に改めて考えさせられる…

kanrisya


今回ご紹介するのは、動物保護施設管理者の自殺という悲しいニュースです。
そのニュースは台湾から届きました。
自殺したのは簡稚澄さんという女性で、まだ31歳という若さでした。

kanrisya1

国立台湾大学の獣医学部をトップの成績で卒業し、周りからも「優しく、動物に対してプロフェッショナルな人」と認められていたそうです。

そんな彼女が卒業後ついた仕事は動物保護施設でした。
動物を保護するはずのその場所で、彼女はとても辛い仕事をすることになるのです。

世界中で問題となっている動物の安楽死について、あなたは考えたことがありますか?
今一度この問題について考えなければなりません。

続きは次のページでご紹介します。

スポンサードリンク


あなたにオススメの記事

関連記事

  1. nouryoku もしかしたら超能力者?不思議な力で動物たちの心を救う『猫』がいる…
  2. risuto 愛犬は余命半年。迫るタイムリミットの中、一匹と一人で取り組んだ「…
  3. saikai 保護施設で飼い主と再会し大喜びの犬・・・しかし飼い主が告げた言葉…
  4. hinsi 保護された瀕死の子猫。助かる見込みはないと獣医師に告げられても看…
  5. yarisugi 妥当?やり過ぎ?ホームレスから子犬を取り上げる保護団体の活動に賛…
  6. touken 生活を強制され闘犬に使われたピットブル。自由を手に入れた途端に優…
  7. dani 保護されるまで、どんなにツラかったか…。体中にダニが寄生し、尻尾…
  8. taninno1 他人のLINEがみれると話題のサイト。LINEいじめの実態が明ら…

スポンサードリンク

新着記事

  1. 「どうして眠ったままなの?」そのインコの友達は、天国へ旅立ってしまったのでした inko
  2. 2年間も港で逃げ続けた犬。3日間に渡る捕獲作戦の後、捕まった犬の運命は…? minato
  3. 雪の降る寒い日。寒さを我慢している野良犬をみた男性は…? samusa
  4. 寒くても「制服ミニに生足」を女子高生が続ける理由が…斜め上すぎる!? mini
  5. 「耳が垂れていないといけない」という理由で犬を整形手術。そんな飼い主への反応は? tarete

アクセスランキング